競馬

朝日杯FSの穴馬消失

スポンサーリンク

当初は簡単と思っていた朝日杯FSだけど、いろいろ調べ始めると悩ましくなってきた。例によってブレてきたってやつ。

なにせ人気馬からして死角満載。今日は人気馬を中心に私の簡単な見解を記していこう。

サリオス

臨戦課程はいいが、父がマイルのG1をひとつしか勝っていないハーツクライ。その1勝とてジャスタウェイの安田記念のもの。世界最高ランカーをして得意の左回りで際どく勝ち得たあの一戦のみなのだ。果たして右回りのマイル戦、かつ関西遠征、多頭数など意外にもハードルの多いサリオスに戴冠の目はあるのだろうか。

レッドベルジュール

血統はベストだが、逆に臨戦課程が引っかかる。血統からも気性からもあの気の良さは休み明け向き。休み明けでG2を勝つんだから相当に強い馬とはならないのが私の見立て。前走時に喉の疾患の情報が出ていたが、それが治癒したわけではないことも不安要素としてつきまとう。前走もできすぎた内容だしなぁ。

タイセイビジョン

タートルボウルらしからぬ優秀な戦績の持ち主だが、さりとてタートルボウル産駒。どうにも阪神マイルのG1ではイメージが沸かないのだがどんなんだろう? そもそもこれまでのレースを見ても1400ベストは間違いないし、ルメールですら手放したあの難しい気性。人気薄ならというタイプだろう。

ペールエール

堅実さという鎧を武器にそこそこ人気になりそうだが、この2戦とも着順はよくても実質のところは完敗。ダイワメジャー産駒が格の上がるレースでさらにパフォーマンスを上げることができるのか? 追い切りはめちゃくちゃいいが、いずれも動く安田厩舎だし、あまりそこで加点はしたくない。

 

こんな感じでいずれも不安要素満載で、どの馬が勝っても私としたらどこかの要素でデータブレイクといった感じなのだが、今年の低レベルメンバーでこれらが全滅ということもあり得ないし、案外この馬たちで決着してしまったりして…

ま、軸としてはサリオスが無難なんだろうなと思う。私がこのレースにおいて最も重きを置く臨戦過程が他馬とは一線を画しているし。来日以来、空気と化しているムーアが躍進するのもここしかないしね。

 

当初の穴馬は

であるから、当初はサリオスから穴目の割り込みを期待していた。Twitterで早々と予想が終わったとツイートしたのは、サリオスともう一頭のワイド一点だったのだ。

その穴馬としてトリプルエースを考えていた。この馬は小倉2歳Sの追い切り時に2歳馬離れした動きを見せていて、その時点で高い能力を確信していた。そんな馬が前走で明らかに叩き台と分かる調整過程とレース内容だったのだから、ここは狙ってうまうまと思ったのだが…。

ここにかける意欲の表れとして、前走デイリー杯を使った組の中で最も早くから時計を出し、稽古内容も明らかに負荷が増している。ウッドと坂路でビッシリだ(それでも小倉2歳時の動きには及ばないが)。ゴドルフィンの馬だから当然だが、ビュイックへの手替わりもプラス。

これで穴馬への条件整いました〜!

と思ったのだが、その条件を阻むデータを見つけてしまった。

そのデータはブログランキング欄にて…

という面倒なことはやめておこう。ただでさえ、皆さんには広告をポチってもらっているのだ。未確定収益が着実に増えているので押してもらっていることが分かるんだよ。すごく励みになる。なぜ今まで3年以上も収益0円のままアメブロに固執していたのかと思ってしまうぐらい。私を多くの方に認知してくれたアメブロを貶めるつもりはないが、こういう道もあるのかとワードプレスに着手して教えてもらったよ。

おっと脱線。

穴馬でもこのデータはクリア

そのトリプルエースが引っ掛かった負のデータとは…

過去10年馬券になった30頭中、近2走のいずれも勝っていない馬のこのレースの戦績は、0-1-0-29

過去の穴馬たち、7番人気のクリノガウディーも、12番人気のボンセルヴィーソも、11番人気のシャドウアプローチも、14番人気のアルマワイオリも、なんだかんだで2走前は勝利していたのだ。

トリプルエース、2走前はクビ差とはいえ負けた。所詮は1勝馬だ。

このレースで馬券になる1勝馬はリオンディーズやエイシンプレストンなどがパッと思い浮かぶが、言わずもがな相当な素質馬だ。

トリプルエースも2走前に勝っていればね…という話で、あえなく穴馬の資格を失った?

なお、近2走負けていても2着になったマイネルロブストは、その2戦とも1800m戦。この時期の2歳馬がタフな1800mを使っていることはそれだけで優位だ。そもそも既にOP勝馬でもあった。

ペールエールなんかもこの近2走勝っていない負のデータに該当しているからどうだろうね。

 

そんなわけで当初はサリオスとトリプルエースでとも思っていたけど、かくなる上は、物見の見物で知人の愛馬レッドベルジュールでも応援しようかなという気分になっている。悩み始めたレースを無理して買う必要はないからね。なんかターコイズの方がやりがいありそうだし。

 


人気ブログランキング

スポンサーリンク

-競馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。