競馬

2020 AJCC 見解

スポンサーリンク

今週はAJCC

かつてレガシーワールドやスターマンで大勝負をして散ったことのある、ある意味思い出深い重賞だ。

レガシーワールドは有馬記念を2着した直後のレース、スターマンは鳴尾記念を4馬身差と圧勝した後のレース。これで負けちゃうのか…という感じであった。

特にスターマンは前年秋に絶頂期のナリタブライアンを下した唯一の馬で、この年は中距離の王者として飛躍していくと思っていただけに競馬場で呆然としたのを覚えている。

その後は中距離の王者どころか故障で長期離脱に入ってしまい、以後ひとつも勝てなかった。競走馬の運命は一寸先は闇、本当にどうなるか分からない命がけの戦いだ。

ちなみに父ワイズカウンセラーはダビスタで種付け料が無料(FREE)だったように決して実績のある種馬ではなかったが、そんな馬からスターマンのような素晴らしい馬が出るんだからだから(しかも名前に華がある)競馬って面白ぇ!と思ったものだが、今の時代なかなかそういう奇跡はないね。

 

おっと、おやじの戯言はこの辺にして、今年のAJCC。

ツイッターではあまりやる気はないとツイートしたけど、やる気はないけど予想はしようってことで記事にしようと思う。

まず、有力各馬の臨戦評価から。

ウラヌスチャーム(→)

スティッフェリオ(↗)

ステイフーリッシュ(↗)

ニシノデイジー(↗)

ブラストワンピース(↗)

ミッキースワロー(→)

ラストドラフト(↘)

悪くない馬が多く、これだけでは判断しづらい状況だ。

 

ちなみに前回この評価を用いた中山金杯だが、(↓)としたトリオンフに勝たれてしまった。この結果は痛恨だったが、競馬に絶対はないし、外れたことは受け止めつつも、以後の診断も判断基準は変えず強気に判断していきたい。

なお、トリオンフだが、本来は三浦騎手だったのが急遽デムーロ騎手に乗り替わった。私はこの臨戦過程を用いて通常のレースでも危険馬をあぶり出しているのだが、その診断をブレークする傾向が強いのは外国人騎手、もしくは外国人騎手に準じた騎乗のできる川田騎手ということが明らかなので、これもデムーロ騎手の好騎乗に依るところも多かったのではと勝手に考えている。

ということは、今週唯一の下方評価をしたラストドラフトも外国人騎手なので、どう転ぶか分からないところだが、私的にはあって3着までとの評価だ。

 

さて、臨戦過程から予想しにくい、それだけこの舞台に適性があり、このレースに照準を定めてきた馬も多いということなので、別の観点から本命馬をあぶり出そう。

まずこのレースは(このレースに限らずだが)、ノーザンファーム生産馬が圧倒的に強い。近年でNF産が馬券にならなかったのは4年前くらいだが、この年はNF産がサトノラーゼンだけ。

その1頭が一番人気で来なかったというのは何ともだが、前年秋からセントライト記念7着、菊花賞5着を経ての参戦だったので結果的に過大評価だったのだろう。

今年は複数頭のNF産がいるので馬券になるのは間違いなく、素直にここから本命馬を見出そう。

NF生産馬

ウラヌスチャーム

[京都→中山替わりはプラスも脚質が極端すぎてハマり待ち。穴馬としては面白くても軸にはできない]

グローブシアター

[シャケトラ厩舎の送り出す休み明けだが、シャケトラとは実績が違う。難しい]

サトノクロニクル

[サトノラーゼンの下。長休すぎて兄の無念は晴らせそうにない]

ブラストワンピース

[有馬記念の勝ち馬で実績は断然。ただし、先に触れたように実績のあったレガシーワールドやスターマンが敗れ、既に4つのG1タイトルを誇ったゴールドシップですら華々しく散ったレース。実績はアテにならない。大型馬の本馬にこの時期の休み明けがどうかというのもあるし、基本不器用なタイプで札幌記念も鞍上の手腕に負うところも大きかった。再び川田騎手が手綱を握る点はプラスではあるが、おそらく一番人気?と思うと、軸にはしたくない]

ミッキースワロー

[臨戦過程は→だが、基本悪くない臨戦なら無難に駆けてくる。ブラスト同様器用さはないが、機動力はこちらが上。悪くない競馬を続けている菊沢騎手をおろして横山騎手にチェンジしてきたのは、今年を勝負の年として期するものがあるのでは(実際、次は走に天皇賞春を予定しているよう)。舞台実績はNo1]

ルミナスウォリアー

[さすがにきついべ]

ということで、見解を読んでいただければ分かると思うが、NFの中で最も評価したミッキースワローを本命で。

現時点の予想

◎ミッキースワロー

○スティッフェリオ

[近2走は条件も展開もきつい。確かにオールカマーは恵まれたが、そう思われているから今回もそこまで人気にならないし、もともと逃げずとも競馬のできる馬。重賞3勝の実績は伊達ではなく、私はこうした過小評価の馬を高く評価したいクチ。何せ妙味がある]

▲ステイフーリッシュ

[満を持してのルメール采配。それだけで人気になってしまうのは嫌な材料だが、本番が先の馬が多い中、まずひとつ重賞を勝たせたいの思いが強いのはこの馬だろう]

△ブラストワンピース

△ニシノデイジー

×ウラヌスチャーム

×ラストドラフト

 

以上、枠順確定前の予想でした。

先にも述べたように、このレースは馬券を楽しむというよりは予想を楽しむためにある。私は好き勝手述べさせてもらったことでもう楽しんだ。馬券は買うか分からない。なにせ、過去に何十万もやられている相性の悪いレースなので(笑)

ということでご参考までに。

 


最強競馬ブログランキングへ

↑想定チェックで見つけた今週の好調教馬

 

スポンサーリンク

-競馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。