2020年5月

1/5ページ

2020.5.31(日)当日版

当日版を参考にするもしないも貴方次第。しない方がいいケースもあり(笑) ★が付いているレースは確実に買うレース。それ以外は流れと状況次第(今日も外なのでそもそも買える状況にあるかというのもあり) 東京3 Aキョウエイリヴァル(穴) [前走は一気の延長だけでもきつかったが、勝ったサトノワールドを筆頭に先行した上位陣が強すぎて、同じく先行した本馬にはきつい展開となった。好走実績のある距離に近づく臨戦は […]

2020.5.31(日)京都の狙い馬

私は何気に風水予想家でもあるのだが(?)、今日の葵Sでは、見事にカバジェーロと「ジェーロ」で共鳴していたレジェーロが2着に激走した。 表立って風水のことを語ると、「この人、何非科学的なこと言ってんのさ?」と信頼を失いかねないので、今は風水倶楽部(会員3人w)でLINEをツールとしてひそかに共鳴情報を共有している。 この「ジェーロ」共鳴も会員の一人が教えてくれて、これはあるかもと思った私もしっかりヒ […]

2020.5.31(日)東京の狙い馬

東京1 穴②ブロウンアウェイ   東京5 ⑨ファイアランス [前走の勝ち馬は次走で重賞も制覇しただけに対戦比較で優位に立つ上、そこからじっくり間隔を空けて、しっかり仕上げてきた臨戦にも好感が持てる。全兄は目立った活躍こそないが、勝ち鞍は短距離に集中しているので、1800mで強い勝ち方を見せた本馬もマイルに変わるのはプラスかと]   東京6 ⑥イサチルダイチ [ダートでは3走前に […]

2020 日本ダービー予想

懐古 グレード制導入後の1984年以後、皐月賞を勝ってダービーでも1番人気になった馬は14頭いて、うち13頭が3着以内。 唯一圏外に敗れたのは不良馬場の18番枠発送となったアンライバルドのみという歴史が、今年のサートゥルナーリアを馬券から外すことの無謀さを物語っている。 エアシャカール、ヴィクトワールピサ、イスラボニータ、ディーマジェスティらは勝つことはできなかったが、3着内は死守。それまでにも何 […]

2020.5.30(土)当日版

今日は久々にぶらり公園旅に繰り出すことにした。以前の外で買って外で見るスタイルが復活だ。 なんつってる間にも1レースの馬体重が出てきて、東京1のサトノレガリア+10 なんか二桁増っていやだな。本来代謝が良くなって減ってきていい時期だし。パドック見てどうするか決めるか。 他のレースも全て買うとは限らず、その時の状況やら馬体重やら財政状況やらで変わってくるので、あくまでも買う候補ってところなので、そこ […]

2020.5.30(土)京都の狙い馬

京都1 ⑫ファンキーゴールド [稽古の動きはいつ勝ち上がってもおかしくないと思わせるもの。前走は出遅れたが、ダートの適性は見せたし、父産駒の複勝率38%の舞台で更に前進] ⑯ラッキータカチャン [新馬戦は稽古から本命を打った馬。カナロア産駒の姉ジョーカナチャンはダートで2戦2勝。本馬も芝で切れないのでダートが奏功してもいい。ただ、人気になっているので、このままの人気だとそこまで触手はそそられない] […]

2020.5.30(土)東京の狙い馬

テレワークが終わるとやっぱり慌ただしいね。往復3時間をこのブログの更新時間に据えられたらどんなに楽なことか。それでも3場でないのは気持ち的にも楽。そこにレースがあれば一応はチェックしてしまうからね。今週は2場になったこともあるけど、未勝利でもそこまで自信のある馬はいないかな。先週の京都で勝ち上がったコンフィテーロなんかは想定で見つけた瞬間からビビビッときてずっと楽しみにしていたからね。 ま、そんな […]

2020 日本ダービー注目馬見解

昨日の更新で臨戦過程評価で上向きだった馬の見解を記そうと思ったが、その前にピックした5頭中4頭が皐月賞組だったので、馬名の横に着順と上がりを付してみた。 というのも、ダービーにおける前走皐月賞組で馬券になりうるのは、皐月賞で5番人気以内だったか5着以内だった馬しかいないからだ(過去10年)。そのデータを下記でクリアしているのはサトノフラッグのみ。 しかし、サトノフラッグにも上がりを使えていなかった […]

2020 日本ダービー 臨戦過程評価

去年のダービー時の自身のブログを読み返してみた。 概要すると… サートゥルナーリアはまず崩れない。 が、崩れた時に他に頭を取る可能性があるとしたら、それはダノンキングリー。 皐月賞2着のヴェロックスはいいとこ3着までなので、サートゥルナーリア、ダノンキングリーを頭に置いた3連単という計画を立てていて、2着馬の欄にはロジャーバローズもマークした。 当日はこの計画に自信があったからというわけでもないが […]

2020.5.24(日)当日版

新潟3 Aマイネルイリャルギ Bライトマイファイア Cガラスノヒトミ ※マイネルの前走は激流に巻き込まれての4着で力は示した内容。今回もその時まくってきて2着となったタイセイブリッツの出方がカギとなるが、枠的にも前走と同じ戦法を取れるかどうか。マイネルは鞍上も強化するし無理なく先行すれば残ると思うが。ライトマイファイアは以前に未勝利勝ちできるレベルの脚力をCWコースで見せていた馬。ハーツ産駒なら距 […]

1 5