2020.5.31(日)京都の狙い馬

2020.5.31(日)京都の狙い馬

私は何気に風水予想家でもあるのだが(?)、今日の葵Sでは、見事にカバジェーロと「ジェーロ」で共鳴していたレジェーロが2着に激走した。

表立って風水のことを語ると、「この人、何非科学的なこと言ってんのさ?」と信頼を失いかねないので、今は風水倶楽部(会員3人w)でLINEをツールとしてひそかに共鳴情報を共有している。

この「ジェーロ」共鳴も会員の一人が教えてくれて、これはあるかもと思った私もしっかりヒモにはおさえたのだが、ケープコッドが3着なら押さえが的中だったのに…という結果に終わった。

しかし、改めて風水も侮れないなと思った次第である。

まぁ、風水のことは余談として(余談かいw。たまに風水のことに触れておきたかったのでね)、やっぱり京都1200mというのは、あれだけペースが速くても後ろは太刀打ちできないもんだね。

私が本命としたゼンノジャスタなんか追走すらままならず、全く面白くなかったわ(笑)。田中健騎手を重賞で本命とするのもどうかという感じは我ながらしたが、これが最後となりそうだ(彼のことはいつも最後、最後と言いながら本命にしているが)。

アルムブラストなんかは内で手応えもよく、これならと思ったけど、それでも前が止まらんもんね。あんなにいい手応えならもう少し早めに動けなかったかとも思うけど、内枠が却って災いしてしまったパターンか。

でもって、なんでこんな話をしているのかといえば、明日の朱雀Sでずっと狙いを温めてきたショウナンタイガが外に入ってしまって無念…という話。特にオチはありません。

さ、もう一度ダービーの予想しようかな。

 

京都1

穴⑫カモントゥミー

 

京都5

⑮ソプラドール

③ボルサリーノ

 

京都6

③ハクアイブラック

[前走はハイペースを先行して差し決着に遭遇したが、負けて強い4着。ダートに使ってくれば尚堅いと思っていたが、デビュー当初は芝でも崩れていなかったし、開催を重ねた今の京都の芝ならむしろいいかも]

穴⑭シャドウブロッサム

[昇級戦で2着した後の戦績が物足りないが、前走で大外枠から積極的な競馬ができたことはいい刺激となったはず。この辺りはルメールが次走も見据えて乗ってくれたはずで、継続騎乗ではなかったが、今回にいい作用があっていい]

穴⑬メメントモリ

[近走は崩れているが、昨年はアルムブラスト、ケープゴッドら葵Sでも有力視される馬と差のない競馬を演じており、本来このクラスなら能力上位。一度1400mを使った後の1200m戻りも悪くない]

穴⑨ボンボヤージ

[前走はスローペースで後方からいったから当然といえばそうだが、上り3Fはメンバーダントツの33.1。距離が短くなるとより追走に苦慮する可能性はあるが、その分ペースも上がってハマる可能性も上がる。そもそも未勝利勝ちがこの舞台で、その時も圧倒的末脚で勝利した]

 

京都8

⑭トップオブメジャー

[前走は超ハイペースを積極的に追走して自滅。休み明けで息持ちも持たなかったか。すでに現級通用の力は見せているし、距離短縮もいいだろう。叩いての上積みにも期待]

⑪テーオーアマゾン

[こちらも同じレースに出走し展開が不遇だった馬。かつて追い切りでOP級の動きを見せていた馬で、潜在能力はここでもと思わせる。初勝利がこの距離だし、逃げない競馬ならむしろマイルよりいい]

穴⑦ヤマニンペダラーダ

[最近は以前の安定感がなりを潜めた印象だが、前走にしても自身の上がりは33.1だから極端な能力の衰えはない。現状1200mだと忙しいので、距離が延びるのはいい。差しの利きやすい馬場ならそろそろ圏内返り咲きがあっても]

 

京都10

穴⑪リバティハイツ

穴⑬アマルフィコースト

 

京都12

穴⑮ショウナンタイガ

[狙っていた福島開催で除外されたのが痛恨だったが、その後は無駄打ちせず、自身の適性にあった舞台まで待機してくれたのは何より。短距離の差しを確立しているので、近2走の1400mでの大敗は気にならない。あくまでも展開次第ではあるが、流れればバッサリ差し切る破壊力を持っている⇒枠最悪だが差しの展開になれば…]

⑬メモリーコロネット

 

 


最強競馬ブログランキングへ

京都の強いて買うならこれかなという馬たち

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。