狙い馬

2020.3.21(土)中山の狙い馬

スポンサーリンク

今日も終日外にいたので普段ならくったくただけど、やっぱり2場だと楽だね。

ほな、どうぞ。

中山1

⑨ギャラクシーソウル

[前走3着時の2着馬は次走で勝って昇級でも2着。大きく離された3着とはいえ相手が悪かった感。この中間の稽古は休養前よりかなり良くなっている。さほど稽古の目立たない時期から好成績を挙げていた上にメンバーレベルも下がるのなら当然上位争い]

穴⑭セイリングバリュー

穴⑤フェデネージュ

 

中山2

⑤ブンロート

[前走は5着とはいえダート適性は見せたし、2着馬とタイム差なしの大接戦。もともと芝でも勝利寸前までいったように力は上の馬。休み明け後、じわじわ体重が増えているので、今回軽く絞れてくるのが理想]

④ダウラギリ

穴⑫トミケンフリーク

[デビュー戦は4着だが本馬以外の7着馬までがすでに勝利を飾り、昇級以後も活躍している馬が多い。その比較からまともなら本馬も未勝利は突破できる器だと思うが。前走は休み明けで10キロ減と体調に疑問符がついたし(休み明けは基本増えてくる方がいい)、今回は体を戻してくるようなら]

穴⑩ラファエル

[稽古からのピック]

 

中山5

④アンティシペイト

[デビュー戦がホウオウピースフルの2着でミヤマザクラには先着(ミヤマの下手乗りはあったが)、それ以外のメンバーも揃っていたし、前走が本馬の力とは思えない。その前走は休み明けで坂路主体の調整だったが、この中間はウッドでしっかり。この2週の動きもいいし、合わせた相手がアーモンドアイやカレンブーケドール。格上馬との併せ馬で気合注入]

⑧アルビニズム

[最終追いはデムーロ自ら騎乗で好時計。それ以前も坂路で好時計を連発しているように、かなり状態は良さそう。2番手評価にしたものの、前に行けるのも強みもあって、あっさり逃げ切ってしまいそうな気も]

穴③ペイシャフラッシュ

[2月下旬からウッドで追い切られているが、週を追うごとに動きが良化。特に騎手を乗せた先週の追い切りは上々で変わり身があって驚けない]

穴⑩スピッツェンバーグ

穴⑦クインズウィッシュ

 

中山8

穴⑭ベルポート

[前走は牝馬限定とはいえ、ハイペースの逃げで差し馬決着を誘発した。それでいて自身4着に残ったように、ようやく昇級後の目途が立った。もともと未勝利は5馬身差で圧勝した馬で復調なればこのクラスでも通用。この枠から揉まれずスッと先行できるようなら]

 

中山10

②グレイトホーン

[デビュー戦で逃げてサクセションの2着。2戦目もかなりきつい展開ながら、デイリー杯を2着したウイングレイテストと0.3秒差だから、本馬もこのクラス通用の下地は十分。3戦目で勝利したのがこの舞台だったが、器用な立ち回りで高い適性を感じさせるものだった。前走は休み明けで+14キロ。稽古では、前走時に一杯で計時したタイムを、馬なりで2秒詰めてきたように明らかに状態上向き]

 

中山12

⑦ジュピターズライト

[新馬戦でエンシュラウド、ライルといった素質馬(といってもその後伸び悩んではいるが)に勝利。2戦目のひめさゆり賞でも3コーナーから先頭に立つ大味な競馬ながら4着。まだキャリア3戦で1勝クラスにとどまる器ではなさそう。スローな流れで何の抵抗もなく沈んだ前走は乗り込みこそ豊富だったが、結果的に長期休養が影響した模様。今回は3か月ふりなので前回のようなことはなさそうだし、前進気勢が出てきているのでマイル替わりも有効では]

穴⑨ストームリッパー

穴③ウインレフィナード

 

 


最強競馬ブログランキングへ

金曜日を複勝転がしの初日として、1万円が1万2千円になった。それを土曜日の馬に転がすのだけど、ここに挙げた馬の中から選ぶ予定。1.1倍でもいいから刻んでいくのか少しリスクを冒すのか。明日まで悩みます。

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。