競馬

2020 日本ダービー 臨戦過程評価

スポンサーリンク

去年のダービー時の自身のブログを読み返してみた。

概要すると…

サートゥルナーリアはまず崩れない。

が、崩れた時に他に頭を取る可能性があるとしたら、それはダノンキングリー。

皐月賞2着のヴェロックスはいいとこ3着までなので、サートゥルナーリア、ダノンキングリーを頭に置いた3連単という計画を立てていて、2着馬の欄にはロジャーバローズもマークした。

当日はこの計画に自信があったからというわけでもないが、はじめてダービーの生観戦に出かけ、眼前でダノンキングリーが抜群の手応えで逃げるロジャーバローズを捕らえんとするシーンを目にして、「もらったー!計画通りやー!!」と一緒に競馬場に赴いた連れに吠えていたのを覚えている。

数秒後、その歓喜の声援が落胆に変わったことは言うまでもないが、いまもって「まさかロジャーバローズが頭までかっさらっていくとはなぁ…」という思いに変わりはない。

というのも、大レースほど勝てる馬と勝てない馬には明確な差があって、それが例え鼻の差であったとしても、勝てない馬はどこまでいっても勝てないという自論があったからだ。それがましてダービーという競馬の最高峰のレースであれば、そこに例外はないと信じていた。

すなわち重賞勝ちもなく皐月賞も経由していないロジャーバローズには、失礼ながらダービー馬の称号を得る資格はないと確信していたのだ。

あそこで、ダノンキングリーが鼻差でも前に出ていれば、得意満面に連れにこう伝えただろう。

「勝つのはダノンかサートゥルって言ったろ。鼻差で冷や冷やしたかもしれないけど、ロジャーバローズが勝つ可能性はほぼないと分かっていたからね。最後はダノンが差すと見ていたからまぁ余裕だったよ」などとうそぶいたことだろう。

しかし、現実は…

「あーーー、ダノンが差してれば8万だったのに!なんであれで差せないんかな。あとちょっとダノンが頑張ってたらお前にもうまいもんご馳走してやれたのに。戸崎~頼むよ~~」などという、連れにとっては聞きたくもないタラレバの泣き言なのであった(笑)

そもそも何を言われても、その友人は競馬に詳しくはないので、何のこっちゃであったろうけど。

 

ともかく過去のダービー馬は、競馬のロマン的要素の後押しがあっての覇者はいたが(ワンアンドオンリーなど)、それでも私の中では“ダービーを勝つ資格を持っていた馬”ばかりで、例えは悪いが去年のように「ポッと出の新人」が勝ってしまったケースは私がダービーを見てきた中で初めてだった。

メンバーレベルが低い年ならまだしも、サートゥルナーリアやダノンキングリーがいる中での出来事だったので余計に驚いたわけだが、そんなミラクルは2年連続ではおこらないだろう。

よって、今年ダービーを勝つのはコントレイルかサリオス、もう一歩広げても皐月賞で2番人気だったサトノフラッグまでだろう。

サリオスは去年のヴェロックスと似たような臨戦で、よくて3着くらいかなぁというイメージを抱いている。ただしこの馬は、先行しながらバテないレース振りもさることながら、堀調教師の悲願のダービー制覇の夢も託されているので(堀さん、ドゥラメンテでとっくに悲願達成してましたw。指摘いただいたけど、あえてこのままにしときます)、それこそダービーのロマンの後押しがあるかもしれない。これはサトノフラッグの国枝調教師にも言えることだが、関東でダービーを獲るべきテキといえば、やはりこの2大巨頭ということになろう。

さらに、今年のクラシック戦線はノーザンファーム生産馬が一頭も勝っていない。サリオスはその最後の砦でもある。ダービーこそがノーザンファームが最も獲りたいレースであり、その並々ならぬ執念がこの馬を後押しすることは間違いない。

 

そんなこんなで、私は滅多に3連単は買わないのだが、このダービーは去年の雪辱として3連単も買うつもりだ。

サリオスは臨戦的には頭には置きたくないが、前述の通り、いろいろと後押しというか、獲っていいお膳立てみたいなものもあり、まだちょっと迷っている。

 

まぁ勝つ馬の推理は今後の楽しみとして、この後は、出走馬の臨戦過程評価といこう。

 

アルジャンナ(→)

ヴァルコス(↘)

ウインカーネリアン(↘)

ヴェルトライゼンデ(→↗)

ガロアクリーク(→↘)

コルテジア(→↗)

コントレイル(→)

サトノインプレッサ(→↗)

サトノフラッグ(↗)

サリオス(→↘)

ダーリントンホール(→↗)

ディープボンド(↘)

ビターエンダー(→)

ブラックホール(↘)

マイラプソディ(→)

マンオブスピリット(↘)

レクセランス(→↘)

ワーケア(→)

 

ざっくりとこんな感じ。

コントレイル、サリオスは臨戦が悪かろうが、絶対能力が上なので、これらを中心に回すのは当然として、ヒモには上向き評価の馬たちを抜擢しようと思っている。

オークスのウインマイティーは、唯一の(↗)評価だったのに(桜花賞組は桜花賞が道悪で判断しにくかったので挙げていないが)、速すぎる馬場を懸念して印を回せなかった経緯があったけど(ゴールドシップ×カコイーシーズというスタミナの権化のような血統だしねぇ…)、それでも臨戦さえ良ければ馬場も関係なく激走しうると分かったわけで、そこは踏襲しようかなと。

 

とまぁそんな感じでまだ月曜日なので今日はこの辺で。

 


最強競馬ブログランキングへ

目黒記念、出走馬を見た瞬間にこの馬だと思った馬

 

スポンサーリンク

-競馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。