競馬

2020 七夕賞を仕方なく予想してみた!笑

スポンサーリンク

昨日、血気盛んに推奨したイェッツトの名前が想定表にない…

 

ガックシ…_| ̄|○

 

と思ったけど、番組表を確認すると、来週の福島自己条件に、阿武隈S(芝2000)があった。

もしかしたら、こっちかもしれんなぁ。

今週もメンバー的に面白いと思っていたけど、七夕賞でも本命視するくらいだったから、舞台的には福島の方がベター。来週なら来週でまた買おうじゃないか。

 

さて、少々出鼻をくじかれた感はあるけど、イェッツトはあくまでも特別戦の中での狙い馬。

私の場合、勝負レースに関してはむしろ未勝利戦や平場の方が多く、今日の想定をチェックしたら、先週よりも買いたい馬が多くてすでにウハウハしている。

このウハウハが、後に取らぬ狸の皮算用になることが日常茶飯事だというのに、想定を見る段階ではズバッと勝っている自分しか想像できない。この前向きさがいいんだか、悪いんだか。

 

かつてアントニオ猪木はこう言った。

 

出る前に負ける事考えるバカいるかよ

 

そうだよな、強気強気。

だから、今の時点では前向き上等!

 

そんな期待の狙い馬たちは週末の通常更新で挙げるとして、今日は仕方ないから七夕賞の予想でもすっか(なげやりw)

 

臨戦過程評価

 

あ、臨戦過程といえば、今夜派手に散ってしまったカフェファラオは臨戦過程的には(↘)だった。

戦前、これをツイッターでつぶやくか迷ったが、結局その勇気もなくスルーしたのだが、自分の中では、「いかに能力が高くても臨戦過程が悪ければこういうこともありうるんだ」と勝手に納得した次第。

2、3着のダイメイコリーダやキタノオクトパスもそれなりに評価していた。

が、私がもし買っていたなら、軸は能力上位、臨戦過程も(↗)のミヤジコクオウだったから、結局はずれ。

 

カフェファラオは不安視してたのに、結局はずれかーーーい!

 

という結果に終わっていたことを想えば、やっぱり地方競馬に手を出さなくて良かった。

いやぁ、それにしても、やっぱり競馬は難しい。

 

難しいといえば七夕賞。これも相当に難解だぞ。

しかし、当たり外れはともかくとして推理ゲームを楽しもう。

というわけで、しばし私の戯言にお付き合いくだされ。

 

ウインイクシード(→)

ヴァンケドミンゴ(→)

エアウィンザー(→)

オセアグレイト(→↗)

クレッシェンドラヴ(→)

ジナンボー(↗)

ノーブルマーズ(→↗)

バレリオ(↘)

パッシングスルー(↗)

ヒンドゥタイムズ(↗)

ブラヴァス(→↗)

マイネルサーパス(→)

リュヌルージュ(→↘)

レッドローゼス(↗)

 

私の予想の根幹は臨戦過程。そこで上向きの中から本命馬を導き出す。

今回予選をクリアしたのは7頭。簡単に見解を述べていこう。

 

オセアグレイト(→↗)

[近2走人気を裏切っているが、2走前は展開、前走は大外枠といずれも不遇ではあった。2走前の33.3の上がりなどこの馬の極限だろうし、いずれもそこまで悲観する敗戦ではない。ただ、2000mという距離が一年以上ぶりなのがどう出るか。道悪でズブズブの展開となり、スタミナを生かせる展開になればといったところか。ただ、今回逃げ馬皆無でそんな展開になるかは疑問なんだよなぁ]

 

ジナンボー(↗)

[前走はG1で善戦したとも言えるし、スローで先行した割に物足りないとも取れる微妙な敗戦。ただしこの馬、最近はG1以外では崩れていない。今回のメンバーでは、機動力があること自体が強みとなるし、一年前に不良馬場を逃げ切っているように馬場も不問、2走前の小倉で3着しているようにコーナー4つの舞台も問題なし。鞍上がレーンで無駄に人気するという点以外に減点要素は少ないな。軸候補]

 

ノーブルマーズ(→↗)

[この馬の白眉ともいえるレースが二年前の宝塚記念。サイモンラムセスが大逃げし、サトノダイヤモンドが大外から豪快にまくり、最後はスタミナと持久力勝負となった闘いで、格下の身とも思えた本馬が3着善戦。この時のように上がりの掛かる条件で他馬が悶絶した時に出番がやってくる。今回は目ぼしい逃げ候補がいないが、クレッシェンドラヴやヴァンケドミンゴなどの捲り屋は多く、途中から激しく流れる展開も想定される。近走はどれだけ恵まれても4着が精一杯だが、この一年間に走った4度の2000m戦はいずれ0.4秒差以内。案外、長距離よりも2000がベターという感じもあり軽視禁物]

 

パッシングスルー(↗)

[ダートは度外視という意味での臨戦プラスだが、年始の愛知杯の走りを見ると能力の絶対値がここで足りるかどうか。自在味があるし、福島での勝ち鞍もあるし、戸崎騎手が乗ってくる点は魅力だが、本命にはしづらい。ヒモまでかな]

 

ヒンドゥタイムズ(↗)

[勝ち上がりのリズムとしては文句ない。前走で3着に下したサマーセントが重賞を勝ち、2着のサンレイポケットも次走を勝利と相手関係も優秀。気がかりは、この4戦がいずれも勝負で上がり勝負となっている点。ハービンジャーという血統からは福島2000mは合いそうだが、現実に上がりの掛かる条件での好走がない点は不安。期待値は高いが、期待値だけで軸にするのは悩ましく、もう少し考えたい一頭]

 

ブラヴァス(→↗)

[2走前にヒンドゥタイムズにクビ差勝ち。前走はその反動もあったかも。能力的にはG3なら優に通用。福永騎手の手配も勝負気配。ただ、この馬もヒンドゥタイムズ同様に、最近の好績は上がり勝負に集中(去年時計の掛かった札幌で勝っているので不安はないと思うが)。ただ、この馬を本命にするのは、なんとなく無難というか置きに行くという感覚があるので、評価はするけど本命にはどうかなというのが現時点の見解]

 

レッドローゼス(↗)

[昨年の福島民報杯でクレッシェンドラヴやカデナを封じたことが遠い過去のようになりつつあるが、実はまだ一年ちょっとしか経っていない。その後も福島では福島記念5着、今年の福島民報杯4着だから、この舞台との相性も○。若駒の頃は上がり勝負にも対応していたが、ここにきてステゴ×ガリレオらしくタフな条件でこそといった感じもあるし、そういう意味では、前走の府中の上がり勝負は全く向かない条件なので、大敗を気にする必要もなく。臨戦過程的な見地でいえば、今回のメンバー中でも上昇度は随一。人気的にも妙味は十分で穴ならこれか]

 

以上、水曜日段階の見解でした。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

平場からの推奨馬。

というか前走でやられたので個人的に追いかけたい一頭。

 

スポンサーリンク

-競馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。