狙い馬 競馬

2021 ジャパンカップ予想(水曜段階だけどほぼ確定)

スポンサーリンク

当初、コントレイルシャフリヤールの一騎打ちでどこさもないと思っていた今年のジャパンカップだけど、本番が近づいてくるにつれ、徐々にどちらか一方がこけるシーンもあるのかも…?と不安に思えてきてしまう不思議。

でも、それだけ競馬って2強が並びに立たないことが多いんだよ。

ま、今回は2強というよりは1強かな。

構図としては、シンボリルドルフ4歳時の引退レース(有馬記念)で皇帝に果敢に挑んだ若武者ミホシンザン(その年の皐月賞、菊花賞馬)の構図に近いかな(例えが古いねぇ)

そのレースはシンボリルドルフが4馬身差の圧勝で先輩の格の違いを見せつけたけど、果たして今回はどうだろう。

当時のシンボリルドルフは誰もが認める最強馬(未だに史上最強という声もあるとかないとか)。

 

方やコントレイルは?

私は正直、現役最強とすら思っていない(ファンの方ごめん)。

クラシックディスタンスの現役最強はクロノジェネシスかエフフォーリアかなと。

さらにコントレイルは気性的に休み明けの方がパフォーマンスが高い馬だというのが私の見立て。通常なら叩き2走目でパフォーマンスを上げてきそうなイメージもあるが、私としては微妙な感もあり(距離も2000mの方がベターと思っている)。ならば他馬にもつけ入る隙はあるのかもしれない。

それでもこの中間の稽古の動きは素晴らしい。引退レースに向けてやるべきことはやり尽くしたという感じ。ひとつ間違えれば疲労や気性難に繋がってもおかしくないほどだが、そのリスクを冒しながらも攻めに攻めた。これだけやれば陣営としてはどんな結果になっても納得だろうし、馬券を買う側もそれに倣うことになるんだろう。

ただ、この馬の隙に付け込む馬がいるとすれば、やはりそれはシャフリヤールしかいない。この馬は私の中で今回のメンバー1位の臨戦過程

神戸新聞杯でタフ馬場を走った馬たちのその後の凡走が本馬の不安面にも波及しているが、人気以上に激走してしまった上位入線馬たちと、断然人気を裏切り能力の半分も出していない本馬は話が違う。そもそも一生に一度のクラシックでもあるまいし、疲労のある中途半端な状態で無理してJCに使ってくることもないだろう。普通に能力を発揮できさえすればコントレイルを打ち負かす可能性だって十分。

でも…やっぱりコントレイルが勝って引退ってのが大団円な結末ではあるんだけどね。

 

というわけで、この2強のどちらかが本命なことは決定事項。これで一方が内枠、他方が8枠にでも入らなければどこまでいってもこの2頭でいいのかなとも思う。

ただ、誰もが分かるこの2頭からいく場合、3番人気のオーソリティは軽視せざるを得ない。去年の1~3番人気馬(アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト)は能力通りに好走したけれど、今年の1~3番人気馬とは意味合いが違う。すなわち去年はいずれもがG1で3勝以上の実力馬であった。

ただ、そんな断然の実績馬たちですら、(国内)G1未勝利のカレンブーケドールやグローリーヴェイズとはタイム差がなかった。去年、何とかかんとかデアリングタクトが3着することで、未来に語り継がれる2010ジャパンカップ大団円ストーリーが完成したわけだが、ほんの少し何かが狂えばこのストーリーは若干色合いの違ったものになっていたのだ。

それだけ1~3番人気決着というのは容易ではない。よってオーソリティは軽視。と言っても闇雲に軽視するわけではなく、まだ仕上がり途上と思われる状態(追い切り過程で不安視する声も多かった)で予想以上に強い勝ち方をしてしまった前走のツケが今回に表れない可能性がないとも限らない。そもそもG1実績皆無の馬だからだ。

 

オーソリティを軽視すればその分2~3頭多めに買えるという欲目ももちろんあって、その馬たちが下記の通り

 

アリストテレス

といってもこの馬もそこそこ人気はしそうだし、実はそこまで積極的に買いたいという馬でもないのだが、今年はそんな馬ばかりなので仕方ない。父も菊花賞を勝った後に少し伸び悩み、秋のこのレースで飛躍を遂げた。息子の本馬も去年の菊花賞2着からもう一皮むけるシーンがあってもいいかなと(父よりだいぶスケールは小さいが)。

本来なら京都大賞典を楽勝するぐらいでJCで勝ち負けになるので前走にしても正直物足りないが、春のリズムの悪さは軌道修正できた。ただ、ルメールは本馬ではなくオーソリティを選んだんだよな。うーん、推奨するつもりで書いていたのに、書いているうちに本馬も何気に過剰人気のような気がしてきたぞ(笑)。後は枠と人気次第か。

 

サンレイポケット

前走の天皇賞(秋)10番人気4着。この時私は3強に割り込むとしたら本馬しかいないとして一定の評価をした。といってもそんな自慢にもならない自慢話ではなく、そもそも天皇賞で10番人気という時点でほぼJCでは来ないということを伝えたいのだ。

かつてトーセンジョーダンが天皇賞10番人気11着の臨戦からJCで11番人気3着と激走したが、ジョーダンは2年前だが天皇賞(秋)を勝ちJCでも2着した実力馬。前年の天皇賞(春)でも2着していたように状態さえ整えばいつ走ってもおかしくない馬ではあった。そしてその波乱を演出したその年は札幌記念→天皇賞(秋)と年内2走のみ。3走目のJCでようやく体調が整ったということなのだろう。

本馬はどうだろう。今年に入って順調に使われながらも新潟大賞典の1勝のみ。東京のOP特別すら取りこぼしていた馬がいくら前走の天皇賞で4着したといっても今回さらにパフォーマンスを上げることができるのだろうか。できそうにないね。

あれ?この馬も推奨するつもりで挙げたのに無理な気がしてきた(笑)

まぁ強いてセールスポイントを挙げれば、成長力のあるジャングルポケット産駒であること。過去にこのレースで高齢の身で好走したジャガーメイル、トーセンジョーダンも同産駒。また、この舞台で強い勝ち方をしたこともあるし、何より今回のメンバーは一部を除けばG2レベル。内枠を引いてロスなく運べれば。

 

シャドウディーヴァ

普通の年なら歯牙にもかけない馬である。前走で初めて牝馬限定重賞を勝っただけの馬。ただ、前述の通り今年のメンバーレベルは低い。G1実績のある馬の多くが高齢化だったり状態面に不安がある。ならば今がピークと思える本馬に白羽の矢というわけ。

牝馬限定とはいえ前走で7着に敗れたアカイイトがエリザベス女王杯を制したことでレースレベルの高さは証明された。その中でひと際目立つ末脚で完勝。善戦ウーマンだった馬が2年近く振りに勝ち切った事実は大きい。まして彼女はいつ覚醒してもおかしくないハーツクライ産駒。スケールはだいぶ違うが、同じように善戦ウーマンだったリスグラシューが突如最強馬に変貌を遂げたように本馬ももしかしたら…という期待はある。ノリさんならイチかバチかのポツンもありうるが、それも一興。勝ちに行かない競馬が功を奏す可能性はある。

 

ワグネリアン

最初はほぼ消しだった本馬。Twitterで全馬を検証し直したら見直した馬がいるとツイートしたのは本馬のことだ。初めは「クラシック期にピークを迎えるディープインパクト産駒が6歳のこの時期に無理でしょ」とよく考えずに消した。ただ、この馬の戦歴を改めて振り返ると、ほとんどまともにレースに使えていない。休み休みの出走で、6歳にして4歳アリストテレスあたりと2戦違いのキャリア16戦。これならまだ枯れ切ってはいない可能性もあるのでは?という淡い期待。

神戸新聞杯まで順風満帆でそれ以後がいばらの道となっているが、そこからのレースを全戦振り返ると…

 

大阪杯(4歳時)は7ヶ月振りの故障明けで3着

札幌記念(4歳時)は4着だが先着を許したのはブラストワンピース、サングレーザー、フィエールマンのG1級

天皇賞秋(4歳時)5着は不利な7枠14番から2着ダノンプレミアムとは0.1差(サートゥルナーリア、スワーヴリチャードには先着)

ジャパンC(4歳時)3着は珍しく順調に使えた上に好枠(2枠)も手伝っての好走

大阪杯(5歳時)5着は5ヶ月振りだしスローペースが過ぎた(その上流れに乗れず)

宝塚記念(5歳時)13着は大阪杯の消極策を顧みたのか不良馬場の極悪タフな舞台を2番手積極策が裏目

京都記念(6歳時)5着は8ヶ月振り

大阪杯(6歳時)12着は不良馬場ハイペース先行で度外視

富士S(6歳時)6着も半年振りの休み明けかつ初マイル

 

いかにワグネリアンが順調に使えていないことかがお分かりいただけたろうか。

そして順調に使えた時に限って不良馬場だったり枠順に恵まれなかったり。そんな中で唯一いろいろと噛み合った2年前のJCのみ好走できたという事実は、同じレースに臨むにあたっては大きな後押しとなる。

今回はワグネリアンにとっては珍しく順調に使える一戦。マイルからの臨戦がどうなのという向きはあるだろうが、陣営が毎日王冠でもなく天皇賞でもなくあえて富士Sを選んだ裏には何かある(?)。当初はここからマイル路線に転じるのかなとも思っていたが、陣営の中には当初からJC参戦も視野に入っていた節がある。ならば策士・友道に期待する手はある。

 

かつて自国の1000m戦をひと叩き(10着)してJCに挑んだインディジェナスがスペシャルウィークの2着したことは記憶に新しい(22年前だが私の中では昨日のことのようなのだよw)。あの時のインディジェナスのようにワグネリアンが富士Sを叩き台として割り切って使っていたとしたら…。1000m戦を使ったインディジェナスは2400mのJCでは楽に先行が叶い2着を確保。マイルを使ったワグネリアンにもその理論は通じていい。後は好枠さえ引ければだ。

 

…とここまで書いて追い切りをチェックしたら、ワグネリアン、1勝クラスで大敗中の馬に遅れを取っていた。富士Sに使った効果に暗雲立ち込める。。。(^^;

ま、何はともあれダービー馬3頭の決着なんて淡い妄想にちょっと期待しとります。

 

というわけで現時点(水曜日)段階での予想。

もう木曜日からは他レースの予想で忙しいからほぼ変わらないだろうけど、本命は入れ替わる可能性はあるかな。

 

◎コントレイル

○シャフリヤール

☆ワグネリアン

△アリストテレス

△オーソリティ

×サンレイポケット

×シャドウディーヴァ

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑前日の東京メーンキャピタルS本命

今週もよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。