狙い馬

2020.6.13(土)阪神の狙い馬

スポンサーリンク

阪神1

③トキノソマリ

[デビュー時からなかなかの動きを見せていた馬だが、この中間は当時を明らかに上回る動きを披露。前走の敗戦を機にひと息入れたことが功を奏した印象。近2走ともスタートの出脚がつかず不利な立ち回りとなっているが、今ならもう少し行き脚もつくのでは。モズベッロの下という良血だし、遅かれ早かれ未勝利は突破してくる馬。松山騎手が手放したのは痛いが、結果も出ていなかったし良い方に捉えたい。外枠希望⇒内枠…]

 

阪神2

⑧ニホンピログルーヴ

[3走前から推しているがもどかしい競馬ばかり。ただ、休み明けだった3走前を含め、毎回外枠の不利に泣かされている印象もある。この馬の潜在能力の高さは過去の調教で認識しているし、もう少し追いかけたい。強い馬が抜けてそろそろ順番が回ってきてもいい頃。前走で対峙したマタギとの着順逆転も十分にあるとみる]

穴⑬ニホンピロデュラン

[中距離でも後方からの競馬となっていた馬が前走は1200mで先行するスピードを見せた。条件が合っていたのと同時に馬も着実に良くなっている。この中間の坂路の動きも目立ち、更なる上昇が感じられる今回は前走以上(3着内)まであっても]

危険人気馬③マタギ

[能力の違いであっさりがあるかもしれないが、臨戦的には3着まで]

 

阪神3

穴⑬ケルントナー

穴②サンライズルーカス

※いずれも休み明けだが、稽古の動きは未勝利なら上位。いずれも初戦で人気になっていたように当時から見どころはあったし、今の未勝利ならこうした馬が満を持して出走してきた時が狙い時かも。

 

阪神4

①ヴェントボニート

[経験馬相手のデビュー戦でいきなり3着。ユピテルルークスあたりと僅差の勝負を演じたように素質は高い。その後ひと息はいったが、先週の稽古では、先行したとはいえ、稽古動くオープン馬サラキア相手に併入。時計的にも価値が高く、先々は上も目指せそうな馬(ノーザン産のディープでない点、この極端な枠、脚質、騎手など、正直不安要素は多い。この稽古の良さが罠のような気がしないでもないが、とりあえず先々まで楽しみということで筆頭に挙げておく)]

⑥フリークアウト

[近2走は前向きすぎる気質が災いして終いの甘さを露呈。いずれも自らハイペースを刻んでいるので、今回も乗り方がカギだが、再び川田騎手に戻れば考えて乗ってくれるはず。潜在能力は高い馬だし、先週の阪神が前有利だったこともプラスに]

⑧チャイカ

[2戦目で君子蘭賞勝ちポンオムトックとハナ差、2走前は牡馬と僅差、前走はフアナと0.4差。安定感はないが、スムーズな走りができた時の強さはなかなかのもの。今回はフリークアウトとの先行争いがカギとなりそうだが、逃げなくても競馬はできそうだし、この馬も今の馬場を味方にできそうで]

穴⑦カノア

穴⑫ダノンルミナ

 

阪神6

穴⑪ウインジョイフル

[今週の坂路で自己最速タイの51.3をマーク。前回その時計をマークした時が2着なので今回も攻めと結果が直結してくれば。これまでの2度の2着は平坦のローカルなので、阪神というのがどうかも先行できる機動力も生かした騎乗が見られれば見せ場以上も]

大穴⑤タツハグンセイ

[2週連続CWで終い11秒台を計時したように着順ほど能力がない馬とは思えない。デビュー戦で5着した時の内容には見どころがあったし、前走で大差の最下位というのは距離か他の要因があったのでは。前述の通り、稽古からは大敗の影響は感じないし、デビュー戦のように先行できればあるいはといった感じだが…厳しいかな]

 

阪神8

⑧ペオース

[デビュー時から稽古は相当に目立っていたが、先週のCWでもチュウワウィザードに先着するぐらいだから相当なもの。時計だけならいずれチュウワの後を継げるのではと思えるぐらい(血統的に無理だと思うが)。正直前走は物足りず、稽古は動いても初の古馬相手でどうかというのはあるが、将来性を含めて期待値は高い]

⑮リトルクレバー

[人気で崩れた前走は馬場の違いはあれど、勝った2走前の半分の力も発揮できていない。敗因は定かではないが、まともなら現級でも通用する馬だし、勝った時が重馬場で36秒台の脚を使えていたので軽い馬場になれば尚優位。立て直されて稽古の動きもいい]

⑩スパンキーワールド

[人気を裏切った前走だが、臨戦過程が微妙だったし馬場も不良で不問としたい。3歳馬との力関係がカギとなるが、能力的にはあっさり巻き返しておかしくない]

穴⑨アンセッドヴィウ

[いきなり重賞挑戦した前走は度外視。未勝利勝ちの内容からいきなりどうかというのはあるが、強い相手に揉まれる経験が生きるケースもあるので]

 

阪神9

④ヒートオンビート

[マルセリーナにキンカメという超良血で未勝利を勝ったぐらいでは喜べないだろう。叩きつつ良化を示し、良いリズムで勝ち上がったこの臨戦なら即通用と思える。ただ、この血統だと人気になるだろうし妙味は薄そうだが]

穴⑧サダムラピュタ

[休み明け(0-0-0-4)、いきのよい3歳馬の出走もあって5歳にして最年長の本馬には荷の重い戦いにも思えるが、中間は坂路で自己最速の51.6をマークし、この馬自身はまだやれそうな雰囲気がある。このクラスで逃げて馬券になったことがあり、松若騎手なら今回も積極策だろうがそこに活路を見いだせれば粘り込みがあっても]

 

阪神10

③プランドラー

[過去にも崩れた後に休養に入り、休み明けでしっかり巻き返している。能力上位は明白だし、ここもよほど後方からの競馬にならなければ巻き返してきそう]

⑦サトノシリウス

[休み明けでも仕上げに抜かりなし。前走もモズベッロの2着だし、ここでは力が上。ただ、挙げておきながらなんだが、個人的には休み明けという若干の不安要素がありながら人気するような馬は妙味の面で買う気はしない(それでもこの馬は大丈夫という見立てではあるけど)]

穴⑫ペプチドフシチョウ

 

阪神12

③ショウナンナデシコ

[前走が無念の4着といった感じだが、能力は示した。一転今回は妙味ゼロとなりそうだが、牝限定の自己条件なら古馬相手でも力上位。稽古の動きも変わらず良好。オルフェーヴル産駒得意の舞台(複勝率36%)でもあるし、この枠で揉まれるようなことがなければ勝ち負け(逆を言えば揉まれた時に危険は伴う)]

⑪ダイアナブライト

[前走は大外枠でいつになく後方からの競馬となり、差し有利の展開の恩恵はあったものの5着。それ以前が先行して結果を出していたし、4コーナーの位置取りもほぼ絶望的だったから仕方のない一戦だろう。今回も大外だが、この枠なら今度は位置を取りに行くだろうし、前走ですでに目途も立てているのでここは前進要素あるのみ]

②マドルガーダ

[ダートに矛先を向けてから崩れなし。捲り上げるスタイルで昇級になってどうかも、前走も着差以上に強い内容だったし、相手なりに動けそうなタイプなので期待してみたい]

危険人気馬⑦デュアルウィールド

 


最強競馬ブログランキングへ

阪神、強いて明日の一頭を選ぶなら↑

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。