狙い馬

2020.6.13(土)函館・阪神メーン

スポンサーリンク

ついに北海道競馬が開幕。夏って感じだね。短距離戦なんかは内でどん詰まりとかも多いけど、それでもこの競馬場の短距離戦線が好きだ。というわけで、明日は芝1200mの2鞍チャレンジ。開幕週だし無理することはないからね。

あとはさっき挙げた阪神の方には挙げなかった阪神メーンも何となく挙げてみた。人気馬からになるので馬券は買わない可能性が高いけど。

函館1

⑧ガリレイ

[過去に0.2差だったゴールドティア、シャチは既に2勝。いつ勝ってもおかしくないがどうも勝ち味に遅くめぐり合わせも悪い。せっかく福永騎手を得た2走前は不幸にも不良馬場、それでいていつになく先行したものだから垂れて当然。逆に前走は一番良いスタートを切ったにも関わらずズルズル下げて、スローで逃げた馬の逃げ切り前残りというちぐはぐさ。母父バクシンオーで潜在的なスピードはあるし、行こうと思えば2走前のような競馬もできるので、初の1200mもむしろ合っているような気がする。気がかりとすれば、差し競馬を好む鞍上が前走と同じ轍を踏まないかどうか。まぁその辺はレースが始まってみないと何とも言えないので考えても仕方がないが]

⑥カウイダンス

[デビュー戦ではルーツドールを差し置いて本命にしていただけに、その後の戦績は大いに不満だが、こちらも母父はバクシンオー。直線で手応えほどに伸びきれないレースを続けてきただけに、こちらも案外1200mは合う気がする。母の初勝利もこの舞台だったし、いつ激走してもおかしくない馬だと思っている]

④ダノンカオス

[こちらも上位2頭同様に切れない馬。今回は鞍上の進言もあっての距離短縮のようだし、マイル戦線で走っていた馬はそもそも最初から短距離を走っていた馬より力上位という見立てもあるので]

穴⑦メサテソーロ

[ダート向きという配合だが、距離は合うし、2戦目でヨシオドライヴに迫った走りは見どころがあった。初ダにしろ初芝にしろ人気がなければ穴で面白い]

穴③ヌーヴォーロジェ

[タイキスウォードの勝った本馬のデビュー戦は先行馬にきつい馬場で、力が抜けていたタイキこそ逃げて圧勝したが、それについて先行した本馬には厳しい流れだったはず。ましてそれが初戦。先行力は魅力だし、叩いての上積みがあれば]

※前走時に本命視したメイショウミモザは函館入り後の稽古も素晴らしく、いよいよ本格化の兆しいう気もするが、前走は内枠をロスなく捌いて完璧な騎乗をしての2着。もともと詰めの甘い馬だし、外枠でどう乗るかという難しさもある。それでいて前日段階だが断然人気になっているので今回はあえて軸にしなくてもという感じ。

また、芝のこの距離なら能力上位のゴールデンエポックはダートからの臨戦というのもいいが、開幕のこの枠がどうかというのもあって、こちらもあえては挙げず。ただ、前にいけるスピードはあるし、現在18倍もついているので、それなら評価を下げる必要はなく、むしろ狙いたい一頭となる。あすになっての人気にも注目。

 

函館11

③ジュニパーベリー

[やはり嶋田騎手でも人気になってしまったか…。当初は複勝勝負も辞さない構えだったが、あえて嶋田で勝負しなくてもという気分になっている。おそらく3連複でお茶を濁す形。しかしこの勝ち上がりのリズムは上々で枠にも恵まれた。鞍上もこの馬に関しては完全に手の内に入れている感じなので、あとは直線の捌き次第。嶋田騎手の騎乗で不安なのは、技術もさることながら、直線で前が壁になった時にそれを抜け出す気概があるかどうか。先輩に対しても、どけーおんどりゃー、お前の馬はもう脚ねぇだろっ!と言えるかどうか。それが言えないような気がするから不安なんだよ。まぁ今や帝王藤田もいないし、このレースには怪我から復帰したばかりの岩田もいないから(蛯名はいるけど)心置きなく強気の競馬を見せて欲しいものだ]

⑮マイネルアルケミー

⑧タガノカルラ

穴①アリア

穴⑪ウィズ

危険⑯ファンタジステラ

 

阪神11

◎レッドルゼル

[10戦して馬券圏外は一度のみ。当時はまだ未完成かつ揉まれこんでの敗戦。3、4走前に敗れた馬たちもその後オープン、重賞を勝っているし、前走でねじ伏せたサクセスエナジーもオープンを連勝。現状考えられる唯一の弱点はスタートだが、その弱点をも知り尽くした鞍上だし、この枠なら例え多少出遅れてもリカバーできそう。川田騎手が手綱を離れたのも裏事情がありそうだし、もともと北村騎手のお手馬だったのだから問題はない。大切に使われており、見据えるのは重賞という感じもあるので、陣営としてもここは通過したいところだろう]

○スマートダンディー

[道悪の切れ味勝負という点では上記馬にも引けを取らないのが本馬。こちらも2年半もの間、崩れたのが休み明け時だけという堅実派で、オープン特別ならよほどのことがなければ崩れまい。今回もやや間隔は空いたが、前走時と同じ3か月振りとあれば全く問題ない。さきたま杯を除外されての臨戦という点は気になるが、地方の小回りではなく得意の阪神で走れるのはむしろ良かったかも]

▲サヴィ

[父産駒の当舞台複勝率は59.3%。27戦の集計だけにその相性の良さがうかがえる。その上、本馬は道悪が得意。前走後から少し間隔は空いたが、本馬としては順調に使えている方だろう。去年のこのレースは2番人気で大敗したが、休み明けの昇級かつ大外枠を思えば過剰人気だったろう。以後2戦しかしていないが、それだけに6歳とはいえ馬は若く伸びしろも見込める。鞍上強化も心強い]

△バティスティーニ

[3走前にラプタスと同着で1着を決めただけあって、ダートのオープン馬として板についてきた。近2走レッドルゼル、スマーダンディーにはきっちり0.7秒離されているので、逆転の目はないが、ここ一連の内容から今回も崩れることはないだろう。北村友一の手は離れたが、松山が空いていたのも幸運かと]

△デターミネーション

[昨年のサヴィのような臨戦で多少過剰人気のきらい。確かに前走は強かったが、ストレスを受けない位置取りから抜け出しただけとも受け取れるし、オープンともなれば流れも違う。枠順も前走の外→内で不安要素となる。このコースの王者川田騎手が乗るので軽視はできないが、1、2番人気を推しているので、1~3番人気決着があるのだろうか?と考えると本馬の評価は下げざるを得ない]

△ドライヴナイト

[2走前の本舞台での走りはさほど悪くない。ドライヴナイトとは0.1差だが、競馬の形としては本馬の方が苦しかった。メイショウショウブや本馬の作り出す激流が道中15番手にいたドリュウの追い込みを呼び込んだほど。7歳だけにあれ以上があるかは疑問だが、道悪のカジノという格言もあるぐらいだし、穴として押さえる分には悪くない]

△テイエムサウスダン

 

東京11

◎レオビヨンド

 

 


最強競馬ブログランキングへ

明日の阪神、先に挙げた以外にこの馬もいいと思い始めた。

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。