競馬

2020 根岸S 臨戦過程評価

スポンサーリンク

AJCC、ミッキースワロー本命でハズレ。

直線で不利があったといっても、同じく不利を受けた臨戦過程(↘)のラストドラフトに差し込まれての4着は完敗かな。

ただ、言い訳というか釈明というか、負け犬の遠吠えというかを述べさせていただくと、ラストドラフトはどの馬よりも調教は良かったんだよね。戸田厩舎ながらにこれだけバリバリやれちゃうのって、どんだけ調子がいいんだよと思っていたし、だからこそ×印だけはつけていた。

臨戦過程(↘)だから勝つことはないと思うけど3着ならあるかなと(よく私が危険馬の見解でもいう“良くて3着”ってやつ)。あと、その時の記事でも書いたけど、外国人は危険な臨戦を制御する騎乗ができるのと、少頭数の重馬場というのも今回のこの馬には向いたように思う。

軸はノーザンファーム産で間違いないというところから、ブラストワンピースかミッキースワローのチョイスしかなかったけど、海外明けで状態が未知ながら一番人気濃厚だったブラストよりはミッキーを上に取ったのは馬券の妙味という面もあるし、それでも結局買うほどのレースとは思わなかったので、ブログの最終見解にもツイッターの手書きノートにも挙げなかったし、要はそこまで自信もなかったというわけで。

自信がないのに載せるなよという声もあるかもしれないが、そうしないとブログのネタがなかったのと(本音)、自信がなくても当たる時は当たるし、参考にしたいという方もいるので載せたという次第でご了承をば。

一応、臨戦過程の検証

1着 ブラストワンピース(↗)

2着 ステイフーリッシュ(↗)

3着 ラストドラフト(↘)

4着 ミッキースワロー(→)

臨戦だけの評価なら上向き同士の決着だった。ミッキースワローは(→)だったので臨戦的には妥当といや妥当かな。

 

でもって、今週の重賞は先週とは打って変わって東西どちらもヤル気だ。

先ほども言ったようにヤル気が的中に繋がるかといえばそうでもないのだが、以前に週末にしか更新していなかった時、あえて取り上げた重賞(重賞といえどもヤル気がなければ取り上げないクチなので)は結構当たっていたので、今週もそのジンクスが叶うように頑張りたい。

ということで、まずは根岸Sの臨戦過程評価(有力馬)

 

コパノキッキング(↘)

スマートアヴァロン(→)

スマートダンディー(→)

ダノンフェイス(↘)

テーオージーニアス(↘)

ブルベアイリーデ(↗)

ミッキーワイルド(→)

モズアスコット(→)

ワイドファラオ(↗)

ワンダーリーデル(↗)

 

今回はちゃんと(↗)から本命を選ぶつもりだが3頭しかいない。しかもブルベアイリーデは丸山元気に乗り替わるので、中央場所の重賞で彼を本命視することはなく、ワイドファラオかワンダーリーデルの2択。

心の中ではほぼ決まっているのだが、一応追い切りも見たいし、ヤル気のある重賞と銘打っている手前、月曜早々に結論を出すのもなんだし、もう少し練り上げていければと思う。

ちなみに臨戦的には(↘)のコパノキッキングだが、この馬は去年も良い臨戦とは思わなかったのにあっさり突き抜けたわけだし、まして今回は抜かりなくマーフィーに替えてきたのだから走られる可能性が高いようにも思う。それでも本命にはしないが、絶対能力が上という見方もできるので、上位評価せざるを得ないなぁ。

ってなところで、ダラダラと長くなってきたのでこの辺で。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

今週の特別登録、追い切りからの推奨馬

 

 

スポンサーリンク

-競馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。