狙い馬

2020.1.11(土)中山の狙い馬

スポンサーリンク

先週は惜しい馬券が続いて結構凹んだが、喉元過ぎれば何とやらで、週末になればそのショックがむしろヤル気に変わっているから不思議だ。

そもそも取り逃がした大魚はデカかったが、元手はそれまでの浮き分を投じただけなので、結果としてはトントン程度の状況。そこまで悲観的になることもなかった…と今なら振り返れるね。

そんなわけで今週はやる気満々、負ける気がしないくらいだけど、これは馬券を買う前はいつものことだ(笑)

 

中山2

穴⑥コスモシャルドネ

[前走時も稽古の動きの良さから穴として推奨したが、休み明けで中身が伴っていなかったよう。それでも新馬の走りと稽古の動きから能力は感じている。今回は初ダートだが、母ピノブランはダートで2勝だから条件替わりで前進があってもいい]

中山3

⑬キョシンタンカイ

[前走は先行したが、ハイペースに巻き込まれ3番人気の逃げ馬とともに着外。デビュー戦の反動が出た感じもあったし、ここはまともなら巻き返しの鞍。この2走で速いペースを経験しているので、距離短縮となる当条件も問題はないだろう]

⑥ヴォールヴィコント

[母マダムルコントは地方の実績だけで桜花賞に出走した馬だが、それ以外はほぼダートで走っていた馬。本馬はデビュー以来芝で善戦していたので芝を使われ続けているが、そうした血統背景からダートに変わっても能力に減退はなさそう。馬格もあるし、むしろ向いている可能性も。初ダなのであまり人気するようだと妙味はないが、人気を落とすようなら]

穴①ニシノカリウド

[稽古は動くのでどこかで走ってきそうだが、気難しい気性でこの枠がどう出るか。思い切って逃げてしまうくらいがいいかも]

中山9

穴③ヒメサマ

[前走はG1なので論外だし、2走前は休み明け、かつデビュー戦でも大敗を喫した1400m。1200mならOP特別で3着があるし、今回は臨戦過程もまずまずなので一変があってもいい。乗鞍が少なくなっているとはいえ、この馬のために東上する川須騎手の意気込みにも期待]

中山10

⑭コーラルプリンセス

[前走から間隔は空いたが、11月末から入念すぎるほどに乗り込まれており状態面に不安はない。ダートはまだ3回しか走っていないが、この2走を見る限り短距離の差しスタイルを確立。この舞台だと多少忙しいきらいはあるが、クロフネ×フジキセキなら血統的には問題ないはず]

⑨オルクリスト

[前走は休み明け圧勝の反動もあったろうし、不良馬場のスローペースという展開も脚質的に厳しかった。2走前は逃げ馬が2着に残る流れを、次位に1.0秒つける上がりを繰り出して3馬身差の快勝。1勝クラスでは能力が違ったし、まともならこのクラスでも上位。中山でも未勝利を勝っており、コース替わりの不安もないし、よほどスローに流れるようなことがなければ(この条件でその流れになることはないと思うが)豪脚が炸裂しそう。稽古内容も前走時から上昇がうかがえる]

穴⑦ホイールバーニング

[3走前のこの条件で勝ち馬から0.4差。上がりの脚は目立っていたし、展開次第ではこのクラスでもやれることを示した。今回は相手関係にも恵まれた感じだし、展開がハマれば]

穴⑮カレイドスコープ

[すでに現級でも3着と通用しているし、叩き2戦目は2戦2勝。稽古からも型通り上昇している]

危険人気馬⑪アルベルティーヌ

中山11

⑨ナイママ

[前走は枠順もあって後方からの競馬となったが、差す形でも見せ場があったようにこのクラスなら能力上位。レースぶりに幅が出たのもいいだろう。前走時の推奨理由でも述べたが、前走以前は常にレベルの高いレースを走っており、着順が振るわなかったのもやむなしといったところ。その中でも今回と同距離の京都新聞杯で4着した実績は光る。当時は好位からの競馬で粘り込みを図ったように本来はあのスタイルの方が持ち味がいきる。母系にトニービンとブライアンズタイムがおり、距離延長もプラスだし、札幌2歳Sで見せたように自ら競馬の流れを作るくらいの積極策も見てみたい]

 


最強競馬ブログランキングへ

明日の中山はこの辺りを中心に。

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。