寺社仏閣巡り

三石山観音寺 見聞録

スポンサーリンク

今日は先週末に訪問した千葉の三石山観音寺について記そう。

千葉といえば中山競馬場くらいしか訪問の機会はないのだが、その前日に訪れた地元大宮の氷川神社があまりの混雑ぶりでまともに参拝できなかったので、毎年この地を訪れているという知人について初参拝することにしたのだ。

地理感のない場所だが、千葉県の君津市というところらしい。そうと分かれば、すぐにその地の観光、温泉、グルメ情報を調べ上げ、どうせいくなら2倍にも3倍にも楽しんでしまおうというのが私流。ネット(情報)時代のありがたさよ。その文明の利器を使ってランチで選んだ場所は『リバースカフェ』という、男性一人で営んでいる自然派カフェ。

 

リバースというと、一瞬ゲロゲロ?といういやな連想してしまうが、当然ながらそんなはずはなく、「リ・バース」=「再・誕生」ということで、「再生」とか「生まれ変わり」みたいな意味で、きっと身体が生まれ変わるような、こだわりの食を提供してくれる店なのだろう。

 

確かにメニュー表にはそのこだわりぶりが伺えて、おっさんになってより健康に気をつかうようになった私にとってはありがたい。

 

多数のメニューの中から、地野菜の惣菜とローストポークをいただいたが、実に上品な仕上がりであった。

 

 

以前なら質より量だったが、アラフィフともなると、量より質にシフトしてくるもので、チェーン店より個人経営がベター、その中でも店主の心意気が感じられるカフェ飯はそこそこの頻度で利用している。そして、そうした店はたいてい女子好みなのだが、私は普段から周りの目を気にしないタチなので、例えギャルの中におっさん一人であったとしても、平然と競馬新聞を広げていたりする(笑)

 

さぁ、腹ごなしも完了したので、いざ三石山観音寺へゴー!

リバースカフェから車で40分、田舎の風景が目立ち始め、田舎好きな私のテンションが上がる中、さらにテンションを爆上げさせる情景が飛び込んできた。なんと普通の道路の脇に猿がいたのだ。ことさら猿好きというわけではないのだが、それが自然の猿ともなれば話は違う。しかも一匹ではなく数匹いたのがまた驚きで。

 

慌ててスマホで撮影したが、あいにく信号が青に変わってしまって、猿との遭遇はほんの束の間、写真も何が映っているのかよう分からん状況だ。

ちなみにマイ映画ナンバー1は、初代の『猿の惑星』だ。猿つながりでどうでもいい情報を流して失敬。

 

そこからほどなくして三石山観音寺に到着。

この地には毎年、元巨人の高橋由伸さんが訪れているそうで、今年もちょうど前日に訪問されていたようだ。

 

また、マラソンの高橋尚子さんや小出監督の手形を象ったモニュメントもあった(おもくじ縛り?)。

何を隠そう高橋Qちゃんは私の理想の女性なので、ここでこうして手形と巡り会えたのも何かのご縁、別に本人に会えたわけではないのだが、ちと嬉しかった。

ちなみに2004年のオリンピック選考会でQちゃんを選らばなった陸連をいまだに恨んでいる(相当に根に持つなw)。だって野口みずきvs高橋尚子見たかったよな~

それはさておき、Qちゃんがサングラスを投げ捨てて絶妙なタイミングで仕掛けた(こういう時はどうしても競馬が入っちゃうよね)あの感動のオリンピックから、はやくも20年が経過していたことにも驚愕した。

 

さてさて、三石山観音寺だが、その名の通り、みっつの石というか岩に囲まれた想像以上に壮厳なお寺であった。

 

私がかつて訪れた中で、最もパワーというか畏怖の念を感じた場所は、群馬県の榛名神社なのだが、それに通ずるものを感じさせる。

 

岩場の間に階段があったりして、ちょっとしたアドベンジャー気分も味わえたりする。

 

 

そこかしこにたたずむお地蔵様やら像たちの表情も豊かでなんとも心がなごむじゃないか。

 

こうした御仏を眺めていると、普段のストレス生活やギャンブルまみれの生活で生じたくすんだ垢がスーッと浄化されていくようだ。

 

 

私はギャンブラー(競馬を単なるギャンブルとは言いたくはないが)だが、それでいてこうした寺社仏閣巡りだったり、気功や太極拳にも造詣が深く、なかなか自分以外でこの手のタイプの人種に遭遇することは少ない。実際、気功教室に通う競馬好きには遭ったこともない。

ただ、競馬に命をかけている身としては(事実レース結果に一喜一憂してはかなり心臓と血管に負担をかけている)、この静寂の時間も必要なわけで、競馬と寺社仏閣(気功)の両立はぜひともお勧めしたい組み合わせだ(笑)

 

ほら、先週末にやられたみんなもこの像を見ていたら気持ちが和んでくるだろう?(笑)

 

して、この三石山観音寺を訪れたのは1月4日。しっかり浄化されたはずの御心が、翌5日の競馬開催によりあっさりけがされたのは、私のTwitterの悲喜こもごものタイムラインが物語っているわけで、どうやら三石山の御利益は翌日の競馬には発揮されなかったようだ。しかし運は競馬に使うもんじゃない。もっと大切な何かにとっておこうじゃないか。

 

 

ひとまず今回はここまでにして、次回は君津市の観光について記そうと思う。いい温泉もあったぞい。

 

スポンサーリンク

-寺社仏閣巡り
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。