狙い馬

2019 京阪杯、ジャパンC

スポンサーリンク

京阪杯

◎⑧ダイメイフジ

[すでにOP2勝、重賞でも3着2度の実績馬。そんな馬が今更適性のない東京1400mのOP特別を前走で使ったのはここに向けての叩き台。過去に東京を使った後のレースでは、一昨年の絶頂期だったモズアスコットを下した安土城S、今年の函館SS4着があり、確実にパフォーマンスを上げている。そのため、今回は特別登録でその名を見た瞬間に本命と考えたのだが、陣営のコメントを聞くと、前走で大幅に減った馬体重を戻しながらの調整とのこと。これで大きく気持ちは揺らいだが、もともと馬体重変動の大きい馬だし、そもそも人気もないので初志貫徹で本命とした]

○⑥ライトオンキュー

[逆に本馬は絶好の追い切り過程で休み明けながらも盤石の態勢でここに臨んできた。休み明けは苦にしないどころかむしろ走るし、血統的に今の馬場も歓迎のクチ。こちらの本命も考えたが、実績を考えれば少々人気しすぎだし、札幌のUHB賞ではダイメイフジとタイム差なし。ならば人気のない方を狙うセオリーに従っておいた。それでもやっぱりこの馬も魅力は十分]

▲⑦カラクレナイ

△⑰ファンタジスト

△⑭モズスーパーフレア

△⑬リナーテ

×③パラダイスガーデン

危険人気馬⑮エイシンデネブ、⑫アイラブテーラー

 

ジャパンカップ

◎⑤スワーヴリチャード

○⑧レイデオロ

▲⑬エタリオウ

△②ワグネリアン

△①カレンブーケドール

△⑥ユーキャンスマイル

ジャパンCについては週中にも考察してきて(下記リンク参照)、そこから大きな乖離はなかったので個々の見解はなしで。この6頭以外にチャンスはないと思うけどな(連対以上)。デットーリ、ルメール、スミヨンは騎手の手腕だけでこわいけど、それらまで買っていたらキリがない。ただ、3連系ならルックトゥワイスだけは押さえるかも。やっぱり藤原厩舎の叩き2戦目は不気味だし、この馬自身も6歳とはいえまだ若いから。といってもあくまで押さえまで。

天皇賞組が絡むと言ってきたけど、その中でもレース後に最も早期から速い時計を出し、その後も執念すら感じさせる調教を課してきたスワーヴリチャード陣営の想いが叶って欲しいところだね。

枠順前見解

エタリオウのこと

枠順確定後

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。