狙い馬

2020.7.5(日)福島当日版

スポンサーリンク

福島3

ここはマイネルチューダ(津村)とホイッスルヴォイス(レーン)の2択で考えていたが(当初はホイッスル優位に考えていた)、枠順と人気的妙味を考慮してマイネルチューダを本命にしたら、意外にもレーン人気もなくホイッスルヴォイスは3番人気。

この2頭の力はほぼ同等。臨戦的にはややマイネル優位もそれも微差。だったらレーンの乗る人気のない方を軸にした方が無難な気も…。津村騎手もこの舞台の複勝率は31%とかなり優秀なので、結局評価に差はないが。

Aホイッスルヴォイス

ABマイネルチューダ

Bユニティコ、ピュアムーン、ヒガシヴァルキリー(押さえ)

Cココリミッション、ロジマジェスティ、ホルダンモル、サンデスヴァレー

 

福島10 さくらんぼ特別

最近出脚の鈍いシセイタイガを福島で買うのは罠のような気がしないでもないが、レーン騎乗ながら本馬の人気も案外控え目(当日8時現在4番人気)でこれなら買ってみてもいいかなと。

ジャングルポケット×バゴという配合で多少時計の掛かる馬場がベスト。開幕週でも土曜の最終ではレーンの乗ったフジノタカネが追い込んで際どく3着しているように阪神ほど前残りの馬場ではなく。

陣営が弱気な分、そこまでガッツリいくわけではないが、特別登録を見た瞬間にこの馬はいいと思った直感も信じて少々。

Aシセイタイガ

Bジュニパーベリー、マイネルアルケミー(稽古上昇)、ルマーカーブル(稽古○、逃げなら)、シオミチクレバ(時計に限界ある馬で馬場よい)

Cウインオルビット、リノワールド、ペイシャドリーム、シャインサンデー、メジャーレート

 

福島11ラジオNIKKEI賞

今朝、競馬予想TVを見たら、コスモインペリウムは亀谷氏、ヒロシ氏も本命。それ以前にも穴党の多くがこの馬を挙げていたので嫌な予感がしていたが(穴馬は皆に注目を浴びたらもはや穴ではなく、たいていは来ないの法則)、ここにきて著名穴予想家まで挙げてきたとなると、気持ちも揺らいでくる。

しかし、他の人が本命にしているから自身の本命を変えるというのもおかしな話で、それでもし来られたら後悔しきれないだろう。それに現実には10番人気なので、まだ穴馬としての資質はある。

ただし、コスモより気がいくつつあるのがコンドゥクシオンでこちらは11番人気。この馬はあまり推している人を見なかったので、こっちの方が気分よく狙えるかなと。

それと、週中の臨戦過程評価の時には回避すると思っていたのでサラッと流すにとどめたディープキングだが、出てくれば悪くないと記していたようにこれも面白い。

自己条件と天秤にかけてあえて福島まで遠征。さらに藤原厩舎の勝負ジョッキーでもある戸崎騎手を確保できたことも大きい。前走の敗戦は休み明け2戦目の反動や展開に依るところも大きかった。6着に敗れたデビュー時からかなりの器と評価していた馬で、今回程度のメンバーなら1勝馬の身でも通用する。

穴から行く時は原則3番人気以内と絡めるが(過去10年、当レースで3番人気内が全滅は一度だけ)、3番人気以内のうちグレイトオーサーを軽視しているので、残るはパラスアテナ(1番人気)とサクラトゥジュール(3番人気)。現在(朝8時20分)4番人気のルリアンが3番人気になればこちらと入れ替える目も。12頭立てだし、波乱期待で手広く。ただし遊び。

Aコスモインペリウム、コンドゥクシオン、ディープキング

Bパラスアテナ、サクラトゥジュール(ルリアン)

※A同士が馬券に絡む可能性は少ないがワイドもちょろり。

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。