2020.6.28(日)東京の狙い馬

2020.6.28(日)東京の狙い馬

今日は終日外出だったこともあって4鞍のみの参戦。

ひとレースはガミで他は全て外れたので(惜しいのもあったが)残念な土曜日となった。

それでも、太極拳やテニスをしているといたずらに手を出すこがないし(買う暇がない)、先仕込みでこれだけは買っておきたいというレースにだけ手を出しているので、ある意味負けても納得。

負けることも想定しているといったらおかしいけど、ひとつでも大きいのが当たれば勝てるという意識で穴を中心に買っているので、まぁダメなら仕方ないかなと。

負けたからといって、ムキーッ!次だ、次、おらぁ!!などと言いながら暴走しないのが好都合だし(自粛中はつい掛かることもあったw)、こうやって買うべきレースだけリズムを崩さず淡々と勝っていれば周期的にズバッとを決めて、大勝ちとは言わないまでも、大負けというケースはなくなる気がする。

というわけで、明日も午後からは雨も上がりそうなので、散策に出かけることにした。

そして、遊んだ後にレースをチェックするのだが、自分の勝っているレースのみならず、ブログで挙げた馬たちがどうなったかを見る時もドキドキする(それも楽しみ)。自分は負けた土曜日だけど、ブログの馬はちょいちょい好走していたかな。

そんな感じで、明日も自身の馬券は厳選して、だからといってブログの他の馬たちもおろそかに挙げているわけではなく、で何を言いたいのか分からなくなってきたが、明日もまたご参考までにってことだ(笑)

 

東京7

⑭ギャラクシーソウル

[デビュー戦でユニコーンS5着キタノオクトパスの2着、5馬身つけた3着馬もすでに勝ち上がって1勝クラスで2着がある。その割に本馬は前走ようやく勝利といった感じだし、今回出走のニーズヘッグにも大きく離されて負けたこともある。それでも使い詰めかつ臨戦ひと息のニーズヘッグより人気がなさそうなのはいいし、後方からひと捲りといった感じの前走で一皮むけた印象もあった(スタート後に出ムチをくれても先行できなかった点は気がかりではあるが)。遠征の斉藤新騎手はこの日、父の所属馬に4頭乗るが、本馬が最も脈のありそうな馬ではないか]

穴②レッドヴァール

[未勝利の身で一年以上の休み明けで500万を勝つという衝撃的な勝ち方をした馬だが、その割に以後は案外。それというのも硬さがあって切れない特性のため、芝では勝ち味の遅さがつきまとっている。今回のダートは鞍上の進言もあったようだし、初ダで人気のリスクがあるぶん穴としたが、能力を出し切ればあっさりがあってもいい]

 

東京9

⑯オノリス

[現級で再三上位争いしているようにクラス上位の力を持つことは明白。今回は初マイルがどう出るかだが、追走に手間取るタイプではないし、母系にディンヒルやグランドロッジというスピードの血も内在しているので、この条件変わりはプラスに働くとみる]

⑧ニュートンテソーロ

[2走前が意外な敗戦だったが、能力を発揮すれば前走くらいは走る。これまでの戦歴から軽い馬場で末脚を生かす形の方がいいようで、雨模様の明日の馬場は合っていそう。未勝利時代の相手関係からも、くすぶっている古馬ばかりが相手なら勢いだけで通用しても良さそう]

⑤テイエムグッドマン

[前走はハイペースを気分よく先行して失速。能力負けではないと割り切れる。現級で何度も上位争いしている馬だし、以前は1400mの方が合っている印象だったが、今はマイルぐらいでふわっと乗るイメージの方が合っているのかも。2、3走前の当舞台は負けて強い内容だったし(特に3走前はサンチェサピークと0.2差、セイヴァリアントとはタイム差なし)、乗り方次第でいつでも巻き返せる]

穴⑤オーケストラ

[去勢による休み明けだが、乗り込みはかなり入念で状態に不安はない(大幅馬体減注意)。このクラスで通用する目途がはっきり立っているわけではないが、0.5差のレースが3戦あるし、恵まれれば3着ならというレベルにはある。ヌーヴォレコルトの下でまだ奥のありそうな馬だし、休み明けも1-1-0-1なのであえてここで狙ってみても]

穴⑩ヤマニンバンタジオ

穴⑫トーセンヴィータ

穴⑦ダノンハイパワー

※ダイワドノヴァンは好走しても人気にならないタイプで今回も人気がないようなら押さえるが、さすがにそろそろ人気してくるのでは。臨戦は決して良くなく、そろそろ崩れてもおかしくないと見ているが。

 

東京10

⑬ボッケリーニ

[前走はスタートが悪く道中の位置取りも絶望的、それでも直線は脚があったがそこでも不利。まともなら3着は堅く、勝ち負けまであったかもしれない勿体ないレース。そうした不利があったことが分かっているので人気落ちしない点が微妙ではあるが(いかにも次で巻き返しそうな敗戦後というのが逆に不安でもある)、ラブリーデイの下でまだまだ伸び行く素材だし、当舞台のキンカメの相性も抜群。戸崎騎手ならソツなく乗ってくれそうで巻き返しに期待]

②ニシノカツナリ

[前走は直線でレーン騎手に押し込められなければ勝っていた鞍。相当苦しい競馬ながら最後まで投げ出さずに脚を伸ばしたあたり、2走前の大敗の後遺症もなく精神的にも充実している。この距離にも実績はあるし、父産駒ならむしろこの舞台の方が成績はいい]

穴⑪ドラグーンシチー

[前走は18キロ減で休み明け快勝と反動の懸念される臨戦であるが、稽古だけ見ると益々勢いに乗ってきた印象で、将来的にはオープンでもやれそうな手応えを感じた。もともとサウンドキアラやモズダディー、ブラヴァスといった強豪と渡り合ってきた馬なので、能力的にも全く引けは取らない]

穴⑨ロザムール

[中山向きだが、東京でも3走前に道悪で3コーナーから強引に先頭に立って、勝ったニシノカツナリの3着に粘った。決してスローではなかったし、前残りの流れになればここも粘りこむケースも考えられる]

危険人気馬⑥ゴールドスミス

 

東京11

⑥ストーミーシー

[前走は2~3走前で身につけた先行策を封印して後方からの競馬となり流れに恵まれず。自身33.0秒で上がっていただけに力負けではない。前走は控える指示が出ていたようだが、二度目の今回はもう少しかみ合った競馬をしてくれるのでは。オープン特別なら2勝しているし、能力的にも上位]

穴③アマルフィコースト

[思ったより動けなかった前走だが着差としてはそこまで負けていない。この馬としては少し上がりが速すぎたか。この中間は前走時も良かった稽古内容が更に充実しており、仕上げだけは万全。重賞や牡馬混合のオープンで幾度か上位に絡んでいるように、かみ合えば通用していい馬。上がりは使えないので道悪想定での穴]

穴⑧キョウヘイ

[先週の阪神マイルを除外されたのは痛いが道悪となりそうな点はプラス。東京はNHKマイルとダービーしか走っていないので適性は何とも言えないが、臨戦は悪くないので展開が向けば]

 

 


最強競馬ブログランキングへ

明日の東京一番狙いはこの馬。そういや珍しく未勝利にいい馬がいなかったわ。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。