狙い馬

2020.6.20(土)函館の狙い馬

スポンサーリンク

函館は基本ダート1000mと1700mは買わないので、はじめからほとんど見ない。

なのに、先週はダート1000mのコウイチを買ってしまって失敗。やっぱ1000mだとスタートが致命傷になるし、レース自体もすぐ終わっちゃうし、同じ金かけんの勿体ないわ(笑)。

そんなこといいながら明日はダート1700mを一鞍あげたけど、こちらはどう出るか。1000mよりは長く楽しめるやね。

ひとまずブログアップ終えたので、これから散歩がてら新聞買いに出かけてきますわ。雨の中だけど。

 

函館1

②エールヴィフ

[前走時も具合が良さそうで8着まで崩れるとは思わなかったが、勝負どころから外目でプレッシャーをかけられ直線入口ですぐに交わされたので気持ちも切れてしまった印象。抜群の稽古を見せていた前走でもあの結果なので、この中間の稽古の良さは鵜呑みにできないが、間違いなく能力はあるし、スピード優位型なので軽い函館も合っていそう]

穴⑧ゴープラチナム

[2走前は20キロ減、前走はスピードを殺される馬場と明確は敗因あり。以前から稽古で評価していた馬だし、良なら2着もあるので前走と違った姿を見せられていい]

 

函館9

②ハイパーステージ

[昇級戦とはいえ前走ほど負けるとは思えない。ひと息はいって余裕があった可能性はあるし、連闘してくるぐらいだから初めからそれを見据えた仕上げだったのでは。今回は前走以上に組みしやすいメンバーとなり勝ち負けも]

 

函館10

①ギベルティ

[デビュー2戦目のきさらぎ賞参戦時、栗東に遠征していたが、当時ウッドで終い11.3秒の上がりを計時した。キャリアが浅い割に人気していたので、稽古で動いていても怪しい感じはあったが(実際4着)、それでもこの時感じた本馬への評価は1勝クラスなら断然というもの。その割に前走で大敗したのは残念だが、はじめて経験した忙しい流れに戸惑った印象があるし、オルフェーヴル産駒の難しさが出たものと思っている。新馬を勝ったぐらいで休み明けは問題ないだろうし、軽めの稽古はあえてのものと判断している。武豊騎手に合わせての函館参戦も好感]

⑤ヴィンクーロ

 

函館11

⑤プレトリア

[アテにならないタイプだが、唯一連続好走したのが北海道の洋芝(2年前)。昨年の北海道遠征では結果が出なかったが、芝1200mではいずれも最速の上がりを使っていた。当時は後方一辺倒だったが、最近は距離を延ばしたのはあるにせよ、前走では4角2番手の競馬もできた。前進気勢が増している今なら1200mでもそこまで置かれず追走できれば差し込むチャンスも]

⑥ボストンテソーロ

[芝はデビュー戦だけで当時は7着だったが新潟の軽い馬場だったので今回との関連は薄い。500万勝ちが圧巻だったし、このクラスでの実績もあるので、本来は東京のダートを使ってもいいのにあえての北海道遠征。先週もこの舞台で初芝だったメサテソーロがあっさり勝っていたし、外国血統は洋芝なら向いているのかもと感じたので]

穴⑦テーオーアマソン

 

 


最強競馬ブログランキングへ

挙げた中でも狙い度高い馬たち。しかし東京は今で不良で参戦するとろくなことがない予感も。太極拳だと先仕込みしないといけないのが悩ましい…

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。