狙い馬

2020.6.7(日)当日版

スポンサーリンク

今日はこの後、シャワー浴びて洗濯もの干して、米を炊飯器にセットして、とっとと出かけないといけない。弁当を11時に予約しているのでそこに間に合うために(笑)

またいい意味での慌ただしい週末が戻ってきた感じ。コロナに関してはまだ油断はしないけどね。

ではでは、今日もご参考までに。

 

東京7

Aフラフィックラウド

Bロードリッチ、ライフレッスンズ

Cチェリートリトン(☆)、ジョイナイト(☆)、パールデュー

チェリートリトンは昨年末以後、現級で7戦4連対と通用の力はある。しかし、その4連対はいずれも4番人気以下で、好走後に一番人気になった2戦は馬券外という人気通りにいかない馬。そういう意味で17倍まで人気の落ちた今回はCの位置に置いたとはいえ、ここから穴を狙うのも悪くないと思える。どう乗っても甘いタイプなので、この枠からロスなく乗って内かからうまく捌けるようなら。

ジョイナイトは、前走勝ち馬から0.2差。マイネルレンカとはほぼ差がなかったにも関わらず人気は3倍以上の開きの差(13番人気)。人気で評価を変えるわけではないが、この人気なら押さえて面白いと思える馬。

 

東京8

Aエピックガール

ABコウソクスピード

Bシネマトグラフ、ロジアイリッシュ

Cシトラスノキセキ

※穴ならエピック、堅実にいくならコウソクという感じで。どっちもきてくれたら一番いんけどそうは問屋がおろさない(笑)

 

東京11(安田記念)

◎アーモンドアイ

○ダノンキングリー

▲アドマイヤマーズ

△ダノンプレミアム

△インディチャンプ

×ペルシアンナイト

※やっぱりアーモンドアイが中2週のリスクを冒して出走してくる以上、負けられまへん。まぁ、そんな人間の思惑通りにいかないことがあるのも競馬だけど、普通に考えたら天皇賞(秋)、JCを勝った馬がここで負けてはね。予想としてはつまらんけど。

ダノンキングリーは当初本命も考えていた馬だけど、馬体重の軽い馬はこないだとか追い切りで掛かり癖が出ていただとか、ディープ産駒が安田に合わないだとかいろいろ情報を仕入れてしまってこねくり回して結局、無難に対抗に置いた(笑)。掛かり癖が出ているのならこの枠はいいかもね。スピード競馬の実績はなくても、血統的にはスピード色の濃い母系だし、兄のダノンレジェンドなんてバリバリの短距離馬。この距離で潜在的な血統の持ち味が開花することに期待。

アドマイヤマーズは適性は微妙だけど、やはりこの中間のザ・友道という調整過程が素晴らしく。ハイレベルの香港競馬を勝ってしまうぐらいで並のダイワメジャーではないと思うし、早めに動かしてもたせる川田騎手にも合っているように思う。

グランアレグリア、ノームコアの牝馬勢が来ちゃったら諦めよう。

 

阪神2

Aレヴィオーサ

ABカケル

Bグレーフェンベルク、テイストオブハニー、ソレイユドゥアルル

 

阪神4

Aカヴァート

ABサンライズアルコン

Bメイショウヘシキリ、エルスネル、サーコ

Cルアスドゥーナッハ(☆)

※前走時推奨したカバートの直線はあそこまで来るなら粘れやって感じだったけど、道中の行きっぷりと最後のしぶとさはダート適性を感じさせたね。臨戦的には前走時だったけど、ここもリベンジの意味で再度の本命。

サンライズアルコンの前走は道中かなりずぶくて直線ズルズルかと思いきや、追われてからしぶとく脚を伸ばしてきた。あれが休み明けと思えば及第点の内容。連闘で絞れてもう少し追走に余裕が出ればこの距離でも。

メイソユヘシキリ、エルスネルあたりはダート替わりがどうかも臨戦はいいし、血統的にはいずれもこなせないこともなく

ルアスドゥーナッハは前走の行きっぷりは悪くなかった。この中間の稽古は良化しているし、キャリアが浅い分の一変があっても。

しかし、現在一番人気が5.6倍の大混戦。仕留めたら嬉しいけどあえて買う必要あるか?と自問していたりもする(笑)

 

阪神9

Aサンキューユウガ

Bラミエル、トンボイ、シオミチクレバ、レッドベレーザ

※やっぱり一番人気になってしまったサンキューユウガ、昇級の休み明けで妙味はないけど、B群が割と妙味があるのでちょっと買うかも。特に前走2番人気から26倍もついてるラミエルみたいな馬は好き。思わず取らぬ狸の皮算用してしまう(笑)

 

阪神10

Aハクアイウィンザー

 

阪神11

Aボッケリーニ

Bステイオンザトップ、カリボール、ラテュロス、サヴォーワルエメ

Cロライマ、ダブルシャープ、ヴィッテルスバッハ、ミエノウインウイン

※ここもまた難解な。でも芝マイルのフルゲートのレースはやりがいがあってつい選んでしまいがち。結果はともかく予想が楽しい。無難に松山を信じて穴狙いかな。2番人気馬を軽視していることも買いたい理由。

 

阪神12

Aオヌシナニモノ

Bセカンドエフォート、アメリカンベイビー、リノ、ニホンピロスクーロ

Cイーベンホルツ、ミティル

※デビュー当時からお主何者?という動きを見せていたオヌシナニモノ。休み明けでも調整は万全。無難に軸にしてヒモずれ狙い。2、3番人気のC群も距離短縮は歓迎のクチでニコニコも考えたけど、Bの穴群が絞り切れず。セカンドエフォートからはCとも絡めて少々買うかも。川又騎手頑張って欲しいね。

 


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。