狙い馬

2020.5.10(日)京都の狙い馬

スポンサーリンク

京都2

①クリノヴィンセント

[2勝以上挙げた兄弟全てが短距離実績に偏っているし、本馬も手応えほど伸びないので、距離短縮は有効に出そう。この枠で揉まれた時にどうかだが、スピードはあるのでスッと先行できるようなら]

穴⑨ポテンシャルリアル

[その名の通り高いポテンシャルを感じさせる稽古の動き。休養前はこれほど動けていなかったので、休んだことが良い方に出た。初ダはカギとなるが、兄弟は軒並みダートで活躍しているし、母もダートで2勝ならむしろ向いている可能性も。初ダなのであまり人気になるようだと妙味はない。あくまでも私の中では穴馬として買う感覚]

穴⑬プレシャスガール

[デビュー戦は勝ち馬が強すて大差の2着たが、さらに4馬身離した3着馬が既に勝ち上がっているし、前走は臨戦も枠も良くなかったので度外視できる敗戦。中間の追い切りは一番とも思えるし、距離延長でスムーズな競馬ができれば巻き返してきそう]

 

京都4

穴⑥グラニータ

[前走は京都2000mの大外枠で早めに脚を使って力尽きた格好。そもそも一番人気は過剰だった。それでも2走前の1800mで溜める形なら良い脚を使えていたし、未勝利でも上位常連の2、3着馬に0.1秒差まで差を詰めた力は評価していい。おそらく今回は溜める競馬をしてくるだろうし、コース替わりは大きくプラス]

穴⑦ニーニャ

[新馬時から稽古が目立っていた馬で、その時は牡馬に交じって3着と善戦した。前走はダートが全く合わなかった印象だし、レース前からここで大敗すれば次走で狙えると思っていた。思惑通り、芝しかもデビュー戦で好走した舞台に戻れば前進しかない。ただ、残念なのは一戦ごとに稽古の内容が悪くなっている点。まともなら牝馬限定なら上位だと思うのだが]

危険人気馬⑪ダンツイノーバ

 

京都6

②イバル

[1700mの2戦は好内容、1800mの3戦は凡戦。そのレースの相手関係もあるので距離だけの問題ではないが、くすのき賞の内容から力はある馬だし、パイロなら短縮は歓迎だと思う]

穴⑩ヴィブラント

[初ダの前走をあっさり決めたようにダート適性は高い。父産駒はこの舞台で3割近い複勝率を誇るし、条件変わりも問題はなさそう。休み明けでも坂路で乗り込み入念]

穴⑬メイショウカムロ

[初ダの2走前の内容は悪くなかった。前走は長期休養明けの初距離だったし、出遅れもあって後方から回ってきただけだった。叩いてどこまで変わるかだが、勝った距離に変わるのはプラスだしスタートを決めて流れに乗れるようなら]

 

京都8

⑩メイケイハリアー

[前走は反動もあったろうし、出遅れもあった。全く競馬をしていないので度外視。今週の稽古は坂路で終い11秒台と調子落ちはないし、能力を発揮できれば巻き返し必至。逃げ馬が数頭いるが、逃げにこだわる馬ではないし、今の京都は合いそうなタイプ]

⑪セントウル

[前走は2走前激走の反動が出たのでは。それでも外を回りながら2着馬ともタイム差なしだから、速くもクラスの目途を立てた。今回、メンバーレベルが低いので押し出された人気になりそうなのは嫌だが、確かに相手は組みしやすく]

穴⑥ウォークザライン

[3走前は脚を余して7着。1着トーラスジェミニはその後3勝クラスも勝ち、アビームも2勝クラスを突破、3着ルプリュフォールも素質の高い馬で、それらに0.2秒差まで詰めたのだから力はあるはず。近2走は全くだが、流れが合えば突っ込みがあっても]

 

京都9

⑭サンライズセナ

[休み明けの前走は程よい負け方。京都で5着以下に敗れたのがその前走の5着だけで、他は8戦して3着内が7回、4着が1回というコース巧者。中1週のため稽古は軽めだが、もともとここを照準にしていた節もあるので気にしない。道悪も3戦3連対と得意にしており、雨で軽い馬場になれば尚のこと有利]

⑥タイサイ

穴⑤メイショウラケーテ

穴⑫グローリーグローリ

危険人気馬⑮ウインユニファイド

 

京都10

穴⑥マイネルグリッド

[前走は大敗したものの、追い切りでは素晴らしい追い切りを見せていて、まだこの馬は終わっていない、どこかで激走するのではと思わせた。その前走は逃げ先行馬が壊滅状態で、先行した本馬もその憂き目に遭った形。今回は久々に組みしやすい相手関係となったし、短距離志向の強い母系から距離短縮もいいはず。58キロの酷量はカギだが、それでもあえて出走させてきたわけだから陣営としては脈があるはず。夏デビューから重賞含めて3連勝した馬だし、母も祖母もその傾向のあった馬。気温の上昇も覚醒材料とはならないか]

 

京都11

穴②ストロングタイタン

[つかみづらい馬だが、坂路では常にスプリンター並の爆裂時計をマークしている馬だし、この条件変更がプラスとなる可能性はある。59キロだが、540キロを超す大型馬なので、これ自体は問題ないとみる]

穴③メイソンジュニア

[こちらもつかみづらい馬パート2といった感じだが、OPで2度の3着があるように能力は通用する。今回はOPでも半数以上が7歳馬以上というかなり組みしやすい相手となったし、数頭いる先行馬の直後の好位を取れそうな枠も得たのでソツのない立ち回りからの粘りこみに期待]

 

京都12

⑪テイエムクロムシャ

[近2走は小回りコースでいずれもちぐはぐ。それでも上位まで差を詰めているのだから能力は高い。スタートを決めて好位から競馬ができれば持ち前の安定感を発揮してくれそう]

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。