狙い馬

2020.5.9(土)東京の狙い馬

スポンサーリンク

天気予報を見ると何とか週末の天気は持ちそうかな。

雨で馬券買うとろくなことがないのに、それが分かっていてもついつい買ってしまうからね。まぁ、晴れて良馬場だからといって当たるというわけでもないけど、自分の納得度が違うから。

さて、明日の東京は未勝利は穴が多いように、そんなに自信はないし、気になった馬を挙げてみたけども、馬券は自重して好走を願うスタイルになりそう。

ただ、東京4のエルメームは、ダートさえ合えばあっさりが合っていい馬だと思うので、これはちょっと気がある。ただ、初ダで最内はキックバックも心配で…。東京5のコスモストライカーも何気に気がある。あとはこれから競馬新聞を買ってくるので、より精査してからどうするか決めようかなと。

東京1

穴⑦ラストエクセル

[初ダなので人気では妙味がないが、前走の大敗で多少なりとも人気が落ちるようなら穴として。アグネスタキオンを父に持つ兄(ダノンエクスプレス)が芝で勝ち切れず初ダートで2着、以後ダートだけで4勝を挙げたように、オークス馬の母でもダート適性を持つ産駒を出している。本馬も芝だと上りに限界があるし、マイル戦はデビュー戦で3着した距離なので変わり身があっていい]

 

東京2

穴①クーレクー

[父産駒は当舞台の複勝率40%超。2走前に目途は立っているし、母サクセスセレーネが1400以下で活躍した馬なので距離を縮めることは悪くなさそう。]

 

東京4

穴①エルメーム

[ミスペンテールの下という期待馬らしく新馬から走っているだけに休み明け以後の2戦の内容は不可思議だが、今週のウッドの稽古ではこの2戦では見られなかった5Fからの長め追いを敢行し時計も優秀。状態だけならデビュー当時をしのぐと思えるほどなので、今なら芝でもやれると思うがダート短距離に矛先を向けてきた。こうなると初ダの未知の面があるので、人気だと判断が難しくなるが、前走最下位ならそこまで人気になることはないだろう。適当な人気なら狙って面白い]

穴⑤アルファジップ

[デビュー戦はサトノフウジン(2勝)、オシリスブレイン、ダノンファスト(2勝)に次ぐ4着。3頭には離されていたがきっぷのいい逃げで勝利は近いと思わせた。2戦目の最下位の原因は定かではないが、4角では既にあらあらだったので、体調に問題がなかったとすれば、自分の競馬ができずに切れてしまったか。立て直された今回、稽古はまずまず。血統的にはダート向きなだけに初戦だけ走れば好勝負だが]

穴⑦ヤマニンパジャッソ

[先週のウッドで5F64秒台と立て直された効果はありそう。初戦最下位だけに未知数だが、穴として抑える分に損はなさそう]

穴⑫ソルメンシス

[稽古は及第点。以前は長めの距離でも追走に苦労するような面が見られたが、最近は先行する脚を見せているし、先行してしぶとさを生かせるような形なら]

※穴の定義は4番人気以下。外人騎乗の人気馬はあえて挙げません。

 

東京5

穴⑭コスモストライカー

[この2週の稽古から未勝利は勝てる馬と認識している。初ダでどの程度人気するかがカギだが、そこまで人気しないとみての推奨。母がガリレオの子ということでデビューから徐々に距離を延ばしてきたが、前走を見る限り距離には限界がありそう? デビュー戦はマイルで4着だし、巻き返し期待]

 

東京6

穴⑪ニシノレオニダス

[前走は大差のしんがり負けだが、それ以前の戦績から能力負けではなく度外視。今回と同条件のプラタナス賞では、フィロロッソ、ハーモニーマゼランといった現2勝馬、先週のOPで4着したイモータルスモークに先着する3着。2走も先行してしぶとい走りを見せていた。内枠の前走から外枠に変わり、江田騎手なら積極策を取ってくれそうなので、前走以前の走りを期待]

 

東京8

①カルリーノ

[近2走はいずれもスローにハマり能力を最大限発揮したとはいいがたい。それにもともとマイルよりは1,400mベターといった節もある。3走前も大外枠でなければチャンスはあったろうし、当時のメンバーに比べると今回は組みしやすい。ルメールの初騎乗ということで過分な人気にはなるだろうが、その分一押しが利きそう]

⑨ヴォイスオブジョイ

[昇級後はあと一歩が足りないが、昇級後の2戦は脚質的に不利な京都1200mを選択しながら着差はいずれも0.2秒差以内。2走前は33.5秒、前走など中山で33.3秒の上がりを駆使しながら及ばなかったもので、少しでも流れが向けば圏内まで届きそう。この中間はウッドで5F63秒台を計時するなど、前走あたりから良くなってきた稽古の動きが更に上昇している。今回も展開はカギだが、先週は上りの速い馬がおしなべて好走していたので]

 

東京11

①ビターエンダー

[実質1勝クラスのメンバー構成。この舞台での未勝利勝ちが良かったし、共同通信杯を見ても東京は合う。皐月賞はいまだかつてない厳しいペースを経験して大敗したが、この経験が今回に活きてきそう]

穴⑤ウシュバテソーロ

[勝ち味の遅さからようやく勝ち上がったばかりだが、デビュー以来7戦すべてで3位以内の上がりを使っているように今の東京は合うのでは。多少距離は忙しい印象はあるが、良いリズムで勝ち上がってきたので、ある程度の位置を取れるようなら強敵相手にも奮闘してくれそう]

 

東京12

⑮エピックアン

[強い関西に遠征、しかも実績のない距離で一番人気に支持された前走は謎すぎるが、鞍上人気もあったのだろうか。もともと脚質的に一番人気で買うには心もとないタイプなので、今回も過剰人気になるようだと微妙だが、東京1400~1600がベストの馬でこの条件変わりは大いにプラス。一年前にはこの舞台で現OP馬ミッキーワイルドの2着がある]

穴⑪モリトユウブ

[現級では通用していないが、2~3走前は0.5秒差以内で駆けており、条件メンバー次第では圏内があっていい。特に3走前はハイペース先行馬受難の展開で大バテしていないし、前走に関しては不良馬場で行き過ぎた影響もあるだろう。ハイペースでも先行できるスピードがあるし、もともとベストは1400mという馬だから、この条件変わりはプラス。間隔が詰まっているので中間の稽古は一本だがいい動き]

穴⑫ホッコーライデン

[順調に使えていればもう少し出世していたはずの馬。去年は2度しか使えず、今年2戦もさっぱりだが、前走でハイペースを演出する逃げを打てたことは前進。一度も逃げたことのない馬なので、松田騎手なりに次走以後に向けて何かしらの刺激を課したのではないか。この舞台の2走前は9着という着順ほど内容は悪くなかったし、前走が起爆剤にでもなれば]

 

 


最強競馬ブログランキングへ

土曜日の勝負候補馬

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。