狙い馬 競馬

2022.6.18(土)の狙い馬

スポンサーリンク

東京1

①オースピス

前走はスローで逃げながら3番人気5着に敗れたが、ハービンジャー産駒としてはペースを落とし過ぎて(テン36.4)の切れ負けか。直線入り口では追い出しを待つ余裕を見せて、本馬自身も34.8の上がりは使っているだけに、これは致し方ない敗戦かと(2歳新馬で飛ばしていくわけにもいかないので)。人気に推されていたように、稽古の動きは目立っていたし、今回も中2週ながらウッドで終い3Fから36.7-11.3ときっちり追ってきた。前走で先着を許した馬との対峙となるが、叩いて良さの出る重厚な配合、戸崎騎手への手替わりなども含めて逆転があっていい。

穴②ベルウッドミカサ

中1週の馬の中で今週の稽古の動きが最も良かったのが本馬。上積みは大きい。前走も上がりは使っているし、マイル経験を生かして食い込みも。

 

東京2

穴⑬ファイナルアンサー

 

東京3

穴⑨ペイシャクインビー

昨年暮れの新馬で2着していて3着馬には7馬身も付けていた。それだけ離された中からも③⑧着馬が既に未勝利を突破しているし、本馬もまともならすぐに勝ち上がれていいはずの馬。ところが2戦目以後は一戦ごとに着順を落とし、挙句の果てには15着の憂き目。ただ、ここに至るまでに一走ごと身体を減らし、調教もダートやポリが主体となっていた。少し間隔を空けられた2走前には14キロ体重を戻し、調教もウッド主体に切り替えて復調。この中間もウッドでしっかり終えており、今週の終い11.5は自己最速。これなら本来の力を発揮できそうだし、新潟から東京替わりではあっても粘り強い走りを見せてくれそう。

穴⑧ナンデフェスティブ

2走前、4走前には差のない3着。休み明けだが、2週続けてウッドで良い動きを見せており、先行しての粘りを警戒。

 

東京4

⑥サイルーン

デビュー戦は現在2戦2勝のサリエラに完敗も3着馬には6馬身差。2戦目は3着に後退も勝ち馬は昇級初戦で2着、3着馬は毎日杯2着で相手も強かった。能力は未勝利どころか上のクラスでもという良血。1週前、2週前の稽古内容も素晴らしく、今週は仕上がっているからこそ坂路で軽め。連続2着中のハイエスティームはいるが、頭まで期待して。

⑦タイセイエール

3走連続上がり最速。上がりの掛かる福島、上がりの速い新潟いずれでもこの脚が使えるのは強み。母も32秒台前半の上がりを繰り出す切れ者で阪神や中京といった坂のあるコースでも結果を出した。ドゥラメンテ産駒の本馬も東京替わりがマイナスになることはないだろう。

危険人気馬⑨ハイエスティーム

力は上だが、中2週で稽古が坂路59秒台1本だけなのは少し気になる材料。3着くらいに取りこぼすケースも想定して。

 

東京8

⑦シャーマンズケイプ

1番人気に推された前走はスローの前残りをほぼ最後方から。いくら最速上がりを使っても物理的に届きようがない。それに2走前に7か月振りを快勝した反動が出た可能性がある。それでも能力の高さは示したし、ガス抜きなった今回は戸崎騎手への乗り替わりもプラス。少頭数で今回も人気になりそうだが、それでもOP2着のキングズパレスもいて、多少は人気もばらけるか。前走で本命に推したキングズパレスは臨戦過程の良さを生かしての激走後で反動も懸念される(能力は上だが)。前走2着のカレンレベンティスやヒシシュスも、詰めの甘さもあって未だ現級にとどまっているという状況。本馬の単まで期待しての本命。

 

東京11

⑤アルドーレ

④アルーブルト

⑪ゲンパチルシファー

穴②アメリカンフェイス

 

東京12

穴③レッツリブオン

1勝クラスでもやれるはずの馬。近2走も自身は33.3、33.8の上がりを使いながら敗れているのだから、この馬としては上がりが速すぎるということ。マイル戦は1度走って3着だが、この距離ならもう少し好位置が取れそうだし、そこでいつも通りの脚が使えるようなら。

 

阪神1

⑦マッスルビーチ

 

阪神5

⑫ファントムシーフ

③ユハンヌス

②ダンツクリスタル

 

阪神8

⑬コンドンルージュ

強い時には強いが負ける時は淡泊な配合馬で、揉まれる枠だけが懸念だったが、揉まれなそうな外枠をゲット。それなら勢いに乗じて連続好走の可能性も十分。

 

阪神10

⑦イズジョーノキセキ

2走前は直線の捌きに不利さえなければ突き抜けていた競馬(勝ったヤマニンサンパも決してスムーズではなかったが)。2着エンデュミオンも先週現級を勝っているし、この3着は価値が高い。前走はまさかの最下位だが、これだけ走らなければむしろガス抜きになったのでは。なかなかメンツは揃ったが、5走前の当舞台でジェラルディーナに食い下がっての2着、エリザベス女王で5着の力はやはり3勝クラスでは上。前走1番人気からの人気落ちもうまみあり。

 

函館8

③メッザノッテ

近走は父産駒の苦手な阪神D1200ばかりを使われながら大崩れはしていなかった。それだけ力上位ということで、ところ変われば上位争い可能。

 

函館11

④メイショウエニシア

⑤ダークペイジ

穴③アラモードバイオ

 

函館12

⑬アウグスト

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑ブログからより推したい馬

 

noteも合わせてお願いします。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。