狙い馬 競馬

2022.5.21(土)東京・中京・新潟の狙い馬

スポンサーリンク

ブログの方はあまり深く考えず(人気等も加味せず)挙げています。

断然人気馬を挙げているケースもあるかもですが、ご了承を。

 

東京1

⑨レヴール

⑬ブロードリーチ

稽古はかなり平凡だが臨戦過程は一番。

⑧クインズステラ

兄弟はダートで3勝、2勝

 

東京4

③キーワード

前走はレース選択ミス。稽古の動きは上々で2走前の舞台に戻れば再び逃げからの粘り込みがあっても。

⑥アルバスドラコ

前走は初出走で強い2頭に次ぐ3着。血統的には中山向きだが、しっかり間隔をとって再調整してきたし、今回のメンバーならあっさりも。

④ミルヴィオ

稽古はそこまで目立たないが、血統、騎手からだいたい勝ち負けに持ち込みそう。

 

東京5

⑩ビーアンビシャス

 

東京10

②スリートップキズナ

昨年は3月から使われて月1~2回のペースで使い込まれながら最後の方は馬券を外すことなく最終的に勝ち切った。タフな叩き良化型で間隔の空いた前走で動き切れなかったのも無理はない。1勝クラス時代にメモリーエフェクト、ウインシャーロットらと差のない勝負ができていたようにその能力は2勝クラスでも上。2走前は昇級初戦をいつもより積極的に先行しての5着。普段通り差す競馬なら十分圏内もあったのでは?と思わせるほどだったし、クラス3走目の今回はそろそろ本領発揮があっていい。デビュー戦以来の1400mとなるが、その新馬を勝っているし、マイルだとどうしても最後に甘くなるので、案外距離短縮が良い方に出るかも。

①アラビアンナイト

東京コースはOPスイートピーSの2着を含めて①②②①③⑧着。8着は1800mの牡馬混合戦でボーデン、アンダープロットなど相手も強かった。その時に比べれば今回のメンバーは楽だし、最近は前にも行けるようになってきたので1400m変わりも悪くない。昨年東京1400mで2着した時の勝ち馬は現3勝クラスのレイモンドバローズ。

⑧ワザモノ

③カフェサンドリヨン

⑤ペイシャフェスタ

 

中京5

③デビットバローズ

以前から稽古の動きを評価していた馬。レースに行くと心身ともに幼い面があって物足りなさも残すが、それでも近2走は連続4着で未勝利突破の目途は立てている。当舞台と同じ前走は少頭数のスローにハマってしまったが、勝ったエイカイマッケンロが昇級戦で即2着、2着ショウナンアデイヴ(未勝利では抜けた存在)、3着インディゴブラックもダートで現在2勝、6着ノットゥルノもダート替わりで2連勝後に重賞でも2着。本馬もそこから充電を経てパワーアップが見込めるし、ここまで育ててきた松山騎手ではなく川田騎手を配してきたとなると出たとこ勝ちが期待される(中京4の1600mの方なら自信の本命だったが、メンバー的にはこちらの方が随分楽で)

⑧ダノンフロイデ

初戦はなだれ込んだだけに終わったが、稽古は動くしダノンキングリーの下という良血。今回のメンバーで福永騎手だとハナを切る形も想定されそうで、そうなれば馬券内も有望。

穴④ハイグッドエース

血統的にもレースぶりからも多頭数でタフな競馬向きだが、稽古の動きも臨戦過程もいい。メンバーも小粒だし、この馬が割って入ったとしてもおかしくはない。

 

中京7

②マッハモンルード

 

中京10

⑩ヴェルトハイム

 

中京11

ぼんやり定まってきましたが、当日まで検討します。Twitterで挙げるかもしれません。

 

中京12

⑥メイショウツツジ

前走は鐙が外れる不利で参考外。

③ディヴィナシオン

川田騎手だと変わる馬(先行できる)

⑧ファイアダンサー

⑨スキップ

⑩アビエルト

 

新潟3

⑬ホワイトガーベラ

⑥ルヴェルジェ

⑦ララペティアン

 

新潟5

⑤シエル

⑨メロウヴォイス

穴⑥タイセイエール

 

新潟7

⑥ゲイングラウンド

稽古だけ動けばあっさり合っていいぐらいの馬

 

新潟8

穴⑪ヴァルゴスピカ

昨年同時期のこの舞台で3着があり、その次のレースでは5着に敗れたものの勝ち馬との着差は0.2まで詰めた(都合この舞台では③⑤⑤着)。最近は中央場所をメインにして苦戦が続くが、それでもあと一歩で入着というレースは多いし、前走に関してはやや余裕残しでもあったろう。それでも3着馬とは0.3差だったし、今の状態で得意のローカル、相手関係も軟化するとあれば、十分通用して良さそう。ウッドを使わない調整方法ながら、ポリとダートコースで終い11秒台前半が出せているなら叩いての上積みも見込めそう。体は多少絞れて欲しい。

穴⑫テイエムハヤテオー

小倉で未勝利を勝った時が12番人気の激走で、その後3走続けて11着だった時にはやはりフロックだったかと思わせたが、近2走で③④着と好走し、ようやく常識に掛かってきた。とはいえ、これまで好走したのがいずれも4角先頭の時で、4角で2番手に下がった時点で着順も奮っていない。ここも行き切れるかどうかに掛かっている感はあるが、前走で逃げた馬は本馬の他に大外のドゥーベだけ(ドゥーベは1400mだったし元々逃げ馬ではない)。中間の坂路の動きがこれまでになく良い雰囲気で、例え逃げられなかったとしても揉まれない形なら好走があるのではと思わせる状態でもある。

穴③タマダイヤモンド

毎度のように淡い期待を込めて穴として推奨している。前走に関しては臨戦過程も良かったので、ついに行けると見込んでいたのだが、近走で最も着順の悪い14着。ただ、レースでは差し脚が持ち味だったこの馬が勝負どころから外目を回して勝ちに行く横綱競馬。この競馬で勝てるならとっくに馬券になっていたという騎乗だったので、大敗も致し方ない面もあった。それでも早めに動いた騎乗は馬の活性化に繋がった可能性はあるし、相手弱化のここで噛み合えば。

 

新潟10

⑥マイネルチューダ

穴⑨ミエノベルル

穴⑤クレイジーリッチ

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑ブログからはこの馬は買います

 

より力を入れているnoteも合わせてお願いします。

東京2.3.6.7.8.11.12

中京2.3.4.6.8.9

新潟9.11

を掲載しています。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。