2020.3.8(日)中山の狙い馬

2020.3.8(日)中山の狙い馬

お待たせしやした。まだ阪神、中京も残っているので、とっととアップします。今の時間配分からして、阪神、中京は手抜きになると思われますが、先ほどまでじっくりしっかりチェックしていたので、見解が薄くてもご勘弁くだされよ。土曜日も見解のない中京でもそこそこ来ていたからね。

中山2

⑫チートコード

[新馬2着したぐらいで稽古は動く。休み明けのダートも無難にこなしたし、叩いての前進が見込めるうえに母父バクシンオーなら距離短縮での上積みもあり]

②グレートコート

[ルメールならだいたい大丈夫と思った前走は結局外枠が災い。決め手はないが堅実味があるし、3戦連続の馬券外もない馬、今回は巻き返しの期待がかかる]

⑨スターファイター

⑩ブンロート

穴⑯サンドストーム

穴⑧スリーハーバー

穴⑤ネネサマ

 

中山3

⑦ジチュダケテソーロ

[稽古の動き優秀(調教師自ら騎乗)。具合の良さから前倒しでの出走というぐらいだし、若手調教師が今後の活路を見出すためにも無様な競馬はできない]

 

中山5

穴⑨ルカ

穴⑪ハラハラドキドキ

※軸はアルベロベッロで良さそう。

 

中山6

⑨ロンドンデリーエア

[臨戦も稽古の動きも良いが、このレースはパス]

 

中山7

⑮フジノタカネ

[メンバーが弱すぎてアテにならないこの手の追い込みタイプでも人気してしまうのは嫌な材料、稽古軽いのも少し気がかり。それでも短距離志向の強かった母からこの条件は合っているはずだし、まともなら圏内はと思う]

④ダウンタウンプリマ

⑫イサチルダイチ

穴①ギニー

[稽古の動きは通用級。中央時代は走っていない条件だし、このメンバーならあるいは]

 

中山8

①キタサンバルカン

 

中山9

②ホープフルサイン

[内枠でまずまずのスタートを切りながら消極的な競馬で持ち味を生かせなかった前走。それでも格好はつけたし、もともと条件的には今回の方が合う。今回も好枠を引いたし、両隣りの馬が後方タイプなので(ジョーマンデリンは出遅れ)、スタートさえ決めれば労せず好位を確保できるはず。そうなれば重賞以外は崩れていないこの距離でチャンスも十分]

⑬グッドジュエリー

[内枠なら本命だったが、この枠でどう乗るか。稽古や近走から本格化を感じさせるし、よほど不利な展開にならなければ上位に顔を覗かせると思うが]

③ジョーマンデリン

[近2走は出遅れが敗因だろう。落馬も含めて3戦連続ということでかなり重賞だが、稽古はしっかりやれているしゲート練習もしたとのこと。まだキャリア8戦で全く底を見せていないし、まともならこのメンバーでは上位争いできる馬]

穴①インスピレーション

穴⑤ショウナンアリアナ

※かなりの混戦でここに挙げるだけではとてもじゃないが収まらないがキリがないので。人気どころでは、ブライティアレディあたりは前走が内枠を生かした好走で中山も未知、ルメ人気を考えると旨味ゼロ。サンノゼテソーロはまだまだ伸びゆく器だと思うが、弱面の前走が楽に運びすぎたところが気になる(もちろん軽視はできないが)。

 

中山10

①デアフルーグ

[鞍上は休み明けでもOPでは負けられないと大口を叩いていた。休み明けで負けたのは仕方ないが、叩いた今回は言い訳がきかない。この枠で捌きがカギとなるが、重賞級の潜在能力を見せて欲しいところ]

⑦メイショウワザシ

[ハナを切れそうなメンバー構成。距離が長いと思われた前走でも格好をつけたし、適距離に変われば。稽古もかなり優秀]

⑪ハヤヤッコ

穴⑩クロスケ

 

中山12

④カルリーノ

[前走は外枠が致命的。1400mベストだがこの距離でも再三好走しているし、この枠もいい。最近の敗戦は臨戦過程の悪かった2走前を除けばほとんどが外枠でのもの。もともと重賞でも好走している馬でここでは地力が上]

穴⑧ヘイワノツカイ

[もともと素質のあった馬がようやく軌道に乗ってきた。前進気勢が出てきたのでこのコースにも不安はない]

危険人気馬⑦アビーム

※近2走推奨しているミモザイエローは中途半端にいい脚を使ったことで今回は人気?だとすれば全く妙味のないタイプに成り下がる。今回も人気にならないようなら狙ってもいいが、あまりにも極端な競馬しかしてくれないのでどんなもんか。

 


最強競馬ブログランキングへ

↑明日の勝負候補馬

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。