競馬

2020 ローズS 大穴予想

スポンサーリンク

ローズSは振り回していくことにした。

というのも今年のクラシック戦線はデアリングタクトは抜けていたけど、今回人気になっている他のクラシック組がどこまで強いものかと懐疑的に思えてきたから。

確かに紫苑Sではマルターズディオサが勝ったが、あの馬は阪神JF2着、チューリップ賞勝ちと列記とした戦歴がありながら5番人気に甘んじていた。

 

有力馬の死角

しかし今年の有力どころは…

 

フアナ

ローカル小倉の1勝クラスを勝ってきただけ。確かにデビュー戦でアドマイヤビルゴの2着、2戦目で現2勝ラブラルリナーレを下し、フローラSでもご存知の強さ、前走下したカレンシュトラウスも強敵だったと対戦比較からいえば、馬柱に現れない底知れない強さは感じるのだが、とはいえまだ1勝クラスを勝ってきただけの馬。ルメール騎乗は心強いが、裏を返せば過剰人気にもあり。前走の反動も気になるところ。

 

デゼル

デビュー戦、2戦目ともにセンセーショナルな勝ち方を見せたが、それだけに過剰人気しやすいタイプ。確かにキャリア1戦の身で挑んだスイートピーSでは、次位に0.7秒つける上がりを繰り出しての勝利とその能力に疑いはないのだが、とはいえそのレースはOPとはいえメンバー的にはいいとこ1勝クラスレベル。勝っているのでケチはつけられないとはいえ、その相手だからそんな競馬ができたと見てとれるわけで、まだこの馬の真の強さは明らかになっていないと見方も。

 

リアアメリア

本馬もデゼル同様にデビュー2戦の勝ちっぷりの印象が強いが、2戦目のアルテミスSは2着のサンクテュエールこそシンザン記念を勝ったものの、3着以下にクラシックに乗った馬は皆無。重賞とはいっても、その肩書を鵜呑みにするのもどうかという感じ。本馬の仕上がりの早さ、気の良さがいかんなく発揮されたレースといえよう。この2戦がなければ以後のクラシックでの走りは並の強い馬といったところ。オークス4着は評価できるものでも、相変わらず気性に不安を掲げる現状から、今回も折り合い重視で直線勝負。そんな馬を人気で信頼してもいいものか。最内枠も引っ掛かる。

 

クラヴァシュドール

この馬はサウジアラビアRCでサリオスの2着、チューリップ賞ではマルターズディオサと鼻差と早期から強いレースで上位争いをしており、勝ち味の遅さはあってもマルターズディオサに近い不当な低評価に甘んじている馬といえるかも。そして、週中の見解でも述べたが、オークスで最も不細工な競馬をしたのが本馬だと思っているので、今回に向けての臨戦的な上積みも大きい(今回デムーロが同じ早仕掛けをしたらガッカリだが)。人気馬の中ではこの馬を最上位評価。ただし、ハーツクライ牝馬が芝2000mの重賞を勝っていないという事実から2、3着かなという気もして、そういう人気馬を本命にするのもどうか?という気持ちもある。軸にはいいかもだけど…

 

リリーピュアハート

早くから福永騎手に見染められた素質馬という触れ込みも、現実には低レベルな(2着馬が1勝クラスで10着)ゆりかもめ賞を勝っただけの馬という見方ができてしまう。クラシックを狙う強い馬なら忘れな草賞を取りこぼすことはないだろう。まして2着でもなく3着完敗。オークスも出遅れなければ…という免罪符がついているが、出遅れなくてもどうだったかは分からないので、分からないことに対して過剰な期待をするのもどうかと。走る牝系だが、母系が重厚で高速決着向きでない印象もある。

 

といった感じで、あえて人気馬の弱点というか、そこまで強いのか?という観点から書き連ねてみた。

この5強の全て消えることはないだろうし、むしろこの5強のボックスで当たる可能性もある。

が、私はせっかくこうして人気どころの死角を突いたのだから、あえて穴馬から入りたいと思う。

 

穴の本命

本命は、

◎セウラサーリ

週中の見解では歯牙にもかけていなかった馬だが、死角のある人気馬の間隙を突けるとしたら勝って勢いのある馬からと思った時に本馬とシャレードが浮上した。

両者の序列はその勝ちっぷりの良さから。

同じく1勝クラスを勝ち上がってきた馬は、前述のフアナにシャレード、オーマイダーリン、シャムロックヒルなどがいるが、その着差はいずれも鼻クビだったのに対し、本馬は3馬身差をつける完勝。

離して勝てばいいというものでもないが、重賞を睨むなら1勝クラス程度なら離して欲しいという気もするし、とにかく前走の勝ちっぷりが良かった。

折り合いに難のある馬なので、これまでの戦績が不安定(だから今回も人気にならない)だが、当時は内枠を利してしっかり折り合いもつき、直線インを突く際に他馬とぶつかるようなシーンがありながらそれをモノともせず突き抜けた。これはメンタル成長の証といえるだろう。

 

サダムパテックやジュールポレールの下でもともと期待はされていた馬。フジキセキ産駒のサダムパテックは弥生賞を勝ち、菊花賞でも5着した。後にマイラーに転身はしたが、3歳同士の闘いなら距離は持つ。

セウラサーリも将来的にはマイルにシフトしていくのだろうが、1800mであれだけ強い競馬ができたなら今時期の2000mは問題ないとみる。

 

幸いにも内枠を引き前に壁をつくれそうな配置。

ハイペースはないだろうが、前走先行して勝ったフィオリキナリ、チャイカにシャムロックヒル、短距離でも逃げたエレナアヴァンティなどの参戦もあり、ちょうどよさげな位置に収まりそうな雰囲気もある。

好位の内で脚をしっかり溜めて、直線では前走で見せた抜群の瞬発力を発揮。

 

…という見立ては、想像するほど甘くはないだろうが、単36倍の10番人気なら夢を見ることはできるだろう。

 

◎セウラサーリ

○シャレード

 

シャレードについては前走の勝ち方が悪くなかったし、この舞台大得意のダイワメジャー産駒という点が推し。

 

ケフェウスSでもゲートでトラブルのあったメジャー産駒のワイプティアーズが、それまで見せたこともないような末脚を繰り出して3着に差してきたのを目の当たりにして父の舞台適性の高さを思い知った。

 

本命対抗とはいっても、この2頭の組み合わせを買うというよりは、この2頭と先ほどはケチをつけたがおそらく馬券には絡んでくるであろう人気馬を絡めて買う形。

 

人気5頭の中では最も評価したクラヴァシュドールと3頭のディープインパクト産駒(どれかは絡むはず)。

フアナはヒモまでの評価にとどめたい。

 

惑星として☆アカイイトも気になるが、ケフェウスSのハナズレジェンドの騎乗を見ると、藤岡佑介騎手に過渡の期待はしづらいか。ただ、無欲の追い込みという目も…ないか(笑)

 

以上、夢見る振り回し予想でした。

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

今日はこれから秩父の山奥へ。

帰宅も遅く、まだ月曜日分は何も準備ができていないので予想アップができるかどうか…

そこで良かったらポチッと応援ボタンでモチベーションアップにご協力くだされ。

ランキング欄には気になる穴馬を何頭かピックしておきます。

 

スポンサーリンク

-競馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。