競馬

2020 フェブラリーS 臨戦過程評価

スポンサーリンク

恒例の臨戦過程評価。

先週の週初めに挙げた京都記念出走馬の臨戦評価の結果はツイッターで記した通り、おおよそ方向性は間違いってはいなかった感じ。

共同通信杯については、2歳戦でキャリアも浅く、臨戦だけの評価は難しい面もあって(また少頭数だと臨戦云々とは別の要素が働きそうでもあったので)あえて挙げなかったが、それでも臨戦過程の良かったビターエンダーとダーリントウホールを◎▲として、臨戦自体は可もなく不可もなくでもマイラプソディは別格扱いで対抗〇(臨戦はともかく、あの馬はこれまでの前半の安全運転のレース振りと、それに輪をかけてそういう騎乗に固執する鞍上に一抹の不安があったので)。

フィリオアレグロは臨戦自体は可もなく不可もなく(マイラプソディよりはやや上)といった感じだったけど、さすがに未知すぎる馬で2番人気は妙味がなかったのであえて印は打たなかったもの。総じて自分の中ではこちらの臨戦評価もまずまずだったかなという感じ。

 

そして今週からG1。去年の秋はこの臨戦過程評価がかなり好成績を収めた。

G1レースのように力のある馬の集う多頭数のレースはより臨戦過程が重要になってくる。

臨戦過程で評価付けをした後に、枠、追い切り、人気、他者の予想、陣営のコメントなど、あらゆるファクターを加味した上で最終見解を出すのだが、あれこれとこねくり回すよりも、余計なことを考えずまっさらな状態で導き出した臨戦過程オンリーの方が、案外アテになる節もあった。そういうことも自ら肝に銘じつつ評価していきたい(だいたい途中で情報過多になって惑わされるからねぇw)。

 

アルクトス(→)

インティ(↗)

ヴェンジェンス(↘)

キングズガード(→↗)

クリノガウディー(→)

ケイティブレイブ(→)

サンライズノヴァ(↗)

スマートアヴァロン(↘)

タイムフライヤー(→)

ダノンフェイス(→)

デルマルーヴル(→↗)

ノンコノユメ(→)

ミューチャーリー(→↗)

モジアナフレイバー(↗)

モズアスコット(↘)

ワイドファラオ(→)

ワンダーリーデル(→)

 

今日は月曜日につき、入れ込みすぎず単純な評価だけ。

これを元に今週を通していろいろ肉付けしながら予想を楽しんでいきたいと思う。

案外、何も肉付けしない方がいいかもしれないという話はここでは脇にのけといて。

だって、予想することが楽しいわけだから。

ま、基本的には上向き評価の馬が本命になるんじゃないかな。

私自身、まだな~んも考えてはいないけども。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

ざっと特別登録を見渡した時に直感的にいいと思った馬を挙げておくので、今週もどうぞよろしく。

 

 

スポンサーリンク

-競馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。