狙い馬

2020.1.25(土)小倉の狙い馬

スポンサーリンク

小倉1

穴①フェールアシュバル

[母の中央唯一の勝利がD1000m。姉ラインカリーナがパイロで長めの距離をこなしているのも不思議だが、本馬の気質とレース不利からこの条件は合いそう]

穴②ディーカラーズ

小倉2

⑧オメガドラゴン

小倉3

穴⑰ポーカークイーン

[前走は京都1200ながら4角16番手の馬が勝つ追い込みの流れ。逃げた本馬は当然きつかった。2走前はダートで度外視できるし、稽古だけ見たらあっさり勝っておかしくない]

穴⑦メモリアルクイーン

[本馬も前走のダートは度外視。初戦はマイルの重馬場をハイペースで先行して失速したが、2番人気に支持されていたように稽古は目立っていた。今回と同距離の2走前で前進したように平坦芝1200mなら見直しても]

小倉4

⑥アイロンワークス

[先週のウッドで抜群の動き。前走人気薄で3着後というのは人気的に微妙だが、脚力は未勝利にいる馬ではなさそうだが]

小倉8

④カルロスミノル

[未勝利を5馬身差で圧勝した馬で当時の走りを再現できれば1勝クラスもすぐに勝てそうだが。休み明けの前走で先行できた点は収穫。稽古も甘く+18だったことを思えば叩かれての上積みは大きそう]

小倉10

穴⑧レジェーロ

[新馬で小倉2歳2着のトリプルエースと鼻差。2戦目で後続を6馬身離した脚力はここでも上。休み明け後はひと息の戦績が続いているが、立て直し効果に期待]

穴⑩メイショウマサヒメ

[前走は反動、展開の二重苦による敗戦とみたい。その中間の稽古の動き自体は1勝クラスでも通用する内容だったし、芝でも2着2回があるように適性がないとは思わない。全姉メイショウスイヅキがこの舞台のデビュー戦を楽勝していることも後押し材料]

小倉12

穴⑪ヤップヤップヤップ

[昨年夏の使い詰めの反動か、休み明け後は稽古からして全く調子が上がってきていないが、ひとまくりで後続を5馬身離した走りはかなりのものだったし、復調なればこのクラスでも上位の力がある。相変わらず稽古は凡庸といえば凡庸だが、もともと目立つ時計を出す厩舎ではないし、今まで馬なりだったのを2週続けて一杯で追ってきたこともいい方に出れば。馬体は絞れないと]

穴⑤ソイルトゥザソイル

 

 


最強競馬ブログランキングへ

 

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。