狙い馬

2020.1.13(月)中山・京都の狙い馬

スポンサーリンク

今日は正直やりたいレースがそこまでなかった。そこそこやりたいレベルのレースは結構あったのだが、腰を据えて買えないのなら無理して買うほどのレースでもないといったのが多く、だったら1レースに資金を集約してしまおうと思った。今日の資金は1万円。

迷ったのは京都3のトロイカ(8番人気)、京都7のショウナンアンビル(11番人気)だったが、いずれも1万円を託すほどの自信は持てずパス。

そして、そのいずれもが人気以上の頑張りを見せながら僅差の4着という非常に無念の結果。予想を出している身としては買っていなくても無念なのだが、買っていたらゼンノジャスタの悲劇再びであったろう。

この時点で勝負レースはまだ来ていなかったので、これはレース選択は間違っていないぞと前向きに捉えていたが、その勝負馬券はこちら。

依頼している馬券なのだが、写真がいつも下手(笑)

でもって、この馬券は勝負といいながらも弱気なワイドだが、7番人気の馬からいっているのでやむを得ないだろう。

して結果は…シンザン記念のヴァルナ…5着。。。チーン

ブログでは更に人気薄のコルテジアも挙げていたので、ワイドのニコニコパターンにしていれば…といっても後の祭り…(でも、ブービー人気のコルテジアをピックできたのはせめてもの救い)。

まぁでもどのレースを選んでいても、結局今日はダメな日だったと諦めがついたし、福永騎手の騎乗もこちらの想定通り、4角では一瞬もらった!と楽しませてもらったので、まぁしゃーないかなと。

正直明日もそこまで入れ込むレースはない。競馬は来週もあるので、明日は控えめにしようと思う。ピックした馬たちもそんなテンションなのでご了承を。

中山7

穴⑬アイムソーグレイト

中山10

①アーバンイェーガー

[左周りを中心に使われている馬で、中山の当コースでは下のクラスでも大敗。距離も1400mがベターなのは戦績からも明らかだが、周りに関しては阪神でも勝っているのでこなせるはずだし、近3走がOP重賞でも通用するような面々を相手にしていたことを考えると今回のメンツは楽。極端な枠に入ってしまったが、鞍上の手腕に期待]

⑦クインズラミントン

④リュウノユキナ

危険人気馬⑨サザンヴィグラス

中山11

穴⑨ウインドラブリーナ

[重賞とは名ばかりの500万級の重賞。未勝利を勝ったばかりの本馬でもそこまで臆することはないし、勝ち上がったレースが牡馬相手のマイル戦であれば尚更のこと。その前走は、その後の他馬の戦績からレベルは低かったが、大外枠から好位につけて抜け出す好内容。2走前は後方から差す形でも好走しているように自在味もあるので、トリッキーな中山マイルにも対応はできそう。あとはこの馬一頭のみ騎乗の鞍上が、普段乗りなれていないこのコースでどんな捌きを見せられるか。全く人気のない穴馬だけに全てがうまく絡んでギリ3着があるかどうかというところだが、馬のリズムは悪くないので一発に期待]

穴⑧チューンオブラブ

中山12

④ラヴィアンレーヴ

⑥スマイル

穴⑤マイネルミュトス

 

京都1

穴①ヒロシゲサンライズ

京都5

穴⑧ワールドスケール

[この中間の稽古は軽めだが、デビュー時は新馬勝ちできるレベルの動きをCWで披露していた。レースは流れに乗れず、4角も絶望的な位置取りだったが、33.5の上がりを使ってよく差は詰めた。距離が延びるのはプラスになりそうだし、叩かれてのもう少しスムーズな競馬ができるようなら]

穴⑩メイショウミモザ

[母メイショウベルーガの子はいずれも能力は高いが勝ち味に遅い。本馬はハーツクライ産駒だけに尚更その傾向が強いよう。それでも稽古の動きから能力は確かだし、血統的に距離が延びるのはプラスのはず。今のタフな馬場もありそうだし、もうワンパンチが利いていい]

京都6

②ハイアーグレード

京都7

穴⑥グラウクス

穴⑬ハッシュタグ

京都9

⑧ピエナミント

[前走は勝ったドナウデルタを筆頭にハイレベル。2、3着が次走を勝ち、4馬の本着以下の5、6着馬も次走で2着。距離的に忙しいきらいはあるが、能力の高さは折り紙付き。流れに乗った騎乗に期待]

⑦ヴォイスオブジョイ

[このクラスでも通用することを示した前走。前走の方が臨戦過程は良かったが、川田騎手が継続して乗ってくるということは脈があるということ。前走よりも位置取りに工夫が見られそう]

穴④シュエットヌーベル

穴⑨ウィズ

穴⑫セプタリアン

危険人気馬⑤キャスパリーグ

京都10

穴⑩ドリームソルジャー

[この舞台で1000万条件を勝ったレースが印象的。終始最後方から余裕綽々での差し切りがちで、この舞台の適性の高さをうかがわせた。実際ドリームジャーニー産駒の当条件の複勝率は41%以上。さすがにこのクラスまで上がると楽ではないレース続きだが、それでも常に上位の上がりを繰り出して差のないところまで詰めているし、ハイパフォーマンスを見せた舞台に戻ればあと一押しが利いてもいい]

京都11

⑮スズカコーズライン

[稽古は相変わらず絶好。OPでも通用するところは示したし、阪神から京都に変わってもうひと粘りがありそう]

穴②ナムラミラクル

[完全にリズムを崩してしまったが、本来は重賞でも上位争いできる力のある馬。半信半疑ではあるが、自身が乗れない間でも稽古はつけてきた藤懸騎手に手綱が持っての一変がないか]

京都12

穴⑥モイ

 


最強競馬ブログランキングへ

明日はこの馬あたりから。

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。