競馬

今週の託し馬

スポンサーリンク

Twitterでツイートもしたけど、今週の勝負馬は土曜札幌9R(利尻特別/芝2000)のダノンセレスタ。

特別戦をチェックした限り色気のある穴馬もいないし、堅めのところでもきっちり仕留めたいところ。

 

この馬は前走ルメール騎乗で1.7倍の支持を集めたが、よもやの4着に敗れた。

ルメール騎乗でなければ2倍はついたかもしれないが、いずれにせよ物足りない一戦ではあった。

 

ただ、この馬の戦績を振り返れば、未勝利を勝つのに5戦も要した叩き良化型。

しかも、その5戦のうち、フルゲートの多頭数が3戦、残り2戦は少頭数だが、ペースはミドル以上。

ここからタフなレースに強い特性を持つ馬だということが分かる。

 

それが前走は、8頭立てでペースも調教かと見まがうほどのスローペース。

これでは持ち味が活きようがない。

 

少頭数で相手が弱ければあっさり勝てるものではないのが競馬。

その馬に合った条件でなければ、あっさり取りこぼすこともあるというものだ。

 

それでも3着には残してよ、というのがこの馬を買っていた者からの怨嗟の声だろうが、自身は35.0秒の上がりを使っていた。

この上がりというのは、実はこの馬が未勝利を勝った時の自身最速上がりなのだ。

 

過去に上がり勝負で結果を出しておらず、叩き良化型の休み明け。

さらに青葉賞では熱中症を発症していたともいう。要は病み上がり。

しかも、最終追い切りの終い1Fは、一杯で13.8秒のていたらくであった。

これで1.7倍で買うのはかなり微妙。

 

終わった今だから言えるとも言えるが、私はこの馬を青葉賞で本命にした経緯があったので、復帰戦の前走も注目していたが、上記の諸々を考慮してブログでは触れずにおいた(そもそも断然人気馬を挙げてもというのもあった)。

 

この馬が新馬、未勝利で戦ってきた馬は下記の通りだ。

新馬戦 バルトリ(現2勝)

2戦目 ヴァルコス(2勝+青葉賞2着)

3戦目 ウインアステロイド(1勝クラスで3着)

4戦目 アイアンバローズ(現2勝)

5戦目 下したビートオンビート(2勝+2勝クラスで2着)

 

ほとんどが1勝クラスを勝ち上がっている。

⇒相手関係合格

さらに、

休み明け⇒叩き2戦目

少頭数⇒中頭数

と後退要素は皆無。

 

今週の追い切りで、馬なりで終い12秒台をマークしてくるようなら更にいいね。

唯一とも言える懸念材料は、先ほども言ったように上がりを使えない点。

札幌は函館以上に上がりを要求される。開幕週なら尚更だ。

しかし、メンバーを見渡すと、近2走で最速上がりを使っているのは、力の劣るエフティーイーリスのみ。

上がりの使えない馬たちの集まりとなりそうなメンバー構成なら単純に能力比較で良い。

それに上がり勝負が苦手な馬といっても、8頭立てだった前走のようなことはないだろう。

 

鞍上はまだ確認していないがルメールが継続なんだろか?

だとしたら、今回も人気にはなるだろうが、先週の絶対馬だったメイショウミモザ1.5倍のようなことはないだろう。

その分、メイショウミモザほどの自信はないといえばないのだが、これまで述べてきたように理詰めで考えれば後退の要素は少ない。

いくら誰でも分かる人気馬といっても、自分の中で納得できる条件が揃わければ買う価値はない。

 

まぁ叩き2戦目で良くなると見せかけて、案外次も人気を裏切る…なんてケースも往々としてあるものだが、追い切りで明らかに素軽さを増しているようなら大丈夫かな。

何しろ私はこの馬の素質を買っていて、今回勝ったら8月16日の藻岩山特別(芝2000)でも買おうと思っているぐらいなのだ。

そんな感じ。

こうして1番人気馬を推奨することは、予想家にとってはリスクしかないのだが、まぁ今週は重賞もないし(アイビスは私の中では予想するほどの重賞ではないので)、他に検討するものがないのでね。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

今週は、寂しい2場開催で小休止の週といった感じだけど、何とか平場の中からいい馬を見つけたいね。

それか、無理して買わないのが本当にベターかも。中京記念、函館記念をパスして改めてそう思ったよ。

そんなこんなで今週もよろしゅう頼みます。

 

スポンサーリンク

-競馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。