未分類

2020.5.3(日)京都の狙い馬

スポンサーリンク

京都3

⑭ダブルアンコール

[前走は臨戦過程悪く個人的にも軽視したが、それでも4着に踏ん張るあたり未勝利では能力上位。想定では土曜の1400mに名前があったが、前走で甘さを見せたマイルに再び使ってくるのは相手関係を見極めてのこともあるだろうが、そもそもジェンティルドンナの全妹ならマイルが持たないはずもなく。ノーザン系クラブ所属なら、本来この良血にまたがることはない水口騎手、3度目のチャンスを得て今回は決めたいところ]

②メイショウケアラシ

[稽古の動きはダブルアンコールを凌駕する。能力を感じる馬でこれまでの着順通りに評価して良さそう。ここも普通に好走してくるだろう。ダブルアンコールの騎手を不安視するならこちら本命でも。逃げ差しいずれでも好走できているのも心強い]

穴⑩マルタクロス

[前走は先行して垂れたが、休み明けだったし、先行力には見どころがあった。前走時も坂路で51秒台を計時するなど能力の片鱗は見せていたが、この中間も2週連続好時計をマークして上積みを感じさせる。京都に変わるのは悪くないし、今回はもう少し粘りがあっても]

⑦グレースオブナイル

[前走時は臨戦も枠も良くなかったので7着も仕方ない。今回も決して臨戦は良くないのだが、スピードがあるので自分で形を作ってしまえば残り目があっても]

穴③ミキノイチゴ

[先週のウッドで終いは一杯ながら5F64秒台を計時。それなりの脚力はありそう。軽い馬場適性は微妙だが、2走前の末脚は光ったし、展開が流れれば差し込みがあっても]

穴⑯グランレミー

[芝マイルは2度走っていずれも5着。特に前走は最速上がりを使ってのものだけに適性は高そう。本馬も京都より阪神ベターという感じはするが、ミキノイチゴ同様に差しの向く展開になればの穴]

 

京都4

穴⑩ストリクトコード

[前走時は追い切りの動きと相手関係から自信を持っていたが、蓋をあけてみれば全く行き脚を見せず最後まで見せ場なし。3番人気の馬としては出走させてはいけない出来にも思えたが、それでも再び連闘で挑んできた。これで前走と同じような走りをするようだと厩舎の判断を疑うところだが、向こうもプロ。こちらとしても出てきた以上、もう一回狙ってみたい。おそらくメンバーレベルを鑑みての出走だと思うが、確かに少頭数は競馬がしやすそう。以前ウインサンフラワーにも先着しているし、前走以外の成績ならここでも上位]

穴⑪ヒルノアントラ

[もともと芝2000mでデビューしたぐらいの馬だし、さすがに前走のD1200mは忙しい。ただ、その経験がここではスムーズな先行策に繋がりそう。ダートだと節で出走できないために、もう一度頭数の少ない芝を試そう的な(さほど前向きではない)出走であるとは思うが、ノリ騎手なら面白い競馬を見せてくれそうで]

 

京都5

①マイネルホイッスル

[臨戦○]

穴⑧ルガーサント

[稽古○]

※人気先行ファーストフォリオだが、身の丈にあった条件を使ってきた今回は軸としては無難だろうか。それでも、この条件のフルゲートは一筋縄ではいかず、かなり難解。挙げた2頭も積極的な推奨というよりは、ヒモ穴にどうぞという感じで。

 

京都7

⑨ジャミールフエルテ

[2走前は出遅れて競馬に参加にできず大敗も前走は番手からの正攻法で勝ち馬から0.2秒差。6着だが中身はあったし、ダート適性も見せた。稽古の動きは1勝級とは思えないし、なぜかこのレースは一流どころがデムーロだけ。その点も味方につけて]

⑦ドラセナ

[前走時ウッドで5F63秒台を計時するなど調子は絶好と思えたが、レースにいってのジリ脚は変わらず。それでも近2走はハイペースを先行しての敗戦で、負けて強い競馬ともいえる。中1週ということで今週の稽古は終いだけだが、併せ馬を大きく引き離したように相変わらず調子は良さそう。少しでもペースが落ち着けば粘りこみがあってもいいと思うが]

⑧タガノゴマチャン

[前走はこの馬としては前付けの形で終いを失った。それでもそこまで差はなかったし、このところ安定して力を発揮できるようになっているし、今回はもう少し溜めることも示唆しているので、本来の末脚を使えれば前進があっていい。3キロ減も魅力]

 

京都9

⑤ヤマニンペダラーダ

[近走は馬券に絡めていないが、この馬なりに脚は使っているし、極端な衰えは感じない。この条件は逃げ先行有利だが差せる馬場になってきているし、逃げ先行も多い今回は直線の捌き次第では上位争いしてもいい。人気で買うにはリスクの大きすぎる馬だが、現状10倍以上ならリスクを冒すリスクはある。物理的に前が壁になるデメリットはあるのだが、フルゲートでペースが流れそうな方が本馬には向く]

⑨フォレブルート

[稽古はいいし、この舞台の父産駒の複勝率も優秀。休み明けで人気なので妙味の面で本命はないが、無難に対抗に。無難すぎるか]

穴⑬イルヴェントドーロ

[前走は立ち遅れはあったがペース自体はスローなのに失速。小倉⇒阪神替わりが堪えたか。平坦京都変わりはプラスだろうし、スムーズな競馬ができれば(ただ、ロードアクアなどもいて甘い展開にはならなそうだが)]

穴⑦メイショウツバキ

穴⑪ディアボレット

危険人気馬②トンボイ

 

京都10

穴⑤イモータルスモーク

[兄インディーズゲームはD1400mで2連勝し、古馬になってからは1200mで活躍した馬。本馬の父もスピード優位のタイプだし、ここは格上げ挑戦となり相手は強いが、絶対的な存在がいないことも確か。前走は休み明け、立ち上がるようなスタート、距離を加味して都合よく度外視。あくまでも(大)穴の位置づけ]

 

京都12

穴⑦タガノプレトリア

[どんな形でも能力を発揮してきた近走の安定感は昇級でも通用する。父産駒の当舞台の成績もいいし、不安は初騎乗の鞍上くらいか。その分人気が落ちると思って果敢に本命視]

⑮ヒルノサルバドール

[以前のアテのなさが鳴りを潜め、ここ最近の充実している。前走は負けて当然の臨戦で私は一番人気でも評価していなかったが、3着馬とタイム差なしまで詰めたところが今の充実ぶりを表している。3走前の先行抜け出し、2走前の追い込みと自在な競馬ができるようになっているのも強み。除外もあって組みしやすいメンバーになったことも味方]

穴⑪スペクター

[母は1200mで3勝を挙げた短距離馬だし、母母テンザンストームも1400mでタイキシャトルを下した快速馬だった。本馬はこれまでのレース振りから1400mは忙しく映るが、潜在的なスピード能力は高そうだし、流れがハマれば一発があっていい]

 

 


最強競馬ブログランキングへ

そろそろ結果が欲しい馬

 

天皇賞は福島をアップ後に改めて予想。しかし12時までに寝ないといけないから時間がない…

 

スポンサーリンク

-未分類
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。