競馬

2020 皐月賞 臨戦過程評価

スポンサーリンク

皐月賞は見るレース、いわゆる馬券を買わないレースになりそうなのでスルーしてきたが、ご要望もあるので臨戦過程(のみ)評価を進めよう。のみと強調したのは、あくまでも私独自の臨戦過程だけの評価で、枠順、調教、その他の要素はほぼ外しているから。

ただ、今年は臨戦を評価しにくい馬が多く(休み明けなど)、それが人気馬ばかりだったので余計にスルーしたいと思った次第。

ちなみに桜花賞は、4頭だけ臨戦過程を↗(上昇)評価として、そのワンツー決着だったが、結果として1、2番人気だった。OP特別からと前哨戦で敗れた馬の臨戦なら、例年は1、2番人気になることはないように思うのだが、馬券購入者の目が年々肥えてきているようだ。

 

さて、今日は出勤なので(この記事は早朝作成)、御託を並べずとっとと評価をしてしまおう(条件馬を除く馬番順)。

 

コントレイル(→↗)

[休み明けで厄介なパターン。ただ、前走時よりは良い臨戦。前走は→の評価だったので、それで楽勝したということは今回も問題なしとなるが]

 

レクセランス(↘)

 

コルテジア(↘)

 

サトノフラッグ(→↘)

[同じく弥生賞を勝ち、ルメール騎乗で皐月賞は6着に敗れたサトノクラウンと似たイメージの臨戦。サトノクラウンよりは悪くないがどう転ぶか。この臨戦で勝ち切ったら相当強いが、私としては3着ぐらいかなと。臨戦とは関係ないが、追い切りは素晴らしい]

 

サリオス(→↗)

[休み明けの厄介な馬。しかも初距離。それでも、コントレイル、サトノフラッグとの3強の中では一番マシな臨戦だとは思う。レーンもわざわざ来日したしねぇ…って臨戦過程で占えないから他の要素で検証したくなってしまうねw]

 

ブラックホール(→)

[この馬は札幌2歳Sの時が一番いい臨戦だったね(もちろんその時は推奨していたよw)]

 

クリスタルブラック(→↘)

[ひと叩きしていればオースミブライト(古っ)みたいなイメージで狙えたんだけど、ちょっと異端パターン過ぎて判断できない。常識的には厳しいと思うが]

 

マイラプソディ(→↗)

[臨戦的にはそこまで悪くないが、この馬は鈍足すぎるのが…。どこまで追走できるかがカギ。追走ままならず直線だけちょろっと伸びてくるのか。スワーヴリチャードみたいに捲り気味に押し上げれば、ダービーではそれを糧にいいところがあるかも?]

 

ダーリントンホール(→↗)

[臨戦的には悪くないが、前走はルメールマジックもあったし、そのルメールが初騎乗の他馬に乗るとなると…]

 

ラインベック(→↘)

 

ガロアクリーク(↘)

 

ヴェルトライゼンデ(→↗)

 

ビターエンダー(↘)

 

以上、ちょいちょい臨戦以外の一口メモも入ってしまったけど、矢印評価は臨戦に関してのものなので。

完全な上向き評価(↗)が1頭もいない大混戦。それだけ判断も難しく今回の臨戦はあくまで検証のためといった意味合いが強いかな。(→↗)は5頭いるけど、これらがどんな走りをしてくれるかに注目。個人的にはコントレイルもサリオスも好勝負しそうに思うし、堅めの決着だと踏んでいるんだよね。だから余計にやる気がしないんだけど。

G1だからって無理に買う必要はないからね。G1だからこそ見ているだけで楽しめるし。まぁ100円でちょびっと買うのは全然ありだし、予想自体が楽しいから、この後も引き続き検討はするけど勝負は他のレースにて。それらの見解も今日中にアップするので、またご訪問ください。

 

では、出勤準備開始しますわ。

電車空いているといいな~(空いていたら競馬新聞広げ放題だから←そっちw)

 

 


最強競馬ブログランキングへ

更新のモチベアップのためにポチッとしていただけるとありがたいです。

 

スポンサーリンク

-競馬
-, , , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。