狙い馬

2020.4.5(日)阪神の狙い馬

スポンサーリンク

土曜の阪神ではやられたよ。

絶対の自信馬パーティナシティからの勝負。

一倍台の人気だから誰もが来ると思っていたのだろうし、本来この手の断然人気馬はあまり買う気はしないのだが、相当な確信があったのと、2番人気のセカンドエフォートが怪しかったので、組み合わせ次第では美味しいかもしれないぞと。

果たして人気に応えてあっさりパーティナシティが勝利を納めんとする影で、断然の2番人気だったセカンドエフォートは勝負どころでの反応が悪く、これは大魚をせしめたり!と直線半ばまでは思っていた。

なにせ、馬連、馬単、3連複、3連単などあらゆる券種で勝負をかけていたんでね。11頭立てだからほとんどの馬を買っていたし余裕ですわ。

 

…が、しかし、その余裕は続かなかった。

直線でアナウンサーが「ミスターウインディが追い込んできた!」などと叫んでいる。

ん?ミスターウインディ??

なんか、聞き覚えあるぞ。なんだっけ…

あ、そうだ、11頭中ただ1頭一銭も買わなかった馬だ…

余裕が一転、や、やめろ、やめてくれーーー!の阿鼻叫喚に変わったね(笑←その後、最終で挽回した今だから笑えるが)

いつもなら大幅に条件を変えてきた馬(D1900→D1400)は必ず買うんだけど、今回は買えんかったなぁ…。

235倍というオッズのマジックにハマってしまったな。そんなオッズの馬が来るとは思えないもんな。

オッズを見ていなければ、11頭立てだし買っていたかもしれないけど…。

ま、何にせよ、圧倒的な最低人気馬が2着に来ちゃうんだもんな。競馬って本当に難しい、そう痛感させられた一戦だったよ。

 

ってなわけで、日曜日は勝負レースをきっちり射止めたいもんだね。

 

阪神2

⑯ワイドカント

[新馬戦で上級クラスでも活躍するアメリカンシードと差のない2着したほどの馬。2走前はハイペースが堪えたが、前走のダートの走りは悪くなかった。スピードがあるのでこの距離短縮も有効だろう]

⑧キタサンロッキー

[スローで先行してあっさり垂れた前走に4着というほどの価値は感じないが、レースセンスはありそうだし、今回の舞台も悪くないのでは。この舞台で武豊騎手は複勝率40%超と騎手の相手関係にも恵まれた点もプラス]

⑦グラフェン

[血統的にはとうていダートの短距離向きとは思えぬのだが、坂路でのスピード優位の動きをみると案外合っていそうな気も。母は1200mで勝ち上がっているのでそちらの血が強いのかも]

危険人気馬③モズナガレボシ

 

阪神3

穴⑫ユウゲン

[稽古はそれなりに動く。兄2頭はいずれもダートで活躍。それぞれエンパイアメーカーとシンボリクリスエスなのでダート志向が強いことは確かだが、カナロア産駒もダートはこなすので]

穴⑪エイシンファイター

穴⑯オルガンザ

 

阪神4

穴⑫クレイス

[血統的には単距離向きだが、レース振りを見るとスピード不足で距離が伸びた方が良さそう。稽古の動きはなかなかで変わり身があってもいい]

 

阪神5

穴⑪ハンメルフェスト

[ダートでは4着以下のない馬で2走前で下した2、3着馬もすぐに勝ち上がっている。若葉Sで負けるのは当然といった感じだし、これで人気が落ちるようなら穴で面白い]

 

阪神7

⑩ピアシック

[前走は戦前から仕上げ一息とのことだったし、それでも前残りを5着まで押し上げたのが能力だろう。叩いた今回は変わってくるだろうし、だとすれば、3、4走前の走りを見直したい]

⑮アイアムハヤスギル

③カーンテソーロ

穴⑦レッドシャーロット

 

阪神8

穴③アリア

[ダートは2戦して一度は休み明け、前走は距離が長い上に展開も厳しかった。いずれもダート適性がなくての敗戦とは思わないし、今回はベストに近い距離。現級で2度の2着もあり、差す競馬もできるのでこの枠でジッと脚を溜めて]

穴②ププッピドゥ

穴⑤キコクイーン

 

阪神9

④コウエイダリア

[現級で3着5回。どんだけ頑張っても3着までともいえるが、今回は前走できつい競馬を経験したことが生きてきそう。その前走はハイペースで逃げたセラピアの番手を追走して大敗したが、勝ったセラピアは潜在能力だけならOP級の馬。それを追いかけては苦しい。やはりこの馬は溜めを利かせた方が良さそうだし、今回は内枠でそういう競馬ができそう(前走は大外枠)]

⑪ナンゴクアイネット

⑫キャスパリーグ

危険人気馬⑩ヴェルスパー

 

阪神10

③ゴータイミング

[前走は逃げ先行馬の行った行ったにハマったもので、自身の上がりは使っている。当時、かなり素晴らしい追い切りを課していただけに、6着という戦績にはがっかりしたが、武豊騎手はこの手の馬は型にはめた競馬しかしないので、少頭数では一抹の不安があったことも確か。今回はフルゲートかつ、直線だけでも差し切れる条件。能力は重賞級と思っているだけにそろそろ勝ち上がりたい]

2エングレーバー

[前走は馬場が相当悪く、直線を向く頃には戦意喪失。良馬場なら間違いなく勝ち負けできたと今でも思っているだけに、ならば改めて狙うのみ。ただ、川田騎手が乗らなかったのがどうか]

⑯ボッケリーニ

[その川田騎手が選んだのがこちら。奥手だったラブリーデイの全弟ということで大切に育てられ、まだキャリアは6戦。前走は反動もあったろうし、3勝クラスの中でもかなりレベルの高い一戦だった。伸びしろは相当だし、臨戦的にも前走以上]

穴⑦ハナズレジェンド

 

阪神12

穴③デンバーテソーロ

穴⑦スズカフェスタ

穴⑤アスターソード

危険人気馬⑫ヒルノサルバドール

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑明日は阪神に楽しみな馬が多い。

なお、大阪杯はやる気なしです(笑)

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。