2019.11.23(土)京都

NO IMAGE

更新遅くなりやした。ドタバタした中で見解も薄くなってしまったけど、予想自体は昨日、湯舟の中でしっかりやったからね(笑)。 とはいえ、京都も勝負というよりは日曜日に向けて軽めにかな。マーフィー旋風が吹き荒れそうな予感もあるね。   京都1 ⑦カモンベイビー 〔前走は強い勝ち馬を追従して苦しくなった形。スタミナに乏しい母系で兄もD1200mで新馬を勝っているので、この距離に変わるには良さそう […]

2019.11.23(土)東京

NO IMAGE

今週は週中になかなか時間が取れず今日の見解書きはちと苦労した。それでも積極的に買いたい馬がいればまだいいものを案外いねーんだわ。しかも雨だし。 それでもブログを新装開店した早々メイントピックであるこの狙い馬の更新をおろそかにしては本末転倒ってことで、とりあえず能書きは垂れてみたよ。ただ、書きながらも多少こじつけくさくないか?と自分でも感じたしw、正直なところ明日は競馬日和じゃないと思うね。個人的に […]

2019 ジャパンC 枠順確定

NO IMAGE

ブログを新調したからといって別に更新ペースを変える必要はないのだが、新たなことを始めたきっかけとして継続って大事だと思うんで、とりあえず今日も更新していくよ。 新たなブログでは競馬にこだわるつもりはないのだが(特に平日は)、そうそう事件のある日常でもなく、やはり競馬が中心となってしまうな。もっとも、現状こちらに訪問してくれる方は、以前のブログからの引き継ぎの方ばかりだろうから、おっさんの日常などよ […]

2019 ジャパンC 気になるあいつ

NO IMAGE

それはエタリオウ 今年のジャパンCでどうにも気になる一頭がエタリオウだ。レイデオロやカレンブーケドールも気になるが、天皇賞(春)、宝塚記念と本命視してきた腐れ縁からもやはりこの馬が最大のキーパーソンとなる。 京都大賞典からここに挑むローテは悪くない。いや、むしろ良い。古くはレガシーワールド、マーベラスクラウにタップダンスシチー、最近でもキタサンブラックがここからのゆったりローテで、狙い澄ましたよう […]

2019 ジャパンC 枠順前見解

NO IMAGE

気乗りはしないが(積極的に買いたい馬がいないという意味で)、せっかくブログを立ち上げたのでジャパンCを考察しよう。 このような歴史あるビッグレースは過去データの蓄積も多く、データを切り口に取り掛かる。中でも私が重視するのはローテ面。過去10年(それ以上前から)前走で天皇賞(秋)を使ってきた馬が断然幅をきかせている。決して前哨戦ではないのだが、JRAが王道規定路線として定めている以上、こうなるのは自 […]

私の予想法

NO IMAGE

単一のものはない どんな予想法かと問われることがあるが、私の場合、これ!とひとつに断定できるものはない。血統・調教・馬体・データ・指数など、巷にはその分野のスペシャリストがいて、そういう謳い文句があった方が予想家として受けることは分かっているが、ひとつのファクターだけに頼っていては、ブレない利点はあっても少々無理があると思うし、私自身はそれらのいいとこ取りをして多角的に検討したいクチ。 私が考える […]

波平からなみへいへ

NO IMAGE

アメブロでは波平という名を語っていた。 それは何か明確な理由があるわけではないが、何となくサザエさんの波平さん風の頑固オヤジが、競馬の何たるかを指南するというイメージ戦略?はあったかもしれない。そのため、ブログを始めた当初は、波平さん風キャラで、ばっかもーん!とは言わないまでも、いぶし銀の風味は演出していた気がする。 始めたばかりのブログに訪問してもらうには、何かしら特徴づけをした方がよく、以前に […]

小平ふるさと村

NO IMAGE

私は毎週のように馬券を買うが、並行して毎週のように出かけもする。 本来なら腰を据えてパドックを見てトラックバイアスをチェックして、騎手や調教師の流れも見て買うのが理想だし、その方が今より更に巧くいくことは分かっているのだが、もはや人生の半分以上を生きたであろう我が身にとって、残りの人生(の休日)を競馬だけで終えるのは虚しいので、競馬を楽しみつつも並行して他の趣味も楽しむことにしている。そういう意味 […]

はじめの一歩

NO IMAGE

気づけばアメブロで競馬ブログをはじめて早3年以上経っていた。 訪問者の方から見ればどこの馬の骨とも分からないブログだというのに、無(0)の状態から、有名な方とのコラボを利用したり派手な宣伝(Twitterでのリツイートなども求めていない)なしに、週末だけで一日4万PVを達成するまでに至ったことは感無量であるし、純粋に内容を評価していただいて訪問してもらっているのかなと思ったりもする。 でも、決して […]

1 11