狙い馬 競馬

2022 NHKマイルC 臨戦過程評価

スポンサーリンク

NHKマイルCは好きなレースで例年、自分の中で確固たる軸馬がいるのだけど今年は不在。なので、G1といえども「さほど気のないレース」という位置付けになってしまうけど、とはいえG1なので予想は楽しい。ってことで予想(各馬見解)していきましょう。

 

アルーリングウェイ(→↗)

過去の桜花賞組は2-2-0-10で臨戦過程は悪くはないが、このうち馬券になった馬はソングライン、レシステンシア、アエロリット、メジャーエンブレム。いずれもノーザンファーム産。このレースが最後のメジャーエンブレム以外は後に牡馬相手の重賞も制覇。メジャーエンブレムにしても既にG1を勝っていた。いくら桜花賞からの臨戦といっても何でもかんでもいいわけではなく、そこそこ人気になったプリモシーン、ミスエルテ、ホウライアキコというそれまでに重賞を勝っていた馬も撃沈。アルーリングウェイは重賞勝ちがなく、将来的に牡馬相手に重賞を勝てそうなスケール感があるかも微妙。臨戦過程は悪くないので軽視はしないが、ヒモの一頭評価。

 

インダストリア(↗)

昨年のシュネルマイスターと同じローテ。今後、弥生賞からの参戦が新たなステップになる可能性もある。ただし、シュネルマイスターはクラシックで上位を賑わす強豪を向こうに弥生賞2着。それに弥生賞では2番手から進める積極性も見せていた。インダストリアはデビュー以来、スローな流れを後方から切れに頼ったレースばかりでその点はマイナス。本レース2着ケイデンスコールの半弟だが、重賞を勝っていた兄がここで人気を落としていたのに対し、本馬は重賞未勝利ながらレーン騎乗でいたずらに人気してしまう点も微妙。4走連続上がりは最速だが、ここは上がりだけでなくスピードの持続性能も問われる。臨戦過程がいいので迷うところだが、人気とのバランスを加味すると本命まではなしか。

 

キングエルメス(→)

2走前に重賞を勝ち、前哨戦の前走で3着ならいかにも良い臨戦という感じがするが、いかにもすぎる点がどうだろか。5か月振り好走の反動も気がかり。この手の馬は人気なら軽視、不当に評価を下げるようなら評価を上げるというスタンス。前走は強い3着だと思ったが、G1級か?という思いもあって。

 

ジャングロ(↘)

今回も展開利は見込めそうだが、条件が前走とは大きく異なる。臨戦過程的にみて、前走の勝ち方も評価できず。

 

ステルナティーア(↘)

能力は高いがリズムが悪すぎる…。この世代の牝馬でもトップクラスと評した馬だけに、とりあえずヒモには残すかもしれないが、やっぱり厳しいよあなぁというのが本音。

 

セリフォス(→)

前代未聞のローテだが、これまでいなかっただけで悪いとは決めつけられず。まして休み明けが不利とはならない昨今。予定通りの参戦だし、休み明けの仕上げに定評のある中内田厩舎の馬ならなおさら。将来性には疑問符も、今回のメンバーならまだトップの力を保っているのでは。あとはどこまで人気してしまうのか。

 

ソネットフレーズ(→↘)

ステルナティーア同様に昨夏の新潟組では最上位級。キャリア1戦の身でセリフォスと僅差の前走がそれを証明。ただ、前走は着差以上にセリフォスの方が強い内容ではあった。予定のクイーンCを使えずの参戦となると、いくら能力を買っていてもヒモがいっぱい。

 

ソリタリオ(→↗)

スプリングSからの臨戦は悪くないが、本馬に関してはレース内容が良くなかった(単に後方をついてまわっただけ)。相手強化でパフォーマンスを上げるタイプとは思えず、G1となると入着までか。

 

タイセイディバイン(↘)

臨戦過程の悪かった前走で連続好走したのには驚かされたが、今回も評価はできない臨戦で。この手の馬に来られてしまったら諦める。

 

ダノンスコーピオン(↘)

前走時の臨戦過程が(↗)だっただけに相対的に今回は下降となる。臨戦が悪くともこのメンバーなら能力は上だから来ると思えば買いとなるが、個人的には本命まで推すほどの魅力は感じない。

 

ダンテスヴュー(→↗)

皐月賞を使うような馬がマイルに転戦してくれば相手関係面での優位さがある。ただ、本馬はこれまでマイルが未経験なのがどう出るか。レース振りからもマイルは明らかに忙しい印象で。それでもマイルよりクラシックを好む友道厩舎があえてここに参戦させる意図は何故だろう?ダービーへの叩き台? 厳しそうと思いつつ、少し気になる存在。

 

トウシンマカオ(→↘)

前走で1番人気を負けての参戦なので疲労を残していないという意味では良い臨戦なのだが、そもそも前走が過剰人気だし、本馬の本質が1400mベターなので。

 

プルパレイ(→↗)

近2走1400m続きというのは減点ローテだが、②①着と着順を上げてきたリズムの良さは評価できる。前走で重賞を勝ちながらそこまで人気しなさそうな点も魅力。馬も騎手も出遅れが目立つだけに、軸まで推すのは勇気がいるが、前走のように内枠でロスのない立ち回りなら差し込むチャンスも。

 

マテンロウオリオン(→↗)

前走は前哨戦と割り切れば評価を下げる必要のない敗戦だが、臨戦過程の面からは決して良い負け方ではなかった。未勝利の身で1勝クラスを勝ってしまったように常識外れの強さを備えてはいるが、近2走のメンバーレベルは微妙。人気必至のここで全幅の信頼が置けるかどうか。個人的にはそこまでの信頼は置けない。

 

この馬だ!という馬のいない面々で、もう少し悩むことになりそうです。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

平日限定特別戦狙い馬

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。