狙い馬 競馬

2022.5.15(日)の狙い馬

スポンサーリンク

今日は見解を書く時間が取れませんでしたm(__)m

 

東京1

穴⑫トラストベル

当舞台のデビュー戦は逃げて4着。前走は距離延長にハイペースも相まって後退。初戦が不良馬場で似たような条件に戻る今回は巻き返しが期待できる。

穴⑬タイムトゥゴー

初ダートの3走前にいきなり5着と善戦。2走前は8着だが、先行してそこまで大きく負けていない。地方交流の前走は地方馬にも先着を許すなどだらしなかったが、勝ったミギーフェイスのプレッシャーがきつく流れが向かなかった。前進気勢は出てきているし、1400mで前進があっていい。

穴①グッドフォーチュン

横山武騎手を背に近2週の稽古の動きが目立っている。

 

東京3

③サイモンバロン

 

東京9

穴①ラブアンバサダー

府中の瞬発力勝負になると切れ負けしそうだが、臨戦過程の良さを発揮して、その上で内枠をロスなく上手に立ち回れれば。

 

東京12

穴⑧オルクリスト

穴⑦ファイアランス

大穴⑩メイショウマサヒメ

 

中京1

穴⑪ポットマム

 

中京4

⑥キュビズム

 

中京5

⑤ヴァレーデラルナ

④タマモタップダンス

①アエリーゾ

 

中京9

②サトノシャローム

④ダディーズトリップ

⑨アルパーシャ

 

新潟3

穴⑤アポロリップ

穴⑭ルージュレイア

 

新潟7

穴⑥クレイジーリッチ

穴④アドバンスキック

 

新潟8

⑤エシカル

 

新潟10

⑩ダノンマヴロス

 

新潟11

③シルヴェリオ

前走はダートで度外視。2走前にアリーヴォ(小倉大賞典)から0.2差3着、3走前にスカーフェイス(金杯2着)から0.5差4着、5走前には今回と同舞台でユニコーンライオン(鳴尾記念)から0.3差3着。この一連の成績だけで現級では能力上位と分かる。そもそもデビュー当初はシルバーステートの半弟ということでクラシックを嘱望された素材。兄と違いハーツクライの分出世には時間が掛かっているが、少なくともOPまでは行ける馬。稽古はいつもながらOP馬並に動いているし、前走でダートを使った臨戦もプラスに働く。人気先行型でポカも多いタイプ。この頭数だと今回も人気は必至で期待値は低いが。

穴②ワールドスケール

もともと稽古駆けするタイプだが、この中間の動きも目立っている。2勝クラスを楽勝した割に3勝クラスでは一度も馬券内がないが、2走前の1800mではアリーヴォから0.5差、シルヴェリオと0.3差だから、人気の盲点になっている感はある。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

ブログから気になる一頭

 

noteでは見解も記しています。よろしくお願いします。

掲載レース

東京2.4.6.8.10.11

中京3.6.10.11

新潟1.6.12

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。