狙い馬 競馬

2022.4.10(日)中山・阪神の狙い馬

スポンサーリンク

中山2

穴⑫テンオーケオー

取り消し明けだが稽古は良好。

穴⑪アーバンデザイン

稽古平凡も臨戦過程は悪くない。父産駒の複勝率31.6%。

 

中山4

⑱キセキノエンジェル

デビュー戦以外は常に0.6差内で走っている。ワンパンチ足りないことは確かだが、6走前4着時の2着がレディナビゲーター、3着がレッツリブオン、5走前2着時には弥生賞3着ボーンディスウェイに先着、4走前6着時も先着を許したのがスターズオンアース、エンギダルマ(スプリングS4着)、エールトゥヘヴン。前走は中山マイルの最内枠を引きながら行き脚が付かず後方からの競馬となっていたし、それ以前の競馬振りから2000mでも面白いのでは。稽古も合格点。

⑬ダノンアマレット

⑨ゴールデンアワー

 

中山7

穴⑦キアヌマウナ

今週の稽古でOPウインアグライアと併せて好時計をマーク。現級でも2着があるし、差しの利く流れになれば可能性はある。

穴⑧ロイヤルダンス

前走でようやく現級通用の兆しを見せた。もともと未勝利時代は堅実な馬で好調が長続きするタイプ。前走をきっかけに更に上昇があるようなら、そして流れも向くようなら(本馬の場合は前有利)可能性はある。

 

中山9

⑫モーソンピーク

サークルオブライフと2週連続併せ馬を消化。今週の稽古も素晴らしく、巻き返しの態勢は整った。前走は枠も相手関係にも恵まれなかったが、この馬自身いくらか余裕残しだったので馬体は絞れて欲しい。

⑤ワンデイモア

ここは国枝丼で。

 

中山10

⑨ゲンパチルシファー

この舞台は2戦して②③着と相性が良い。長めの距離もこなせるようにスタミナもあるので、ウィリアムバローズ、ホウオウルパンの作り出すタイトな流れになっても対応可能。

穴⑧ロードリバーサル

前走は稍重で追走に余裕がなかったが、2走前には当舞台で3着。バーデンヴァイラーが逃げ切った流れは今回ウィリアムバローズが逃げる流れに近似する可能性ありで。

穴⑦キタノヴィジョン

当舞台の前走は最内枠もあって9-9-12-12と位置取りを悪くしながら、終いに脚を伸ばして5着。早くもクラスの目途を立てたし、本馬も2000m以上で実績があるのでタフな流れになった時の差し込み要員。

 

 

阪神5

穴⑨スズカワールド

穴⑯スプラウティング

 

阪神8

穴⑤テイエムベンチャー

3走前の当舞台の勝ちっぷりが良かったし、昇級の2走前も強引に捲り上げて3着。前走は中1週の反動及び舞台変わり、内枠で流れにも乗れていなかったので度外視。阪神のこの頭数なら2走前の再現があっても。

穴③カサデカ

前走は途中でハナに立つも、捲ってくる馬もいて流れは厳しかった。3走前には土曜日に勝ち上がったダノンマヴロスに先着しているし、もう少し溜めを利かせる競馬なら本馬も通用していい。

穴②プエルタデルソル

8歳馬だが近3走も上がりは最速で能力は衰えていない。流れ次第のところはあるが、鞍上も3戦連続騎乗で一発狙いの騎乗をしてくるはず。ハマれば。

 

阪神9

⑦アートハウス

新馬戦で超高額ショウナンアデイブを3馬身千切った内容が道中2番手から最速上がり(33.9)を駆使する素晴らしい内容。2戦目のエリカ賞こそ壁に当たったが、1000m通過ラップが初戦に比べて4秒以上速くなったし、さすがにこれだけペースが違えば戸惑うのも無理はない。それでもこの経験が今回に生きるだろうし、能力は初戦で証明済み。休み明けながら自己条件を挟まず、ここ1本に照準を定めた意気込みも買い。

⑧ロマンシングブルー

未勝利突破に4戦を要したが、牡馬混合の阪神芝2000mのデビュー戦で後のきさらぎ賞勝ち馬(マテンロウレオ)と0.1差2着。2戦目2着時の勝ち馬(タイセイディヴァイン)もファルコンS2着。デビュー以来4戦全てが牡馬混合の1800m以上という経験は大きいし、全戦スローの後方待機策ながら一度も崩れていない堅実味をここでも発揮してきそう。馬キャラ的に多頭数の方がベターだが、こればかりは仕方ないし、直線捌きやすいという意味では悪くないと捉えたい。ルメール騎乗で余計な人気を背負う点はマイナス要素だが、それだけこのレースにかける意気込みも大きいのだろう。内枠なら尚良し。

②インザオベーション

前走時も狙ったが、見解に少頭数だけが懸念としたらまさにその懸念が的中した形。それでももう少し積極的な立ち回りをしていれば3着はあったと思うが、好スタートを決めながら超スローで控えた前走はボーンヘッドと言われても仕方のない騎乗。今回も少頭数なのは残念だが、能力的には格上げでも引けは取らないし、舞台替わりも歓迎。

①セルケト

 

阪神10

⑥ディアマンミノル

蓋を開けてみたら堅軸と思われたディープモンスターの名がなくいきなり条件クラス並のメンバー構成になってしまったが、何にせよこのメンバーでこの頭数なら上がり性能が着順に直結しそう。本馬は上がり性能だけで函館危険、京都大賞典、アルゼンチン共和国杯でも入着。人気薄の逃げ切った前走、3走前は参考外の一戦で2走前はさすがに距離が長かった。本田厩舎と典弘騎手の絆はそれなりに強いが、今回は2走続けて乗っていた典を降ろして相性の良い荻野騎手に。

①ボスジラ

2600mに限れば①②①⑥②着。OPでも②①②着と実績があるし、6着時は5か月振りで道中の反応が悪かったもの。OP入り後は安定感のない成績にも映るが、馬券外はその休み明けの一戦を除けば、6戦が重賞と1戦が前走のダート。重賞だと明らかに壁があるがOPなら堅実だし、今回は前走でダートを使われたことも良い臨戦となる。取り消し明けだが、今週のウッドの動きは素晴らしい。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑ブログからより注目している馬は

 

noteでは中山1.3.5.6.8.11.12、阪神1.2.4.7.12レースを掲載しています。

 

桜花賞はまだ検討中(^^;

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。