狙い馬 競馬

2022.2.12(土)の狙い馬

スポンサーリンク

東京8

⑮カンリンポチェ

前走は内枠が災いして全く力を出せず。まともなら1勝クラスなら力は断然。距離どうかもこの距離ならマイペースを図れそうで。

 

東京11

◎②ベルクレスタ

前走は枠順(8枠)が致命的。前に壁を作れず3コーナー13番手から4コーナー6番手となし崩しに脚を使う羽目に。先着を許した5頭はロスなく先行していた馬と直線まで脚を温存していた馬。能力は2走前のアルテミスS2着で証明済(サークルオブライフとタイム差なし)。アドマイヤリードの下でまだ奥があるし、個人的にもデビュー当初から高評価していた馬。今回は内枠を引けたし、前走以下ということはなく。

○⑨スターズオンアース

穴⑭アメリカンスター

良いリズムでの勝ち上がり。東京適性がどうかもデビュー戦は33.9の最速上がり駆使。

穴⑧モカフラワー

前走はスターズオンアースと0.1差。

穴⑦ロムネヤ

前走は大きく出遅れたこととハイペースも影響した。

 

東京12

⑪クリーンスレイト

3走前に現OPボンディマンシュのクビ差2着があるように能力的には本馬も上でやれていい素材。不器用なタイプで取りこぼしはあるが、前走は中山D1800mで流れも逃げ2番手のいったいったの流れだったので3着でも上等。2走前に当舞台で4着した時は臨戦過程が最悪。本来は東京D1600mがベスト。道悪になれば3走前に34.2の芝並みの末脚を駆使しているし、同様の馬場が見込まれる今回は勝ち切りまで。

①ホウオウセレシオン

叩き2走目で馬体が絞れた割に伸び切れなかった前走は物足りないが、クリーンスレイトと0.1差なら相手が一枚上という見方も。ルメール騎乗時は2戦2勝。

⑤エコロファルコン

前走はハイレベルメンバー下での0.1差3着。先行馬の中で唯一粘り込んだ走りは評価できるもので、意欲の連闘なら当然評価せざるを得ない。

穴②アドアステラ

2走前にエコロファルコンと0.2差。差し脚堅実で流れが合えば食い込みも。

穴⑨アオイカツマ

前走は大敗も内枠で揉まれる形に嫌気を差した形。昇級のハイペースにも苦慮していた。能力的には現級でも通用。マイル戦の方が自身のペースで動けそう。

 

阪神2

⑤マスキエッタ

①アルマイメル

③キンザン

 

阪神5

③マイシンフォニー

⑫テーオーアリエス

 

阪神8

⑭サトノストライカー

以前に1400mを使った時は行きっぷりが悪かったが、今は稽古も動いていきっぷりも良い。切れないディープでダートは合うし、今回の条件は合いそう。

 

阪神9

②セントウル

前走は見るからに不利で何もできず。同じ鞍上なら汚名挽回。

⑥ミスフィガロ

 

阪神12

③オセアダイナスティ

前走は4着だが先着を許した馬はいずれも強く(2着のゴールドハイアーとは今回も対峙)、ひと息入って+18キロの馬体ではルメールといえども致し方ない。好凡走の激しい馬だが、2勝はいずれも大差に近い圧勝でいずれも逃げ先行策から自分の型に嵌めた時。そういう意味では2000mに距離を延ばした今回は自分のペースで動けそう。メンバー的にもハナも十分考えられるし、そうなれば前走で完敗したゴールドハイアーすら封じる力は秘めている。体は絞れて。

 

小倉3

⑨マーブルケイケー

 

小倉6

穴⑫アップストローク

穴⑭アカクマドリ

 

小倉8

穴②シングマイハート

未勝利のまま現級に挑み結果が出ていないが、未勝利時代に敗れたエクセレントタイム、カーディナルがいずれも1勝クラスも勝利。それぞれのレースの3着馬も未勝利を勝って上のクラスでも好走している。本馬も本来の力を発揮できれば現級でも通用していい。特殊な条件らしく1勝クラスといってもメンバーにも恵まれた。

 

小倉9

⑤サツキハピネス

近2走は脚を使えていないが(舌を縛った影響か)、現級で2度の2着があり、3走前には一番人気。力はあるし臨戦過程もいい。小倉も特別2着と実績あり。

 

小倉11

⑫ギブミーラブ

 

 


最強競馬ブログランキングへ

いつもありがとうございます。

ブログ内で一番気になる馬を挙げときます。

noteも合わせてよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。