狙い馬 競馬

2022.1.30(日)の狙い馬

スポンサーリンク

東京5

穴⑬ブローヴェイス

前走は出遅れて後方から。鞍上も無理して行かなかった。結果、流れが落ち着き後方の馬には出番なし。デビュー2戦目にコラリンの3着があり、恵まれれば通用していい力はある。開幕馬場の今回も前走のような教育競馬だと難しいが、もう少し位置を取れるようなら臨戦過程の良さでそこそこには(それでも内が欲しかったのが本音)。

 

東京7

穴⑤サトノアレックス

距離を延ばしてからは以前よりも前付けできているが、2走前はあまりに正攻法に乗ったことで終いに脚を残せず。差し有利の流れだったので本来の差す形なら今回も対峙するエコロカナワン、セルヴァンあたりともいい勝負ができていたのでは。前走は明らかに距離が長く度外視できるし、今なら2100mがもっとも乗りやすそう。

穴⑥エコロカラワン

 

東京10

⑥ホウオウラスカーズ

 

東京11

◎⑨ソリストサンダー

○⑧タガノビューティー

▲⑫タイムフライヤー

△④スリーグランド

△⑤オメガレインボー

穴②レピアーウィット

穴③モジアナフレイバー

 

中京3

穴④ウラヤ

前走はルメール騎乗の過剰人気ではあったが、逃げた勝ち馬を早めに追従した走りは悪くなかった。終いはだらしなかったが、稽古の動きから力は秘めていそうだし、母父パイロならダート替わりで良い面が見られても。→ちょっと人気しすぎ

 

中京4

穴⑩スマートプレジール

デビュー戦はローカル新潟戦とはいえ2番手から最速上がりで5馬身差なら能力はある。2戦目にファンタジーS(G3)に挑んだのも陣営の期待の表れだろう。前走は外枠から乱ペースに巻き込まれた形の15着(1400mでもテン33.6のハイペース)。ここは経験値を積めたということで割り切りたい。デビュー戦の距離に戻るのは歓迎だし見直したい。

⑤グッドクロウズ

 

中京5

穴⑤ブルーグラス

デビュー戦はスタートで大きく出遅れたし、内を突いた直線でも前の馬が邪魔で加速までに時間を要していた。ハイペースの流れ自体は向いたが、馬場も外伸びだっただけに仕方ない敗戦。2戦目も出遅れたが、スローだったのでリカバーが利き、直線しっかり脚を使って3着。前走は5着だが、牡馬混合の1800m戦を思えば悪くない。毎度のように出遅れるのが玉にきずだが、それでも立ち回りは下手ではないし、今の中京は合いそうなイメージ。兄に青葉賞馬ワンダフルタウンを持つ良血で血統的にも奥がありそうだし、同姓同士でもう一押しがあれば。

 

中京8

③ステイブルアスク

前走は序盤は後方から進み、スローを見越して自ら外目を捲り上げ、直線もしっかり伸びての完勝。松山騎手騎乗の1番人気ラルフはスローの流れに乗っていただけに、これを捻じ伏せたのは評価できるし、3馬身退けたラルフが前走で楽勝したことも後押しになる。3走前に8馬身千切られたタイキフォースとの再戦となるが、今の充実度なら当時の着差を詰められていい。ちなみに古川奈騎手の騎乗馬を本命にするのは2度目。土曜最終のモズピンポンの騎乗を見てもギャンブル感は強いが、それでも本命視したいくらい臨戦は良い。

穴⑪リトルクレバー

 

中京9

⑤メモリーエフェクト

⑧フラーズダルム

 

中京10

穴③ワールドスケール

2走前10着は14キロ増の馬体重(4コーナーでも大きく外に膨れ)、前走9着は外枠からスローの流れに乗れず(小倉の開幕も合わず)。現級は5戦して足りていないが、この2戦を除けば4着2回があるように全く通用しない馬ではない。しぶとく脚を使うタイプなのでkの条件が合えば。

 

小倉6

①ジャスティンエース

前走はかなりのハイラップに巻き込まれての大敗。普通に乗ればあんなことはない。最内は鬼門も両親ともにパワー馬場は得意で小倉自体は合っている。

 

小倉7

⑦シゲルヒカルダイヤ

⑬リアルシング

 

小倉10

穴⑫ランスオブアース

前走はスムーズさを欠いていたし、10日競馬で仕上がりも微妙。地方重賞2度の3着の実績からもう少しやれていいと思っているし、当舞台での特別勝利もある。もう少し追い掛けたい。

 

小倉12

④サトノマジェスタ

 

 


最強競馬ブログランキングへ

中でも買っておきたい穴馬

 

noteも宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。