狙い馬 競馬

2022 安田記念 臨戦過程評価

スポンサーリンク

ダービー

1着ドウデュース(→↗)

2着イクイノックス(→↘)

3着アスクビクターモア(→↗)

4着ダノンベルーガ(→↗)

5着プラダリア(→↗)

という結果でした。

 

この結果を見るにつけ、臨戦過程が悪かった上に大外枠から2着したイクイノックスは相当にポテンシャルの強い馬という感想を得ましたね。

 

さて、3歳同士で能力差の大きかったダービーと違い、今週の安田記念は能力比較も難解で、だからこそ臨戦過程評価も重要だ!ってことでザックリやっていきます。

 

イルーシヴパンサー(→↗)

充実一途、馬にもヤル気がみなぎっていることでしょう。ただ、それでもいきなりの古馬G1で通用するかはまた別問題で。人気もカギとなりそうです(あまり人気するようだと微妙)

 

ヴァンドギャルド(↘)

富士S勝ちの実績もあって舞台適性はなくはないが、前走は異国の地で少々走り過ぎ(お疲れ)

 

エアロロノア(→↗)

能力的にここではいかにもパンチ不足。という気はするのだけど、臨戦的には3連系なら3列目には置いてもいいかなというところ。

 

カフェファラオ(→)

函館記念は距離と不利による大敗で芝はこなせると思う。が、未知数過ぎて臨戦評価も難しい。

 

カラテ(→↗)

厩舎解散記念に(?)中2週で中山記念を使われたツケが出そうな気はするが、前走不発でガス抜きできた点は悪くない。去年の安田記念があまりにも無抵抗だったのは気になるが、4か月振りという言い訳はあったので。

 

サリオス(→)

負けても負けても次こそはと思わせる馬。そう思った前走も大敗でもういいだろと思いつつ、今回は前走で1200mの速いペースを経験したことがいい方に出ないだろうか?という期待感もあったりして。大敗明けで臨戦的に推す材料には乏しいが、先行してしぶとさ発揮のシーンがあっても。

 

シュネルマイスター(↗)

海外明けがどうかと囁かれているが、疲れるほど走っていないので疲労面からの不安はない。ただ、これまでずっと好走してきた馬が前走の敗戦で気持ちの面で切れていなければいいがといったところ。個人的にはまともなら巻き返せると思うが、1番人気ともなると多少の不安も。

 

セリフォス(↗)

G1以外で走っていればまず負けないであろうカワキタレブリーにも負けた前走は、臨戦やら展開やら人気やらいろいろ酌量の余地はあった。古馬との能力比較がどうかも、陣営は当初からここを視野に入れていたし、前走がいい叩き台(ガス抜き)になれば食い込みがあっても。

 

ソウルラッシュ(↘)

イルーシヴパンサー同様に充実一途、稽古の動きを見てもここもぶっこ抜いてもおかしくないと思わせるほど。ただ、前走の勝ち方があまり良くないし、ここは一旦壁に当たるかなと。ただ、この手の馬は人気になって懐疑的に見るという感じなのに、なぜかこれだけ勢いのある馬が想定8番人気!?だとするとちょっとこわくなってしまうね。

 

ソングライン(→↗)

中2週のヴィクトリアマイルからの臨戦は言うほど良くない。過去に馬券になった馬は複数いても、ウオッカ、アーモンドアイ、グランアレグリアらでいずれも超のつく名牝。しかもその名牝ですら(ウオッカ以外は)ヴィクトリアマイルからパフォーマンスを落としている。この臨戦でいいのはヴィクトリアを人気で凡走して安田で巻き返すアエロリットパターン。本馬はそれには該当で。

 

ダノンザキッド(↗)

前走の中山記念は枠も厳しかったし、出遅れた時点で終戦。能力の半分も出せていないので、今回は臨戦的には上昇しかない。あとは今回の舞台における適性が他馬と比べてどうかといったところ。昨秋の富士Sでは健闘しているが、G1ともなると切れ負けのイメージもできてしまい。兄ミッキーブリランテで決して3歳初頭までの早熟だとは思わない。

 

ナランフレグ(↘)

臨戦過程の良くなかった前走の高松宮記念で勝ち切ったのには本当に驚いた。本馬も遅まきながら心身共に生涯で最も充実している時かもしれない。この手の馬は常識を覆して激走するケースがあるかもしれない(特に軽視された時は)。ただ、常識的(臨戦的)には厳しい。

 

ファインルージュ(→↘)

東京新聞杯からじっくり間隔を取って目標としていたヴィクトリアマイルで結果を出した後の今回。もともと使い込んで良いタイプでもないし、一般的にはパフォーマンスを落としてくるとみるのが妥当。ただ、イクイノックスの厩舎所属馬という不気味さはある。

 

ホウオウアマゾン(→)

臨戦は可もなく不可もなくだが、レシステンシアがお行儀のよい競馬をするなら本馬の単騎が見込め、意外なしぶとさを発揮するかもしれない。昨秋のマイルCSはペースを落とし過ぎて切れ負けしたが、それでも5着。前走も何気に1番人気の支持を得ていたし、来ちゃったとしてもある意味納得できる馬。

 

レシステンシア(→)

マイルの慣れの見込める今回は前走よりも走りやすいかも。ただ、この馬としては前走が一杯一杯の激走という感じもあったし、完璧な立ち回りで18番人気のローザノワールを何とかハナ差交わしただけという結果。アエロリット風な先行馬だが、今のこの馬に牡馬マイル戦はきつい印象。

 

ロータスランド(↘)

前走の高松宮記念は臨戦的には絶好だったので今回はこの評価。本馬自身はマイルの方が走りやすい面もありそうだが、短距離のペースに慣れてしまった後のマイル戦というきつさは当然ある。

 

今週は束の間の2場開催。

じっくりねっちり予想していきやしょう。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑2場開催ということもあって特別戦で飛びぬけて狙いたい馬がおらず、勝負は平場という感じになりそうだけど、前走で不慣れな条件を使われたことが良いきっかけとなりそうなこの馬には少し注目

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。