狙い馬 競馬

2021.8.21(土)の狙い馬

スポンサーリンク

今週末の各場の天候はどうなんだろう?

関東は晴れ模様なのであまり気にしていなかったけど、小倉と札幌あたりは不穏な予報も出ているんかな。

ただ、あまり馬場を気にしすぎるのも裏目に出ることも多いので、そこはあまり加味せずに。

 

 

新潟4

⑨レッドローゼス

追い切り過程が素晴らしい。動きだけならG1級。飛越は決して巧くないが、平地の脚は上位だし、この状態なら連勝があっていい。今回ダメなら平地に戻してもいいのでは。

 

新潟6

⑥ミッキーセレスタ

コース調教も自動計測になってから時計が出るようになっているが、それにしても本馬の調整過程は素晴らしい。勝ち味に遅いダノンセレスタの全弟だが、未勝利に甘んじる器ではないし、今回の舞台ならいきなり勝ち負けがありそう。

 

新潟10

③ピアシック

前走逃げて好走したパーティナシティ、マラードザレコード、ノアヴィグラスがいて今回もハイペースは免れない。それでも容易には止まらないのがこの舞台だが、3勝クラスともなれば行った行ったがあるのかどうか。差してくる馬を一頭選ぶならやはりこの馬。追い込み脚質ながら今年の入ってのダートの6戦は全て最速上がりで最大でも0.5秒しか負けていない。当舞台での実績もあるし、前走で一度芝を挟んだこともアクセントになりそう。この馬が不発に終わったらメーンのエヒト(同じ戸崎騎手と森厩舎)に注目。

穴⑧シアーライン

4か月振りだが稽古の動きから状態面は良さそう。3走前に16番人気ながら2着と激走した時が、好位から流れに乗った競馬ができていたし、2走前も当舞台でピアシックとも0.1差。年齢を考えれば買いにくいが、2~3走前だけ走れば上位争いしてもいい。

 

新潟11

穴④サペラヴィ

前走こそ時計と上がりが速すぎて対応できなかったが、5走前にはサトノセシル(クイーンS3着)を完封、2~3走前には勝ち馬から0.2差以内に駆けている。距離延長で追走が楽になりそうなのもいい。

③サトノラディウス

前走の緑風Sは勝ったアイアンバローズから0.2差4着だが、3着シルヴァーソニックが次走を勝ち、2着カントルもワグネリアンの全弟という素質馬で戸崎騎手の騎乗もうまかった。2走前には三浦騎手を背に先行策から2着があるし、以前よりも器用な立ち回りができるようにもなっているので内回りの当舞台もこなせそう。

①エヒト

②ゼーゲン

 

小倉2

穴⑤メイショウヤマミツ

先週の坂路でヴァンヤール(先週の未勝利3着)に先着した内容が上々。今週は遅れたが相手がレッドアンシェルでは致し方ない。メンバー的に速い馬が少なく、終盤までマイペースを保っていけるようなら。

 

小倉3

◎⑪オーマイリーベ

○⑫レインボークラウド

▲⑨メイショウオルセー

△⑤ペガサスウイング

穴⑭ナリタローゼ

穴①モンテローザ

穴⑩メイショウコデマリ

 

札幌3

穴⑩イフィゲニア

前走は大差負けだが、それ以前のダートでは堅実無比の走りを見せており能力負けでないことは明らか。途中で気持ちが切れた前走から不安は付きまとうが、まともなら力は上で人気が落ちるようなら。前走はハイペースを積極的に乗り過ぎたきらいもあるので、余裕を持たせて追走できるようなら。

穴⑦フェミニン

中間の坂路の時計優秀で馬体が絞れてくれば変わり身が見られていい。ただ、初ダの割に思った以上に人気しているのは嫌な材料。

 

札幌4

穴⑩ネイキッドロマンス

配合が重めで1200mがどうかという側面はあるが、経験馬相手のデビュー戦でいきなり5着したように能力は上位。その時スローペースを流れに乗ったディアマンテールやラインプリンスといった未勝利上位常連馬たちに肉薄したし、使っていけばいずれ勝てそう(といっても間もなく未勝利は終わりだが)。2戦目の洋芝は合いそうなイメージだったが、逃げ馬と内の馬が行った行ったの流れを外枠から終始外追走というコース取りの不利があった。それでも早めに動いて見せ場は作っていたし、初戦のように控える形の方がいいのかも。1200mだと必然差す形になりそうだし、忙しいことは承知の上で末脚発揮に期待してみたい。

穴④バーニングパワー

派手な追い込み決着となった前走で、4コーナー2番手から2着馬と0.2差に踏ん張った走りは強い内容。4走前に2着があるように未勝利なら上位争いできる力は持っているし、あとは流れ次第。先行有利の流れに乗れるようなら粘り込みがあっていい。

 

札幌8

⑨ディーズローリエ

臨戦過程○。1000mでも勝ち鞍あり。人気のブーケオブアイリスは前走時の方が臨戦過程がよく死角もあって(それでも能力は最上位なのであっさり来る可能性も十分あるが)本馬からいくのも面白い。

 

札幌9

⑥ペイルライダー

①ファーストソリスト

穴⑦シャルドネ

近2走はいずれも逃げて早めに来られる厳しい競馬。現級でも2着があるし、すんなり逃げられるようなら粘り込みがあっていい。

穴⑨レープハフト

 

札幌11

穴⑩ネオストーリー

昨年の札幌で②①着。勝った時が最悪の臨戦過程だったのでまず勝ちはないと見ていただけに驚いた記憶がある。叩きつつ良化するタイプだけに、その後休みを挟んだ昇級戦では苦戦続きだったが、4月から順調に使い込めるようになってから本領発揮。ハービンジャー産駒ながら東京2400mを最速上がりで勝ち上がってきた内容は評価できる(相手には恵まれたが)。そこから間隔が空いてしまった今回はマイナスだが、いずれ現級でも通用してくる馬として名前を覚えておきたい(今回は先物買いで)。

 

札幌12

⑨レーヴドゥプレリ

未勝利時代にアカイトリノムスメと0.2差2着。未勝利勝ちは中山芝1800mのスロー、逃げ切り寸前アイリッシュムーン(現2勝)を初角15番手から差し切った走りは力が一枚上と唸らせる走り。当時はかなり大味な競馬ぶりで、さすがに重賞のフラワーCでは通用しなかったが、1勝級なら資質上位は明らか。前走はスタートで出遅れ、道中も口を割り、直線でもまともに追えないシーンがあって、それでも勝ったジャカランダレーン(昇級2着)と0.2差。まともならジャカランダとも際どい勝負になっていただろう。函館開催には目もくれず、再び同じ札幌に照準を据えてきたことにも好感が持てる。人気必至だろうが、未知数なブエナベントゥーラあたりが人気を吸ってくれるようなら多少は妙味も。入れ込み癖があるので当日気配が確認できれば理想。

④アルママ

1番人気に支持された前走は長期休養明け好走後で過渡の信頼はできない臨戦。狙うのなら稽古は抜群だった2走前だった。前走の敗戦により再び1番人気を他馬に譲りそうな今回は再び評価して損はなさそう。前に行けるのでコース適性もありそうだし、稽古の動きも相変わらず目立っている。

穴③セイウンダイモス

昨年のサウジアラビアRCでは不良馬場の恩恵があったとはいえ、ステラヴェローチェの3着した馬。その後の戦歴からG3ー3着の看板も色褪せ始めているが、1勝クラスなら見劣らない力はあるはず。3走前は2000mが長かったにしても最下位というのは能力以前の問題だろうし、立て直された近2走の内容はそこまで悪くない。前走で初めて逃げの手を打てたことも起爆剤となり得るし、本馬以外の先行馬がいずれも大敗だったことを考えれば、着順以上に評価していい内容。今回は短距離でも先行しているラピカズマ、ナタラディーヴァなどがいるので逃げの形にはならないだろうがそれでいい。内で脚を溜める形で直線に脚を使えれば。

 


最強競馬ブログランキングへ

↑ブログの中ではこの馬を買いたい。

noteもよろしくお願いします('ω')ノ

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。