狙い馬 競馬

2021.7.31(土)函館の狙い馬

スポンサーリンク

函館2

穴⑫ウィズザワールド

前走も穴で期待したが出遅れて反応もひと息。叩かれて上積みはありそうだし、スタートを決めてデビュー当初だけ走れればもう少しやれていい。

 

函館3

①サンライシング

稽古内容○。ロージズインメイ産駒は過去3年の当舞台で1-2-1-3と好相性。

 

函館4

⑩アディラータメンテ

稽古優秀。ドゥラメンテなら初ダが奏功しても。

 

函館6

③ホウオウラフィット

主導権を握った前走は少々物足りなくも映ったが、2戦目までの内容は優秀でいつまでも未勝利にとどまってはいけないレベルの馬。ルメールが藤澤厩舎のショベルヘッドを蹴って騎乗なら必勝態勢かと。

穴⑨シュトゥルーデル

デビュー3戦目にタガノディアーナ(2勝クラス2着)から0.2差3着。2着アンナヴァラナウト(1勝クラス2着)とはタイム差なしだったし、4着メイショウオニユリも未勝利を突破している。以後4走前は小倉特有のハイペースに巻き込まれ(5着)、3走前は1400mが忙しく(9着)、2走前は大外枠で脚が溜まらず(7着)、前走は出遅れながら6着(2着馬とは0.2差)。函館戦の前走内容は悪くなく、それ以外は言い訳の利く敗戦ばかり。乗り難しい面はあるが、ディープ産駒の良血で素質は確か。まずはスタートがカギだが、そこをクリアして脚を溜める競馬ができるようなら久々馬券内があっても。

穴⑩フレーズメーカー

前走も推奨したが11番人気ながらあわやの逃げ。流れが向けば未勝利で上位争いできる力はありそう。叩き2走目。すんなりいければ。

 

函館7

⑩マイネルデステリョ

2走前が休み明けながら適性のないと思われた府中1800mで33.7の最速上がりを駆使して4着。距離延長自体は良かったが前走で崩れたのは2走ボケだろう。現級での馬券内は中山と函館の3戦で今回の舞台はベストに近い。東京から函館という条件面の上昇度に加えて鞍上も強化。先行してしぶとさを生かす競馬ならチャンスもありそう。

穴③テイエムタツマキ

近3走は相手が強く本来の自分の競馬ができていなかった。ブリンカーを付けてきた今回は、2番手から抜け出した未勝利勝ち同様のスタイルが取れそうだし、Bコース替わりを味方につけての粘り込みに期待。

穴⑥マイネルエキサイト

去年の札幌では②③③着と洋芝適性が高い。前走は本来の先行策が取れなかったし、スムーズに流れに乗れるようなら。

 

函館11

穴②シンボ

本来の先行策を取れない中でも善戦(5着)した前走。昨年の函館戦で逃げ切り勝ちがあるし、本来の先行策が取れるようなら枠順の利も生かして粘り込みがあっても。

穴⑨レオンドーロ

前走は控える競馬で持ち味生かせず。当舞台の1勝クラスを5馬身差で逃げ切ったことがあり舞台適性は確か。前走五稜郭特別組が大挙出走の今回は本来の力を発揮できなかったシンボと本馬をピック。

穴⑬ウィナーポイント

危険人気馬⑯サクラトゥジュール

臨戦過程が良くない上に折り合いの難しい馬の大外枠、距離延長。加点要素に乏しく軽視してみたい。

 


最強競馬ブログランキングへ

↑函館からはこの馬に注目

note半額(100円)で出してます('ω')ノ

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。