狙い馬 競馬

2021.2.13(土)東京の狙い馬

スポンサーリンク

東京1

穴⑤ノボベルサイユ

デビュー戦はやや忙しい印象だったが、終いの脚はそれなり。仕上げの面から叩いて変わりそうな雰囲気もあった。その上で今週の坂路で52.7-38.1-24.4-12.0(強め)を計時。デビュー戦時も動き自体は悪くなかったが、今回は更に上昇がうかがえるし、レースでも前進が見込めても。母系は短距離志向が強いだけに距離延長は微妙ながら状態面からの推奨。

 

東京4

⑪ヘライア

今回と同舞台となる2戦目の初ダートでいきなり勝利を挙げ、2戦目の昇級戦でも2着。勝ち馬は次走も勝ったように離されはしたが相手が悪かった。近2走は崩れているが、2走前は直線伸びそうなところから伸び脚が鈍ったようにいかにも休み明けといった感じの走り、前走は直線で前が壁の不利で全く力を発揮できず。ひと息入れて初勝利を勝ち上がったこの舞台に照準を当て鞍上もルメールを確保。まだキャリア5戦で崩れた3戦は敗因がはっきりしている。ここは巻き返してきそう。

⑦ジェロボーム

今回のメンバーを見渡すと逃げ馬はおろか先行馬すら少ない構成。先行できるだけでも利点となるが、この馬は先行してしぶとさを生かす走りが持ち味。調教師が「使いながら気持ちを乗せていった方が走る」とコメントしている点は気がかりだが、休み明けだった3走前に関しては14キロ増の余裕残し。大きく体重に変動がなければ力は発揮できるのでは(稽古が緩いことは確かなので、調教師が叩きつつを念頭に仕上げている懸念はなくはない)。近2走はいずれもハイペースで終いが甘くなっているが、今回は冒頭の通り落ち着いた流れが予想されるし、自らペースを握るくらいの騎乗でもいい。

穴⑨シャーレ

前走はスタートで立ち遅れ、道中の通過順が11-11-14-14。1着馬が1-1-1-1、2着馬が2-2-2-2、3着馬が4-4-3-3、以下5着までが先行馬で占める流れではどうにもならなかったが、それでも4コーナー14番手から8着まで追い上げた脚はなかなかのもの。この舞台の未勝利を勝った時が5番手からの抜け出しで決して前にいけない馬ではない。実際、2走前の当舞台では先行している(この時は休み明けでハイペースに巻き込まれる分)。休み明けを叩いて3走目、出遅れさえなければ更に前進が見られても。ヘニーヒューズ産駒の当舞台複勝率は36.1%とメンバートップだが、1800mからの距離短縮だと44%まで上昇。陣営が控える競馬を示唆しているのがやや不安。

穴④アテナノワール

初ダートの前走が悪くない競馬。母もデビュー当初は芝で走っていたが、途中からダートに矛先を向けて活躍の場を広げていたし、本馬も2度目のダートでさらに前進があっていい。

⑬アサクサヤマ

スローを想定すれば展開的には厳しそうだが、2走前の末脚は見事。東京マイルがベスト。

※デルニエエトワール、デンセツノマジョ、アグリュームらの初ダ軍団がいてその取捨が難解。いずれも能力は高いし、稽古の動きもいいが、人気するようならヒモまでにとどめたい。

 

 

東京10

穴⑨ハーフバック

現級でも1400m戦に限れば2戦とも0.4秒差と展開のアヤ次第で何とかなりそう。前走は以前よりも好位が取れたが、直線では外に切り替えるロスなどもあってアクセルの踏み遅れもあっての5着。後方馬に有利な流れになっていたので、普段通り後方から進めていればまた違った結果だったかもとも思うが、前進気勢が見られたのも成長と捉えたい。中2週でも坂路で51.3-12.2の優秀な時計を叩きだしてきたし、まだ上積みはありそう。人気馬に先行馬が多く牽制しあうとどうかだが、流れが速くなるようなら差し込みがあっても。

穴④カルリーノ

穴⑪ネリッサ

 

東京11

◎②ククナ

○⑥アカイトリノムスメ

▲⑦ステラリア

穴⑯ハッピーオーサム

穴⑬ミヤビハイディ

穴⑩サルビア

 

東京12

⑭スズカゴウケツ

2走前が当舞台の同じ14番から鮮やかに勝利。ダートで4戦して連対を外していないウインドジャマーあたりを寄せ付けなかったあたりこの舞台の適性は高そう。前走に関しては臨戦過程が悪い中での2番人気はそもそもが過剰人気。母リバティーベルは1200mにしか好走歴がなく、スズカコーズウェイ産駒ならタフな中京1900mという条件も厳しかったろう。この一度の敗戦だけでクラスの壁とは言い切れず、条件好転の上、稽古でも明らかに前走を上回る時計が出たとなれば上昇の余地は大きい。この距離なら2走前のように差す形が想定されるが、その方が味のある走りができそう。

⑫カフェスペランツァ

⑮ロードリッチ

⑩フルデプスリーダー

⑨シークレットアイズ

 

東京5、6、8はnoteに挙げています。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

挙げた中ならこの馬が一番期待

 

 

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。