狙い馬 競馬

2021.12.28(火)の狙い馬

スポンサーリンク

中山2

⑤サクセスシュート
穴⑪バックスクリーン
穴⑧イスカンダル

 

中山5

⑥サンドレス
血統を見ず追い切りだけでピックしたらブラストワンピースの全妹だった。今年のハービンジャーの2歳は産駒が活躍した時に付けられた当たり年。この馬も走ってきそう。

 

中山6

①ギュウ
清水厩舎の新馬戦は追い切り倒れのことも多いが、メンバーレベルの低いここでは頭一つ抜けている感。

 

中山7

⑪エトワールマタン
企画ものレースの頭数集めに登録したような馬がほとんどの中、唯一能力的に評価できるのが本馬。デビュー3戦目の当舞台の勝ちっぷりが優秀で、ここで負かした2~7着、10着、12着がその後未勝利を突破し、③⑥着馬は既に2勝。
昇級後はフラワーC、フローラSと格上挑戦し、流れに反した位置取りから1秒も負けていない。⑨⑬⑦着の近3走は9着時が休み明け(稍重)、13着時は先行馬壊滅の重馬場で先行策を取ったことが仇、7着の前走は本来の控える形から3着馬とは0.2差だからようやく調子を上げてきたといったところ。未勝利を勝った時が1800m→2000mの延長戦で今回と同パターン。菅原騎手を引き当てたことも大きい。

穴③トーホウボルツ
近走が2度の1番人気を裏切る不振だが、前に行けない他力型の馬だけにやや過剰人気だったか(私も本命視したことはあったが)。初ダで10番人気ながら激走して以後はダートを使われているが、未勝利勝ちは芝で元来芝向きと思われていた馬。芝ではダート並の上がりしか使えないが、中山の2000mならその特性がマッチする可能性はある。ジュニアカップではヴェイルネヴュラから0.3差の実績があるし、1勝クラスなら上位争いがあっていい。

 

中山9

④シュッドヴァデル

 

中山11

◎⑥コマンドライン

○⑤キラーアビリティ

▲⑧ジャスティンパレス

穴④グランドライン

穴⑬フィデル

危険人気馬⑮アスクワイルドモア、⑦サトノヘリオス

 

阪神3

⑩ペプチドヤマト
母ペプチドルビーは1200mで3勝の快速馬。シンボリクリスエス産駒の兄が1400mで2勝、キンカメ父の姉、モーリス父の兄も1200mで初勝利を挙げているから、よりスピード志向の強いドレフォンなら1200m変わりは歓迎のはず。

⑤キッショウ
前走は中京2歳Sを楽勝するジャングロの逃げを番手追走から

穴⑦オオキニ

危険人気馬⑧キムケンリアン

 

阪神5

⑧レベレンシア
⑨ミッキーフローガ
①ミロワール

 

阪神6

⑨スコールユニバンス
⑪デビットバローズ
⑬クラップサンダー
⑫クロニクル
穴⑥エターナルビクトリ
穴③ギルトレターズ

 

阪神8

⑫ワンダーイチョウ
穴⑪セカンドエフォート
穴③レベルタウン

 

阪神9

②エナジーロッソ
阪神は2-0-2-0。2走前が不可解だが、前走で勢いを取り戻し、稽古の動きも更に良化している今回は昇級の壁もないのでは。

⑬メイショウヒューマ
2戦目の当舞台で勝ったエナジーロッソから0.1差2着。4戦目にスマッシャー(ユニコーンS)の2着でこの時の3着馬メディーヴァルは先週2勝クラスを突破した。3~4走前はいずれも内枠で大敗したが、外枠に変わった前走で快勝。再び好枠を引いた今回はエナジーロッソと2度目のワンツーも。

穴⑤ニシノダンテ
現級は⑦⑩着だが、7着は昇級戦で中山への遠征で14キロ減。前走は体は戻したものの大外枠の不利があったし、1000mベストの本馬にとって距離も長かった。距離短縮はいいし、この中間は稽古の動きが目立っている。
稽古もいい

大穴⑩クリノイコライザー
2走前には園田とはいえステラータを6馬身突き放している。ステラータが1勝クラス、2勝クラスを連勝している。前走は昇級のハイペースの流れに戸惑ったが、クラス慣れの見込める今回はスムーズなら前進があっても。

 

阪神11

⑩メイショウダジン

穴⑭スウィープザボード

穴③ウインドジャマー

 

一年間ありがとうございました!

といいつつ東京大賞典もやりますよ!(笑)

 

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑ブログからはこの馬で勝負

本年最後のnoteも合わせてお願いしますm(__)m

 

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-, ,

© 2022 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。