狙い馬 競馬

2021.1.10(日)中山の狙い馬

スポンサーリンク

フェアリーSで密かに本命に温めていたホウオウイクセル、どこに入るかな~と思って先ほど新聞を見たら8枠15番て…。

決して8枠がダメという舞台とも思わないけど、この馬のキャラ的には内目が良かっただけに残念無念。一気にヤル気がなくなった。人気のテンハッピーローズは枠にまで恵まれて盤石の構えだしねぇ。

ま、ひとまず日曜日分を。

 

中山1

穴⑫ホープケツァール

デビュー戦は勝ったも同然の2着。前走はレース選択が下手なだけ。距離を戻せば巻き返しも。

穴⑦ヴィオマージュ

デビュー戦はディールクルムが1着、タケルペガサスが2着のハイレベルの一戦。いずれも昇級後のレースで2着している。本馬は2番手を追走したが、終始タケルペガサスのプレッシャーを受ける位置。4コーナーでも早々に交わされる構えだったので、終い失速も致し方ない状況だった。それでも先行力には見どころがあったし、ひと息入れて立て直された今回は状態も良さそう。

④ノアファンタジー

デビュー当初から追い切りの動きから評価してきた馬。芝でも走ったが当時からダートの方がベターと思っていたので。初ダになるのであまり人気するようだと微妙なところだが。

 

中山5

⑧ジルブラス

今週の坂路で51秒台を馬なりでマーク。前走時に比べて明らかに動きが良化。まだ産駒が1勝もしていないジェルミナルの仔だが、母は中山のフェアリーSを快勝し、桜花賞、オークスともに3着した馬。血統的に奥が深そうだし、母系はノーザンダンサー、レインボークエストなど重い血を持つ馬だけに叩かれて良さが出そうだし、距離延長も良さそう。エピファネイアの当舞台成績も数は少ないが、2-1-1-5(複勝率44%)

 

中山7

穴⑮ダイシンウィト

当舞台の未勝利戦を1.2番の断然人気で5馬身千切った馬。それだけ相手が弱かったとも言えるのだが、それにしても当時のレース内容からも1勝クラスならもう少しやれていい。追い切りは目立たないが、これはいつものこと。東京からの舞台変わりでもう少しやれていい。

 

中山9 朱竹賞

⑧マイネルジェロディ

前走は臨戦過程も悪かったし、少頭数にしてはペースも流れ、展開も苦しかった。新馬でカスティーリャ(シンザン記念出走)、ゴールドチャリス(中京2歳S)に先着しての2着はダテでない。2走前は休み明け、前走は臨戦過程、3走目の今回は機が熟した感じ。稽古も上々でまともなら軸としての責務は果たせそう。

④ショウナンラスボス

ダートに矛先を向けた前走だがどうやら適性がなかったよう。芝に戻っても甘い面のある馬だが、そういうタイプだけに東京よりは中山向きだろう。ダートを使った前走は今回を迎えるに当たっては無駄ではないし、父の複勝率は34.8%とメンバ-中トップなので、巻き返しの期待十分。

穴⑯ロンギングバース

大外枠がどうかだが、2走前にはショウナンラスボスに先着。前走の大敗は無理もなく、この相手なら。

穴⑪ビーマイベイビー

ダートの未勝利を勝った直後の福島2歳Sで3着と能力も芝適性もある。前走は最内枠で砂を被って戦意喪失だけに度外視の一戦。ジョーカプチーノ×マンハッタンカフェという中山のマイル以下で重賞勝ち馬を輩出した同士の配合ならこの舞台も合う可能性があり。

※新聞を見る前にピックしていて、おそらく人気だろうなーと思ったらやっぱり人気。

 

中山10 若潮賞

②ウインカーネリアン

2ヶ月ぶりだった前走はやや余裕残しの仕上げで僅差4着。3走前にもそうした仕上げで叩いた2走前に一変して楽勝。馬なり調整主体の厩舎だけにやはり叩いた方がベター。最終追い切りは格上馬を相手に0.6秒追走しながら併入、終いは11秒台の切れ味だった。この状態なら2走前のように強気のスタイルでも押し切り可能。むしろ切れない馬だけに内に押し込められた時だけが不安。その辺は鞍上も分かっているはずで。

穴⑩スーパーブレイク

1年前に当舞台で2勝クラスを豪快に勝ち上がった馬。さすにが3勝クラスまで上がると甘くはないが、府中2000mで捲り上げた前走の負け方が良く、得意条件に戻っての上積みがあれば差し込みがあるかも。

 

中山11 ポルックスS

穴⑨ハイランドピーク

近走は加齢もあるのか行き脚自体つかなくなっているので、2走前は最内枠のスタートにも関わらず、4コーナーで大外に振られる不利がありながらこの馬なりに脚は伸ばしていた。前走も4コーナーの手応えはそれなりにあったが、ゴチャつく面もあってそこからは一気に脚が鈍った感じ。もともと気分よく走れる時に強い馬だったので、スムーズならという条件はつくが、半年前にはエルムSでウェスタールンドやアナザートゥルース相手に差のない競馬ができていたし、2、3走前には1番人気にも支持された馬。衰えは気になるところだが、一気に人気が急落するようなら穴としての資質はある。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

明日の中山はこれで仕方ない。

 

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。