狙い馬 競馬

2021 函館記念 臨戦過程評価

スポンサーリンク

今日は水曜日ということで想定チェックがこれから。

重賞の予想などしている暇はないのだけど(笑)、各馬の短評をザッと。

 

アドマイヤジャスタ(→↗)

昨年も鳴尾記念6着で復調気配を感じていたので少しにおった(とはいえヒモまでだったけど)。今年は着順ほど昨年ほどの上がり目を感じないが、ただ、前走は不良、2走前は3000mが長い、3走前は1800mが忙しい、4走前は10着でも0.7差、5走前は札幌記念で相手が強い、6走前が昨年の函館記念と思えば、函館記念の後にほとんどベスト条件を走っていない。臨戦は悪いと思わないし、相性の良いこの地で復活の余地はある(ただ、今年は流れが合わないかな~)

 

ウインイクシード(↗)

アドマイヤジャスタもそうだが、前走の福島民報杯組は上位陣を除けばほとんど臨戦過程は上昇となる。なにせほとんどの馬が力を発揮できていないので。この馬もたぶんに漏れず。洋芝も得意だし後退要素なし。ただ、力の衰えはないものの7歳になってここからの上昇はないと思われるだけに、意外と人気しているのが難点ではある。

 

カフェファラオ(→)

初ダの人気は鉄則通りリスク面を重視。ヒモまでかな。

 

サトノエルドール(↘)

前走はルメールアシストが大きかったし、反動の出やすい臨戦。巴賞上位馬が函館記念では厳しいということが周知されすぎて、前哨戦を勝ちながらあまりにも軽視されるようだと世論に反して来てしまったり…ということがあるのが競馬だけど、まぁ厳しいかなー

 

ジェットモーション(↗)

前走は直線の不利が勿体なかったね。まともなら上位争いできていた。ただ、函館記念に向けて余力を残すという面では悪くなかったのでは。ただ、鞍上未定か~

 

ディアマンミノル(→)

臨戦自体は可もなく不可もなく。ただ、不器用なタイプでコース適性があるとは思えない。

 

トーセンスーリヤ(→↗)

前走は負けて強しの内容だったし、長期休養明けを叩きつつ本来の粘り強さを取り戻してきた印象。悪くない臨戦。

 

ドゥオーモ(→↘)

近走に好走歴のあった昨年とは違って大敗続きの今年。不思議とノーマークにはできない不気味さのある馬だけど、さすがに8歳になった今年は厳しいかな。

 

ナイママ(→↘)

この馬は柴田大地が乗らないと(たまに)走る。今回の鞍上は誰なんだろう。あまり興味がなくて現時点では調べてもいない。洋芝は合うので人気次第では押さえてもいいけど、上昇の余地は少ないように思う。

 

ハナズレジェンド(→)

8歳にして前走は上がり1位。上位4着までが4コーナー4番手までの超絶いったいったの流れを最後方から強襲の5着。まだ衰えてはいない。かつて重賞級と惚れ込んでいたこの馬、矢作厩舎からも放り出されてしまったけど、洋芝は得意だしハイペースになれば3着ぐらいなら…まぁでも厳しいな、なんて思いつつヒモには押さえると思う。

 

バイオスパーク(→↗)

去年3着時より臨戦過程は上。去年でも3着なら状態さえ問題なければ十分やれていい(追い切りチェック)。あとは内枠が欲しい。

 

マイネルウィルトス(→)

国分騎手が乗っていた時、ちぐはぐな競馬続きでイライラさせられたが、乗り替わってからOPを楽勝するまでに成長(?)。それまでに国分騎手がいろいろと教えてきたおかげかもしれないけど(一応フォロー)。もっと前走は道悪の巧拙の大きすぎる競馬、鵜呑みにはできない。順張り血統のスクリーンヒーローだけに軽視はできないが、過大評価もできない。

 

レッドジェニアル(→)

休み明けで臨戦からの判断は難しいが、どちらかといえば叩き良化型。かつ不器用なタイプで舞台が合うかは微妙。G2勝ち馬の割に人気がなければそれなりに評価するのもありだが、とはいえヒモまでか。

 

ワールドウィンズ(↗)

前走は+12の馬体重から分かる通り余裕残しの仕上げ。いかにも次を見据えての出走だったし、終いの弾けなさも納得。叩いて変わってきそうだし、G3ならやれていい馬。

 

何頭か上昇評価馬はいるけれど、本命候補は下記から選ぶつもり。枠次第だね。

ジェットモーション、トーセンスーリヤ、バイオスパーク、ワールドウィンズ

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑平日限定特別戦推奨馬その2

今週もよろしくお願いします!

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。