狙い馬 競馬

2021 京成杯&日経新春杯

スポンサーリンク

京成杯

◎⑫ディクテイター

タイムトゥヘヴンは本来なら北村友一騎乗でも良さそうなものだが、ディクテイターへの先約があったのだろうか。だとしたらディクテイターは素直に買い。デビュー戦こそ不良で崩れたが、前走は外を回りながら後続を完封。少頭数の外枠という条件は願ってもない。ルーラーシップ×フレンチデピュティというのも冬場の中山にピッタリの印象で。

○②タイソウ

前走からもかなりの素質は秘めていそう。新馬勝ちでもあっさり通用する1勝クラスのようなレースだし、前走を信頼するなら素直に高評価。ただ、西園師が吹いていて過剰人気傾向にあるのと、レースが楽過ぎた点を加味して対抗に。

▲⑥テンバガー

新馬3着時の上位2頭がすでに重賞を勝ち、人気だけなら本馬が1番だったという事実。間隔は空いたが臨戦過程は悪くないし、前述の通り1勝クラスと思って予想すればいいレース。舞台得意な戸崎騎手騎乗ながら10倍以上つくというのも妙味があって。

穴⑪ラカン

1勝クラスを予想すると思えば本馬の勢いも侮れない。デビュー以来一度も着順を落とすことなく、一戦ごとにパフォーマンスを上げてきたこの臨戦は2歳戦では有利に働く。2走前には先行しているように決して終い一辺ではないし、ペースは流れないだろうが途中からペースアップするような展開になれば出番があっても。

※グラティアス、ヴァイスメテオール、タイムトゥヘヴンはいずれも楽なレースを勝ってきて昇級して人気というのが微妙なところ。全てが飛ぶとも思えないが、少し懐疑的に見ようかと。挙げた4頭のワイドBOXでもほぼガミはないし、それで遊んでみるかなー。決して大金を投じるレースではありませぬ。

 

日経新春杯

◎④サンレイポケット

東京芝2400mで勝ち鞍はあるが、2500mとはまた別物で前走はやや距離が長く、それでいて内の悪いコース取りを強いられた。もともと臨戦過程も良くなかったし、ここは一転(↗)となるので少なくとも前走以上の走りが期待できそう。芝2000~2200mがベストの馬だとみているし、父ジャングルポケットにダートの母系というのも今のタフ馬場にマッチ。前走の過失(?)を経てなお手綱を任された荻野騎手の奮起にも期待したい。

○⑦バレリオ

本馬も臨戦過程はいい。前走はかかってスタミナを失ったもので能力負けではないし、今回溜めればこの馬なりの脚は必ず使ってくるはず。いかにもステイゴールドに合いそうなバイアスだし、オークス3着アイスフォーリスの全弟なら格的にも負けはしない。

▲⑨ヴェロックス

△⑩アドマイヤビルゴ

△⑭ショウリュウイクゾ

※サンレイポケットが4番人気なら5枠2頭と2-2フォーメーションにするかなー。このレースも遊び。

 

おまけ

小倉2

穴⑤ハイレリーフ

穴②マコトヴァンセンヌ

 

小倉6

穴②トーセンアレックス

穴③ナックイルーシヴ

 

小倉9

穴②サトノファビュラス

穴⑨ミアグア

 

小倉12

⑦レッドルーヴル

前走は明らかに太目で陣営の仕上げミス。2走前は秋華賞3着ソフトフルートが断然だったレースで5着も3着とは0.2差かつ直線の進路取りで迷いもあった。今回は休み明けとなるが稽古は絶好だし、小倉もベスト。1800よりは2000がベターではあるが、差しも利く舞台で問題はなさそう。馬体重は少しでも絞れて欲しい。

穴⑬ゼンノジャスタ

この馬ともジュニアC以来の腐れ縁で毎度レース後には乗り替わらない限りもう2度と買うまいと思うのだがつい目に入ってしまう存在。それだけ力を買っているし、まともなら現級で勝ち負けできる。前走も勝ち馬は昇級即3着、2着ラヴユーライヴ、3着セウラサーリももしこのレースに出ていれば人気になる馬たちで悪い4着ではない。大外枠で立ち回りがカギとなるが、うまく流れに乗れるようなら。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

今週もありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬
-,

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。