狙い馬

2020.11.7(土)福島の狙い馬

スポンサーリンク

みちのく福島の更新まで見にきてくれた皆さん、どうもありがとう。

YouTubeや他のブログでもなかなかローカルの重賞以外の予想はないし、あんまり需要はないんだろうなーと思いつつ、自分が何気にローカル好きなんで予想してしまうんだよね。

これで3場の更新をやり遂げた。22時に終えられてホッとしとる。

あとは挙げた馬が一頭でも好走してくれることを願うのみ。

なんとか日曜日につなげたいもんだね。

 

福島8

マテラシオン

前走は初ダで9着。ダートをこなせない血統とは思えないが、距離の1F延長もあったし、現状では今回の舞台の方が明らかに良さそうで。2走前は小倉1200mで22キロの馬体重増でも6着と善戦していたし、ダートを挟んでの叩き3戦目でそろそろ走り頃。

ジュビリーヘッド

前走は上位4頭が追い込み馬という先行馬受難の流れ。先行していた本馬が崩れたのも無理はない。その前のレースではギルデッドミラーの2着、朝日杯3着グランレイともクビ差。この時には次走で敗れたカワキタアジンにも先着していた。前走以外は強い相手に善戦していたし、ローカルの今回のメンバーでは明らかに能力が上。鞍上も相まって断然人気が分かっているのであえて対抗としたが、これは持ってきてもらいたいところ。

エアリーフローラ

前走敗因は距離と明確。平坦1200mはベストと思える条件。少し間隔を開けたが、ウッドからの長め追い3本で仕上げは上々。内のケイティディライトに行かせてインの好位から直線抜け出すイメージで。

穴⑬マイネルホイッスル

 

福島9

ランドアーティスト

ひと息入った後だが、3走前もその形で走れているし、この中間は2歳馬ながら稽古動くレガトゥスと合わせて質量ともに十分に乗り込まれてきた。最終追い切りもウッドで馬なりで11.7なら仕上げに不足はなさそうで。臨戦的にも昇級即通用の構えだろう。

タイセイモンストル

近2走は不甲斐ない戦績だが、2戦目に個人的に能力を買っているヤシャマルやユピテルルークスを下した未勝利を勝っている。稍重のハイペースを先行する展開に反する形で勝っているので完全に力が上だった。そのレース振りから持久力戦に長けたタイプと見て取れるが、近2走は新潟、そもそも条件が合っていたのかどうか。今回は勝った小倉同様コーナー4つの小回りでそれなりにペースも流れそう。父産駒は過去3年の当舞台複勝率35%超と相性も抜群。

穴⑩スズカキング

稽古の動き、未勝利勝ちの内容からここまでくすぶる馬ではないと思うのだが。前走でマイルの速い流れを経験させての今回は逃げを示唆。行き切れるようなら残り目があっても。

 

福島10

⑥カーフライターク 

新馬を6馬身差で勝った馬…の割にその後はいまいちだが、入着も外した近2走に関しては2走前がダート不発、前走は休み明けと敗因もしっかり。今回もひと息入ったが、稽古は素晴らしく、明らかに前走時より馬が良化した印象。もともとの素質は高い馬だし、ここは変わり身を見せられると思う。

 

福島11

ロンドンテソーロ

現級で僅差2着が2回。前走は臨戦過程悪く崩れたが、ひと息入れた今回はまともなら巻き返しの鞍。

ゴールドラグーン

デビュー当初の走りと7戦で2勝クラスを突破した能力から現級でももう少しやれると見ている馬。3走前には勝ち馬から0.2秒差の4着があるし、恵まれれば3着内の目があっても。今回はローカルに舞台を移したことでまず相手関係が楽になることと、1400mでは行きっぷりが良すぎるくらい(で終い失速)なので、今回の初距離も奏功するのではないかとの期待から前走に続いて期待したい。

 

福島12

エフェクトオン

単純に能力が上というのはあるが、今回は前回で先着を許したウインキートスよりも臨戦過程が上という点からも推奨したい。ウインもかなりの器だと思うが、本馬はすでに当コースでの実績もあるし、逆転の目も十分あるかと。

ヒラボクメルロー

小倉だが1勝クラスを7馬身差で勝ったことがあり、現級でも2着、3着が一度ずつ。4月に当コースを走った時は大幅馬体減等他の敗因があったし、その後はダートや中距離を主体に使われ、ベストと思われる平坦の長距離戦は久しぶり。前走で大きく離されたウインキートス、エフェクトオンとの再戦となり、常識的には苦しいが、ハンデ戦になるし、1勝クラスを勝った時のようにマイペースに先行できるようなら粘り込みがあっても。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑福島で一番買いたいのはこちら

 

スポンサーリンク

-狙い馬

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。