狙い馬

2020.10.17(土)東京の狙い馬

スポンサーリンク

ようやく3場更新完了。

この苦労が報われるよう挙げた馬たち、激走しろやー!

 

東京1

④ブルースコード

前走は1番枠ながら道中は終始外目を追走。先週のD1400m戦で楽勝したタマダイヤモンド(この時は3着)の更に外から追従する形で早めに動いて最後はパッタリ止まったが、展開は決して楽ではなかった。それでも初戦と思えば悪くない内容だったし、父ミッキーアイルに母系もスピード優位(母も1300mで勝利)なら今回の距離短縮も有効に作用しそう。

 

東京2

穴④サンキューベイリー

当舞台でのデビュー戦は4着から離された5着だが、勝ち馬は重賞で2着、2着馬はOPで2着とメンバーレベルはそれなり。前走は不良馬場のハイペースを2番手から進めて終い踏ん張り切れずも、4着グローリアスカペラと0.1秒差の7着。このグローリアスカペラは既に未勝利を楽勝している。6月の入厩後の初時計でウッド5F66.6の好ラップを刻んでいるように、それなりに能力は秘めていそう。前走は不良馬場で崩れたが、これは道悪の巧拙というよりは展開面の厳しさもあったと思う。母父アンバーシャダイならスタミナはありそうだし、少し時計の掛かる東京という舞台は合っていそう。母も当舞台で勝利歴がある。

⑬アカイトリノムスメ

前走は血統面からも人気になったが、稽古ではそこまで目立った時計が出ていなかったし、ある程度余裕残しの初陣だったのではないか。それを踏まえてこの中間はウッドで長めからの追い切りを重ねているし、最終追い切りでも5F65秒台を叩きだしてきた。母アパパネなら厩舎としても走らせなければならない素材だろうし、ここは順当に巻き返してきそう。

 

東京3

④エンスージアズム

本馬が4着したデビュー戦の2着スパークル、3着ジェラルディーナが次走でも対戦してワンツー決着を決めた。上がりだけなら上位3頭を凌駕した本馬も勝ち負けできる立ち位置にいる。新進気鋭の調教師らしく、相手関係を吟味して組みしやすい関東にあえて遠征してきた点も勝負度合いの高さを伺わせる。初戦で出遅れた点が多少気になるのと、小柄な馬体なのであまりにも馬場が悪くなるとやや狙いは下がる。

危険人気馬⑥アラモードバイオ

 

東京6

⑥リワードノルン

初芝の前走はブービー負けでも単に適性のなさを露呈しただけ。ダートなら現級でも勝利間近のところまできているし、唯一の連対が重馬場なので軽い馬場になるのも悪くなさそう。

③ダイシンウィット

前走は先行馬総崩れのハイペース。本馬は本来の先行策を捨て差す形を取ったのは正解だったが、それでもタイミングひとつ仕掛けが早かったよう。それでも終いにパッタリ止まった2走前に比べて終いに脚を使えたのは収穫。稽古は目立たないタイプだが、叩き良化型らしく一戦ごとに上昇はうかがえる。今回の距離なら逃げ先行の手もあるだろうが、ルメールへの返り咲きならその辺はいかようにも乗ってくれるはず。

⑫サウンドトラック

本馬は1700mで勝ち上がったが、2頭の兄弟はいずれも1200m以下で好走。母アースサウンドの短距離中心の活躍馬だったので、本馬にも潜在的なスピード能力は備わっているはず。好凡走の激しいタイプだが、前走の走りで一皮むけた印象もあったし、勢いに乗ってここでの好走も可能。ただし、ルメールがダイシンウィットを選択したのは減点だが。

穴⑮ファイヴレター

穴⑯アポロセイラン

 

東京8

⑧キタサンバルカン

前走は終い伸びきれなかったが、新潟2000mでは切れ負けの格好。この馬自身は好走歴のない休み明けを思えば悪くないひと叩きの一戦となった。このタイミングで2走前に勝利に導いたルメールチェンジは勝負の鞍だろう。

 

東京10

⑪アプルーヴァル

前走時もかなり入念に乗り込まれていたのでどこまで上積みがあるかは疑問だが、前走が長期休養明けの昇級戦、かつ喉鳴りの手術後の一戦と思えば大敗もやむを得ないし、やはりひと叩きの恩恵は大きそう。もともとマイルよりも1400mベターの馬だし、稽古は益々快調といったところ。喉のことを思えば渋り気味の天候も味方にできそうだし、重、稍重での勝ち鞍があるので、諸条件が好転する今回は楽しみな一戦。

②レッドイグニス

7歳にして始めて使った1400mの走りが良く、2戦していずれも0.2秒差以内の接戦。前走は阪神遠征で馬場も展開も向かず、今なら1800よりも1400ベターといったところ。休み明けも苦にしない馬だし、この年でも大事に使われているので馬はまだ若い。道悪はプラスとは思えないが、切れ負けする可能性があるので、多少渋るくらいならむしろ歓迎かと。

穴③エクレアスパークル

2走前に16番人気で大波乱を演出したが、デビュー当時の走りを思えばありうる好走だった(と走られてみて思った)。かつては私も将来重賞で活躍できる馬と見染めていたほどの馬。その後、中内田調教師が見切りをつけたために終わってしまったかと思ったが、血統的にもまだ余力はあったよう。全盛時ほどのすごみのある動きは見せなくなっても、まだ稽古の動きは悪くなく、いつ激走してもおかしくない。距離も1200mだとやや忙しいので、初距離のここで新味に期待。

穴⑨トウカイオラージュ

穴⑮ミュージアムヒル

大穴⑩ウォータースペース

※フレッチアやビッグインバイオは人気でもそこまで信頼していない。だから本命馬含めて軒並み穴馬となった。ただ、こうして波乱が起きそうな時に限って人気同士ってパターンもあるんだよね。まぁその時はその時でという感じで私はここは穴狙い。

 

東京11

◎③フェアリーポルカ

○⑥シャドウディーヴァ

▲②ダノンファンタジー

△⑤ラヴズオンリーユー

△①シゲルピンクダイヤ

穴⑧サムシングジャスト

週半ばの考察記事

見解は上記の通り。

その時対抗だったポルカ嬢を馬場と妙味面から格上げしました。

 

東京12

⑦ラブリーエンジェル

道悪の東京マイルは3走前に快勝しているように血統的にもベストに近い舞台。近2走は牡馬相手の重賞で結果も仕方のないところだし、前走に関しては十分善戦したといったところ。昨年も自己条件の1800mで大敗した後に東京マイルで2着好走したことがあり、この距離短縮も臨戦的なプラス要素。

穴④モズレジーナ

1勝クラスを4馬身差で快勝し、現級でもなかなかの内容で2着、3着が一度ずつ。前走は自身のスタイルと異なる先行策で持ち味が生きなかったが、今回は自然と差す形となるはず。矢作厩舎らしく、いくつかのレースを見定めてここに出走を決めてきた。貪欲に勝利を求めての遠征とみる。

穴⑧ゴールドフレーム

本馬も東京マイルで全2勝を挙げているように前走からの条件替わりがプラス。3走前はハイペースを逃げての自滅、近2走は小回り特有の出入りの激しい流れに自分の競馬をさせてもらっていない。この舞台で4走前のようにスムーズな先行策を取れれば粘り込みのチャンスも。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

 

さ、風呂入ろ。

入ってじっくり検討したいけど寝落ち注意

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。