狙い馬 競馬

小倉のプロキオンSが難解すぎる件(それでも予想)

スポンサーリンク

小倉D1700mでおこなわれるプロキオンS、難しすぎるがハードルが高ければ高いほど挑む価値ありということで予想だけでもしてみよう。

その前に登録メンバーにアルドーレがいないのはなぜだだろう?

この馬は去年、当舞台の阿蘇Sを快勝。このレースで下したオーヴェルニュは直後から3連勝と価値ある勝利で舞台適性は高そうなんだけど…

それなのに以後は一度もこの地で走ることはなく、この夏は北海道遠征を決めた模様。

先行馬揃いで脚質的にもハマりそうなプロキオンSを捨てて(?)今週出走する函館のマリーンS、このアルドーレが買いかもしれない。

ちなみにこの馬は2走前10番人気時(僅差4着に泣いたが)に本命、前走1番人気時に軽視と、買い時のタイミングは掴んでいる。今週は買いでいいんじゃないかと。

この馬がプロキオンSに出走してこなかったことが勿体なく、ついマリーンSの予想になってしまったが、話をプロキオンSに戻そう。

 

まずメンバーを見渡したところ、逃げ先行馬が多すぎる。

これだけ多いと逆に案外流れが落ち着くなんてケースがあるのも競馬だが、さすがにこのメンバーが揃えばそれもないだろう。序盤からラップの緩まない流れを、スピードの持続力で踏ん張り切ることのできる馬のみが生き残るサバイバルマッチの様相。

そんなサバイバルレースから脱落した先行馬の間隙を突いて襲い掛かるのが後方からの差し馬ということになるだろうが、その差し馬たちですら、ある程度の追走力と機動力がなければ重賞のレベルで差し届くことは難しいかもしれない。

 

ということで、今回はカギとなる逃げ先行馬、その間隙を突けそうな差し追い込み馬の評価をザッと検証していこう。

逃げ先行馬

サンライズホープ(→↘)

覚醒を感じさせる近走だが、前走はスローでの逃げ切り。2走前から逃げなければダメという馬でないが、流れに戸惑う可能性は多分にあるし、人気しそうな気もするのでそこまでの魅力は感じない。

 

スマートセラヴィー(→↗)

昨夏の当舞台の3勝クラスを完勝。その勢いを駆ってOPも勝ったが近3走は不振。ただ、根岸S、オアシスSともに直線の長い東京(今回の舞台と適性リンクが真逆)だし、ハイペースも祟った。前走は地方が合わなかったとしか思えぬ大敗で度外視。脆さはあるが、人気がなければ押さえて損はない一頭。

 

タイガーインディ(→)

前走は全く自分の競馬ができていないので、今回自分の競馬ができれば上昇の余地はあるが、おそらくできなそう。

 

タイサイ(→)

臨戦云々以前に力不足の印象だが、当舞台は3戦3連対と適性もある。ただ、常識的に考えれば厳しい。

 

トップウィナー(→)

前走は目黒記念出走の謎ローテだがここへの叩き台か。とはいえ、それ以前からのリズムが悪すぎて、ここで一変を望むのは酷。

 

ナムラカメタロー(→)

3走前に突如復活したが、当時は展開利も大きかった。ハイペースの近2走は太刀打ちできておらず、ここも同様の形になりそう。

 

メイショウウズマサ(→)

前走は追い込み競馬を逃げてあわやの4着。2走前も同様に逃げて強い3着。ここも自分の型に嵌められればだが、それでもロードカナロア×フジキセキなら1400mベターの印象が強く。

 

メイショウカズサ(→↘)

3勝クラスまでの快進撃は見事だったが、OP入り後は大スランプ。ここもリズムが悪すぎて。

 

メイショウワザシ(→↗)

前走は不適条件での敗戦。2走前から顕著な衰えはないし、今年のプロキオンSが当舞台で行われることで恩恵を受ける一頭。毎年のように小倉で活躍しているように、今の時期もコースも合うし、逃げなければダメという馬ではないので、先行策から抜け出すような形が取れれば。

 

ワイドファラオ(→)

ワンペースなタイプでマイペースでないと格下相手にもあっさり崩れる脆さがある。実績馬だが小回りの当舞台はどうだろか。

 

以上、逃げ先行馬のくくりで挙げていたら、あえて挙げるまでもない馬まで挙げる羽目になってしもうた。まぁそれだけ先行馬が揃ったよということで。この持久力戦を制して生き残れそうな馬は、臨戦過程の視点からはスマートセラヴィー、メイショウワザシあたり。どのくらいの人気だろう。人気してまで軸にしたいほどの馬ではなく、あくまで穴ならという狙いだけども。

 

さて、これら先行馬が勝手に垂れてくるところを差し込める強靭な末脚の持ち主はといえば…?

ウェスタールンド(→)

やっぱりこの馬しかいないよねぇ。ってか9歳のこの馬がまだのさばっている(言い方)ダート界ってほんと新陳代謝が鈍いというか、実力馬の息が長いというか。展開も舞台もピッタリでまともなら自慢の捲りが炸裂するような気はするが、それでも半年振りの9歳馬、過信はしない。

 

エクスパートラン(→)

近2走11番人気ながら連続激走。前走はかなり臨戦過程が悪かったのに勝ち切ったから力がある。ただ、あまりにも序盤の脚が遅い。3勝クラスだから捲りが利いたかもしれないが重賞では…まずは様子見か。相当にタフな流れになれば血統的には面白いが。

 

ダノンスプレンダー(→↗)

近2走は重賞の壁も前走は2走前から前進。2走前は不良馬場が向かなかった印象だし、前走が本来の力。小回り向きのイメージはないが、近2走でハイペースを経験している点はプラス。展開的にもちょうどよい位置を取れそうだし、そこそこ差は詰めてきそう。ただ、川田騎手も相まって人気するようだと、そこまでの信頼感もパンチ力もないか。

 

ペプチドバンブー(→)

前走3着馬とは0.3差、末脚は目に付いたし、やや距離が短い印象があった。もともと1700mはこなせるし当舞台での勝ち鞍もある。ただ、近走は4コーナーでも二桁位置と機動力に乏しい直線一気型。普通に考えれば厳しいが、時に追い込みも炸裂するのが当舞台。恵まれればの穴候補。

 

…と、ここまであらかたの馬の見解を書いてきておもわず溜息 ( ´ー`)フゥー...

 

本来ならこうして書いていく中でインスピレーションが呼び起こされることもあるのだけど、このレースに関しては全く湧いてこなかった (^^;

これは馬券的にはパスかな~。買っても1000円運試しコース。

 

一応、

逃げ先行馬からは、スマートセラヴィー、メイショウワザシ

差し追込馬からは、ウェスタールンド、ダノンスプレンダー、エクスパートラン、ペプチドバンブー

の名を挙げておきます。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

不正ブロガーに喝!w

今週もどうぞよろしく。

今回の週中限定推奨馬は、まだ全体をしっかり見られていないこともあって、無難に(?)平場から手堅そうな馬を挙げておきます。

スポンサーリンク

-狙い馬, 競馬

© 2021 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。