狙い馬

2020.3.14(土)中山の狙い馬

スポンサーリンク

今週は早め早めの検討でよう頑張ったからこうして金曜日の午前中にアップできる。毎日ブログも更新したしな。

まぁいくら頑張っても見る側からすれば「結果が全て」なんだとは思う。私もある意味そう思うが、こうして情報を発する側からしたら、その過程も少しだけ評価してちょと甘えたくなってしまう(笑)。なんとか結果も伴ってくれるといいんだけどね。

 

 

中山1

⑭ミネルバ

[向こうが仕上がり途上だったとはいえ、新馬戦で現2勝のオーロラフラッシュには先着しての3着。この一戦だけで今の未勝利では上位と言えるし、前走でダート適性も示した。先行する脚も見せたので、今回の距離にも対応できると思うし、何より初出走馬ばかりで相手関係も楽]

⑨ヨシノパナギア

[7戦のキャリアで3着が最高という馬だが、使いながら良化させる宗像厩舎なので、いま徐々に良くなっているところ、まだ上積みはあるだろう。事実、今年に入っての2戦の内容は見どころがあり、2走前には今回の舞台で最速の上がりを駆使して4着。前走でもミネルバに先着しているし、基本は本馬とミネルバの争い。双方人気は必至だろうけど]

⑤スズノレイラ

⑭シャリーアルマリカ

※初出走は素質だけで駆けてくることも多く、かえって難しくなるのだが、調教からいきなり動けそうなのが上記2頭。スズノレイラの父エスポワールシチーはこの舞台の複勝率が34%と今回出走馬の中では群を抜いた相性の良さもある。

 

中山2

⑬ジーマックス

[前走は思いのほかだらしなかったが、能力的にはあそこまで負ける馬ではなく、4角で早めに動かざるを得なかったせいもあったかも。2、3走前だけ走れれば再び上位争いは可能だし、初ダートのプントファイヤーや臨戦過程微妙なサトノワールドが人気必至のメンバー構成につき、人気の急落が見込める本馬は妙味的に面白い]

穴⑪ショウナンアクア

[過去のレースを見る限り、この距離は忙しいが、上がりの脚は確実だし、展開が流れて差し有利の流れになれば差し込みの可能性はある。近2走、東京2100mでも4角2桁以後の位置取りだが、物理的に今回の舞台の方が捲りが利きやすいので、もう少し早めに動けるようなら]

穴⑤サンコディー

[稽古は未勝利レベルとしては及第点以上。休み前もウッドで5F65秒台で動けていたほどだ。それで結果が出ていないのだから、稽古と実戦が繋がらないタイプなのかもしれないが、初ダートに活路を見いだせるようなら]

※プントファイヤー、サトノワールドはいずれも死角はあるが、今の未勝利でルメ、典が乗ってくる以上、むやみに逆らうと痛い目を見そうだし、危険視まではしない。それでも崩れるようなことがあれば、それはそれで納得もいく臨戦ではある。

 

中山3

⑬ヨシオドライヴ

[2走前が6着馬までが4角5番手以内を占める中、本馬だけ9番手から2着まで差し込んできた。上位馬の中で上がり3Fが突出して速かった。それでいて4着に敗れた前走は、正攻法の競馬を試みたことで裏目の感。この馬はもっと脚を溜めた方がいいと思うし、今回の距離なら必然的に差す形となりそう]

③アストロブレイク

[挙げるまでもないくらい戦績が抜けている。デビュー戦で0.1秒差だったダノンファラオも素質馬で現在4戦2勝。本馬もひとつ勝ってさらに上も目指せそうな馬。妙味重視でヨシオを本命にしたが、まともなら本馬も勝ち負け]

 

中山5

⑪カウイダンス

[ダート替わりで期待した前走が全く動けず。キズナはダートもこなすが、こなせないキズナだったようだ(内枠だったのでキックバックを嫌った可能性もある)。この馬はデビュー時から評価していて、その時は圧勝したルーツドール以上に見立てていたほど。その割に残念な結果が続いているが、芝に関してはまだ2戦。だいぶメンバーレベルも落ちてきているし、内枠でも引いてロスのない競馬ができるようならまだ見切れない]

⑬ブルーノジュネス

[前走時も推奨したが、せっかくの1枠を生かせぬ後方からの競馬となった。それでもそれなりに差を詰めてきたし、今の未勝利なら勝ち負けのレベルにある。ひと息入ったが、3週連続で黛騎手を背に乗り込み入念。鞍上には前走を糧に奮起に期待したい]

 

中山6

⑫ワンスカイ

[前走は7頭立てながら勝馬ミアマンテは2戦2勝で来週のフラワーCの主役候補、2着の純ライトボルトは先週1勝クラスを勝利、3着のアオイクレアトールはこのレースの後、特別連続2着とそれなりのレベルにあった。本馬は離された4着ではあったが、初距離を思えば善戦した方だろう。今回はデビュー戦を圧勝した1200mだし、これまでOP特別で上位争いしてきた実績は平場では明らかに上位]

④メメントモリ

[前走こそ崩れたが、OP3戦連続3着内の実力はワンスカイと並んで断然。相手の落ちた前走で崩れたのは臨戦過程の悪さ故。今週の稽古で掛かって終いバタバタになった点は気がかりも、臨戦的には巻き返し必至]

穴⑩ヤマニンプレサシオ

[9着に敗れた菜の花賞当時の稽古が良く注目していた馬。そのレースはそもそも距離が長くて大敗したが(さらに前走の重賞挑戦も無謀)、これらの経験を糧に、新馬で鮮やかな勝ちっぷりを見せた舞台に戻れば巻き返しが期待できる]

穴⑮アメージングサン

[前走は稍重馬場にしては締まった流れを逃げて失速。7か月ぶりでもあったし、バテたのも無理はない。それでもいきなり2番人気に支持されたように、未勝利勝ちが強い内容だったし、叩いて当時の距離に変われば巻き返しの期待が掛かるのは当然]

穴⑧イッツアワターン

[今週のウッドで5F64秒台を計時。近3走はふがいない戦績だが、まだ伸びしろはありそうだし、条件替わりでの変わり身を期待。全兄が中距離以上で実績を挙げているので、本馬も本来は長めの距離が合っていそうだが、前走でテンのスピードも見せたし、気性が前向きそうなのでこの距離にも対応できないか]

穴⑤ホープホワイト

[2走前はさすがに家賃が高かったが、自己条件の前走はそれなりの進境を見せた。メンバーレベルは低かったが、マイルのハイペースを経験したことが今回に生きてくる可能性はある]

 

中山7

⑪ペイシャキュウ

[前走は臨戦過程が悪く、競馬場替わりもマイナスに出たのでは。一連の内容からこのクラスでも勝ち負けできる力があるし、得意の中山で巻き返しに期待]

穴④ストラトフォード

[中山では結果が出ていないが、力を付ける前と昇級戦だから単なるめぐりあわせかと。すでにクラス2着の実績があるし、前走の2100mは少し長い印象があるので、今回の距離に変わるのもいい]

 

中山8

⑥タマモキャペリン

[このクラスでの中山D1200mではいずれも3着馬とは0.1秒差。この舞台は合っているし、ほんの少し歯車がかみ合えばというところだろう。前走は果敢に京都に遠征して4着だが、3着馬は次走を快勝したし、2着馬パーティナシティはデビュー当時から調教の動きを高く評価していた馬。それらに善戦できたのだから、この馬自身も力も付けている]

穴⑤コスモクウェンチ

[2、3走前の中山では3着から僅差の4着と舞台適性は高い。詰めは甘いが、展開に左右されない位置で競馬ができるし、今回もそこそこには走ってきそう。この手のタイプはどう乗っても4着前後という感じになることが多いので、恵まれればという感じではあるが]

穴⑬クラウンクラシック

 

中山10

⑦フォッサマグナ

[展開に恵まれながら人気を裏切った前走だが、藤沢厩舎らしくソフトな仕上げの影響もあったのでは。使ったことで本来の力を発揮できれば条件級では明らかに素質上位。前進気勢に富んだ馬なので距離短縮も問題なさそう。このクラスの馬ながら、ルメールが一度も手綱を放していないのも素質を買っているからこそでは]

⑭シセイタイガ

③グラナタス

穴⑥マッスルマサムネ

穴①キタイ

穴⑪マイネルアルケミー

 

中山11

穴⑥ウインシャトレーヌ

穴③フェアリーポルカ

穴⑬ゴージャスランチ

※狙いの根拠などは週半ばの更新の通り。

 

 


最強競馬ブログランキングへ

↑中山狙い馬多数。雨だけが心配だ。

 

スポンサーリンク

-狙い馬
-, , ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。