競馬

2019 東京大賞典

スポンサーリンク

東京大賞典というと、私の場合、パッと思いつくのはキョウトシチー。この馬の馬券を買うために後楽園WINSで長蛇の列に並んだのがいい思い出だよ。

結果を見たら当時は距離が2800mだったんだね。そのキョウトシチーが2着、勝ち馬はトーヨーシアトル、3着にはアボクマポーロの名前が見える。

アボクマポーロ好きだったなぁ。いまでも地方最強はこの馬と思っているよ。

おっとっと、また脱線。

ということで久々に地方競馬に参戦してみようと思う。

本命は臨戦過程↗︎のオメガパフューム。

追い切りがポリというのは気がかりだけど、そこは都合よく無視w

すでに昨年勝っているし、そこから一年経てば、現状維持が精一杯の6歳に比べてこちらはまだ伸びゆく4歳。

2走前は勝ちに等しく前走は負けて当然の臨戦。崖っぷちとなった鞍上のデムーロの思いも他のどの騎手より強いはず(空回りしませんように)

基本オメガ頭の3連単、2.3着にゴールドドリーム付。臨戦的にはゴールドドリームが3着の目もあると思うんだけどな(ただ、そこに割って入る馬が難しいけど)。

そのゴールドドリームは種牡馬入りに向けて是が非でも勝ちたい思惑はあるだろうけど、さっきも言ったように決して臨戦は良くないので(それでも力は抜けているので勝つなら力が上ということで。地方の生ぬるい競馬で臨戦云々の理論も通用しないかも)あえて評価を下げた。

ケイティブレイブも反動があっておかしくはない臨戦。この馬の場合も、臨戦云々の前に能力が違うでしょ、といわれればそうだけど、まったく力を発揮できなければ、他馬に付け入る隙があってもおかしくはない。

昨年同様に1〜3番、しかも同じ馬の決着ということであれば諦めましょう。

付け入る隙のある馬も限られてくると思うけど、私が注目しているのはアポロテネシー。

この馬の戦績を眺めていると、かつてこのレースでサクセスブロッケン、ヴァーミリアンに次ぐ3着と激走したロールオブザダイスという馬を思い出した。じじいになっても昔の記憶なら若いものには負けないからね(笑)

あの馬も2走前に東京2100mの準オープンを勝ち、前走オープン特別で惨敗しながらこの大一番では激走。データ的には買えない馬だったけど、データはあくまでもデータでこういうことも稀だがあるのだ。

ふとロールオブザダイスを思い出した自身の直感を信じて少し買ってみるよ。まぁ無理かな?笑

あとはノンコ、モジアナ、ロードを絡めて。

基本1~3番人気決着はないと期待して買うので少し点数は多くなるけど、いろいろ書きつつも所詮は観戦賞程度の参戦なので。

終わって、この決着なら仕方ないって嘆いている姿が想像できるよ(笑)

スポンサーリンク

-競馬
-, ,

© 2020 なみへい見聞録 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。